2016/12/20

KAF09000はやっぱり好感度抜群

Ngc2359UKからご帰還されたALTA09000にCCDをチェンジ。KAI29050ではなーんも見えない10分露出でもいきなりどーんと画像が現れちゃうのはうれしいねー。この新月期は晴れてほしいにゃ。撮像ピッチ上げていきたいぜ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/18

ファインディングチャートでやんす

puropera プロペラ星雲のファインディングチャートでやんす。γ星の南でやんす。以前に探しまくって見つけられませんでした^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/04

やっぱ 我流はだめでした^^;

S2-1805-sdp-sigma-RGB-NEWやっぱりバックがあれじゃーねー TANAKAさんの指摘どおりAuto equalizeのチェックがはずれてました^^; しかもフォトショでいじくりまわしたんで・・・ってわけで 再処理してみました。ギンギンではないですが以前よりずっとナチュラルな感じになりました。うーん やっぱ我流でやってると修正が効かないん・・・専門家の方がみればすぐわかるんですね。Thanksです。これならもっとSIIとOIIIの撮像時間を延ばすぞー(単純なやつ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/05/27

コンティニュアム減算 MaxImがチョー便利

M17-RCGENSANKANSEcs_gensan_maxレッドコンティニュアム減算の方法でステライメージを使用していたのですが、元画像に対するレベル値を何%くらいにするかは試行錯誤でした。ずーっと昼は快晴夜は曇天が続いているのでMaxImDLで遊んでいたら便利ですなー。減算するファイルの減算割合を指定できるんでやんすね。つくづく感心させられますなー。んでもって先日のM17付近を再処理しました。減算割合をビミョーに変えてゆけばこのとおり。M17の内部構造まっでくっきりはっきり。若干微光星が黒く抜けますが、ほぼHα-のみの世界がひろがりやす。これは結構ニシシでやんすよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/19

条件設定が難しい

CSgensan
レッドコンティヌアムフィルターでの減算の様子です、左上がHα-、右下がRCfの画像です。M17の中心部に淡く認められるのがいわゆる黒体放射??ってやつですかねー よーわからん。でもこの減算の按配が結構シビアな様でやんすね。やっぱCSfの画像もHα並みの時間が必要なのかなー SN比的には1/4程度の露出時間で十分なんですがね。
まあM17きっちり位置あわせをするとかなりいい画像まではくるようです。(再処理してみました)
CSgensan222

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/18

もう一枚 M17 RCfilter減算

CShikakugazouこちらのほうがフォーカスがまだましなのでR.C.filterの効果がよく分かるようです。かなり淡い部分まで描出できるようになるようです。まあ減算の条件なんかをこれからテストしていけば結構おもろいかもねー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/14

霧はナローに大敵 NGC6992

NGC6888HAS2O3昨夜も西脇名物これからって言うときに「夜霧よ今夜もこんにちは」状態でやんした。STLの感度で突撃したんすけど・・・
Hα,SIIまでは何とかよかったのですが、OIIIでこけちゃいました。撮像する順番をミスりましたな・・・
でも何とか画像にしちゃえってことで無理やりHα-SII-OIIIで三色合成してみました。KAF1001Eの解像度ではもの足りねーって思うのは、KAF6303Eかぶれですな。125SDP有終の美を飾らせてやりたかったんでやんすけどね。
125SDP STL1001E CS Hα-SII-OIII(30.60,60)/NJP/SBIG 3CCD system

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/12

極楽鳥2

perikanrgb_r05_mixddp_ps2Hαのバランスを70%まで低下させて見ました。これくらいでバックはニュートラルグレイに近くなります。SII領域が不規則に存在するのでバランスが取りにくいですね。
ってことは SIIのSN比が足りないってことになるんですねー。さらに労働(撮像)時間延長かー うーん
F4以下が必要ですなー。ε200に乗せ変えなきゃいけないかなー。STLではニコンマウントじゃあ厳しいので補正レンズからのバックフォーカスが問題ですねM54-M52っていう極短特注リングでぎりぎりですねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/04

CED 214 + NGC7822 次はここじゃ

NGC7862-ST-ddp-ps
薄明直前に構図のチェック目的で撮像したCederblad 214 (CED 214) + NGC7822 です。
10分露出2枚でもこの写り。結構おもろい領域ですなー
narrow band君Hyperは無敵の予感。
マイクロレンズの有無もあるようですがスゲー写りですなーー
月もないことだしLRGB撮像もしてみたいですが、100SDUFは色収差があるのでちとつらいとこですね。
屈折の使いやすさに慣れると、ε200に積み替える元気がないでやんす。
そんでもってスタベでFSQ106Kai即納ってのが心惹かれますなー (だめだって・・)。
ヘラクレス君に100SDUF+IMG6303Eと106FSQ+ST10XMEでナロー、LRGB同時撮影なんてのはなかなかいいんですがねー(怒られるって・・)
今夜は快晴なんですがね。神戸の自宅では撮像できないので過剰投資には注意が必要だー。

100SDUF+IMG6303E Custom Scientifc Hα-4.5nm 10minX2/EM200 ST-5C/e-finder


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/23

ナローバンドHyper君テスト M51

m51_sigma_st_siddp
雲が頻回に沸いてくる天候でトホホでやんした
とりあえず画角のテストと、露出時間の決定のために撮像
月夜なのでRフィルターかけて5分露出X5です。
広々画角ですなー C14の写野からすると大ホール仕様でやんすなー
focusも ものも5分でOK ありがてー話です
さすがはf4 フィルターかけても5分で盛大にブルーミングしてきてます。
今晩は晴れてほすいなー
この画角で夏の散光星雲はいただきだぜー

100SDUF ST10XME/-15度 CS Rフィルター 5minX5 EM200/STV+e-finder

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧