2018/07/17

月があっても天の川ギンギン

20180717連日超快晴の続くSSOです。本日も月齢4の月があるのですがね、お構いなしに天の川ギンギンです。透明度がいいのと湿度が低いので日本じゃ考えられない光景が広がっています。今晩もお月が沈んだらまた天の川を北上していきましょうかね。ほんとたまらんわ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/13

6連荘はきついわ 毎日毎日超快晴 南十字座RGB合成

Minamirgbunddppsほんとこう毎日毎日超快晴じゃこっちの体がもちません。毎日3対象ずつ撮影して6時間で6連荘。18対象撮れたので本日も新月出超快晴ですがおやすみだにゃ。速攻処理した南十字座です。VSD+KAF50100ならすっぽり収まります。干渉フィルターのゴーストをうまく消す技術がないのでこのままで。純RGB合成もええもんだわ。
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/RGB(/20/20/20min)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/09

VSD+KAF50100はおそらく史上最強の組み合わせ コールサック激写

Coalsackddp普段は光害地でナローバン道一直線でろくにブロードバンド撮影ができないので・・・ほんとRGB撮影が楽しくて楽しくて。今回はちょっと通なところを一枚。南十字星のすぐ横 摩訶不思議な暗黒体でやんす。天の川の中なのでびっしり星があって、中には小さな散光星雲が・・・。ここはシャープな光学系+大フォーマットで攻めるのがベストでっしゃろ。ほんとVSD+KAF50100はベストマッチやな。CCDはちょっとお高いですが天下御免の5000万画素。しかもモノクロセンサーですからカラーの1億画素に負けませんぜ。
いやーこの組み合わせで天の川撮影していたら飽きんわ。これは8Kモニターで等倍で見てみたいな。
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(45/20/20/20min)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/03

ちょっとLRGBしてみました

Psm4lumistlrgbpssaishu週末はCANP2018に参加させてもらって皆さんのパワーをもらってきました。そこから学んだのはやっぱり画像処理ももっと勉強瀬なあかんなーってことです。美しい星の表現や分子雲のあぶりだし等ほんとためになりました。ほんでもって今回はさそり座のカラフルタウンを天頂付近でちょっとLRGBしてみました。テスト撮影2日目の画像なんですがLRGBしめて75分。いやーええ写りですなー。さそり座周辺は撮りどころ満載ですからね次の新月期もここがメインかね。
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(30/15/15/15min)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/06/27

マゼラン星雲で1年遊べそう

Smcps前回のファーストライトに続いて撮影した小マゼラン星雲です。ちょっと低空から取り始めたので今回は久々のLRGB。時間的はL30分RGB各15分ですがよーうつります。小マゼラン&大マゼランで ブロードバンドからナローバンドまでたっぷり1年遊べちゃいますな。VSDで撮影し終わったらASA12インチで1000mmくらいでまた狂拡大を狙うってのが正しい姿かも。南天は撮りどころ満載やね。
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(30.15.15.15min)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/06/25

オメガ星団と電波銀河を一網打尽

Kanseiomega_rrgbddp_rrgb南天第二弾はオメガ星雲と電波銀河。vsd+50100の奥座敷サイズのフォーマットだとこれぐらいの写野を一網打尽dwす。今回も純RGB合成です。ほんと漆黒の闇夜って言う表現がぴったりな環境なのでLRGBせずにRGBでじっくり時間かけた方がいいかもですね。これからの時期SSOは延々と晴れ間が続きますので天の川を根こそぎ撮影したいですね
vsd+FLI ML50100 バーダー75mm RGB/各15分


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/20

SSOリモート天文台 ファーストライトはバンビの横顔

M17rgbddppsSSOリモート天文台のファーストライトは天頂に位置するバンビの横顔。ちょっとスケアリングエラーが出てたり極軸が追い込めてなかったりしてたのですが堪らんわ。光害の全くない漆黒の夜空ですからね。RGB各5分露出を3枚ずつしめて45分。ダークフラット補正でRGB合成してデジタル現像、あとはちょっとトーンカーブいじっただけです。この写りを見たらさすがに日本で遠征する元気はないなー。ここは田中さんのところのWIDE RGBフィルターがぜひとも75mm角で特注したいところですね。このあとスケアリングとガイドの調整して1夜で4対象各1時間ずつで撮れちゃうのがすごいわ。このスコープドームとマチスフォーク赤道儀の組み合わせがリモートには最適なんだわ。ほんとモンゴルあたりに北半球用のリモート天文台作りたくなってくるのは俺だけ?
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/RGB 5minX3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/03/12

NGC4565 AOならではのええ解像度です

Ngc4565lrgbapod
facebookにも上げた記事です。
宇宙は美しいシリーズ第四弾。今回はかみのけ座の渦巻銀河NGC4565でちょうど真横からみた姿です。地球から4000万光年ってとんでもなく遠い位置にある巨大銀河です。周りに無数の小銀河がみられるこれぞ宇宙って感じですね。光害カットフィルターを入れて、RGB画像を撮像するようになってずいぶんと処理が楽になりました。低空を狙わなければかなり行けそうな感じです。普段はナローバンドしか撮影しなかったのですが、やっぱりブロードバンドのほうが一般受けしますね。今回も春の結構ボーっとした夜ですが、寒気も抜けて大気の状態は銀河撮影にはもってこいですね。今晩も晴れたら仕事しながら撮影したいぞ。

officinastella 20inch RC+PL09000/ASTRODON LRGB (240/40/40/40min)/AO-X guided


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/03/02

さすがにここは誰も撮らんやろ 場所が分かった人は変態です

Group1halrgbps_2先週からキナ丸が原因不明の下血で重体に。不眠不休の看病でようやく元気になってきてくれたので久々に画像処理を。まだまだ露出が足りないんですがね途中経過でUPしときますね。これ見て即座に場所が分かったあなたは天文屋の中でもかなりの変態なので注意したほうがいいです。場所はコーン星雲の北側のNGC2259周囲のHα領域です。この横にも摩訶不思議な暗黒帯があるので、何とかこのシーズンに狙ってみたいですね。
officina stella 20inch RC(PRO-500) &FLI 09000 (-45℃) ASTRODON 3nm (120/240/120min) total 17hour
SBIG AO-X /C ST-10XME guided


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/02/21

M106 ここもなかなかの迫力です

M106stdplrgbps3宇宙は美しい 。やっぱりナローバンドよりブロードバンドが評判がいいのでもう一発。今回は春の定番銀河、りょうけん座のM106です。2500万光年はるかかなたですが、中心部に巨大なブラックフォールがあり、同時に周囲では盛んに星形成が行われている巨大銀河です。これは北半球限定なんで、どこか暗い夜空にどでかいドブソニアン持って行ってボーっと眺めていたらきっと俗世のことなんか全部忘れちゃうんでしょうな。今回もLはLPS入りで。リモートフラットも撮影終了後にそのままフラットパネルで撮影したらかなり精度が良くなりました。
fficina stella 20inch RC(PRO-500) &FLI 09000 (-45℃) ASTRODONLRGB (360/30/30/30min) SBIG AO-X /C ST-10XME guided

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧