2018/03/12

NGC4565 AOならではのええ解像度です

Ngc4565lrgbapod
facebookにも上げた記事です。
宇宙は美しいシリーズ第四弾。今回はかみのけ座の渦巻銀河NGC4565でちょうど真横からみた姿です。地球から4000万光年ってとんでもなく遠い位置にある巨大銀河です。周りに無数の小銀河がみられるこれぞ宇宙って感じですね。光害カットフィルターを入れて、RGB画像を撮像するようになってずいぶんと処理が楽になりました。低空を狙わなければかなり行けそうな感じです。普段はナローバンドしか撮影しなかったのですが、やっぱりブロードバンドのほうが一般受けしますね。今回も春の結構ボーっとした夜ですが、寒気も抜けて大気の状態は銀河撮影にはもってこいですね。今晩も晴れたら仕事しながら撮影したいぞ。

officinastella 20inch RC+PL09000/ASTRODON LRGB (240/40/40/40min)/AO-X guided


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/03/02

さすがにここは誰も撮らんやろ 場所が分かった人は変態です

Group1halrgbps_2先週からキナ丸が原因不明の下血で重体に。不眠不休の看病でようやく元気になってきてくれたので久々に画像処理を。まだまだ露出が足りないんですがね途中経過でUPしときますね。これ見て即座に場所が分かったあなたは天文屋の中でもかなりの変態なので注意したほうがいいです。場所はコーン星雲の北側のNGC2259周囲のHα領域です。この横にも摩訶不思議な暗黒帯があるので、何とかこのシーズンに狙ってみたいですね。
officina stella 20inch RC(PRO-500) &FLI 09000 (-45℃) ASTRODON 3nm (120/240/120min) total 17hour
SBIG AO-X /C ST-10XME guided


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/02/21

M106 ここもなかなかの迫力です

M106stdplrgbps3宇宙は美しい 。やっぱりナローバンドよりブロードバンドが評判がいいのでもう一発。今回は春の定番銀河、りょうけん座のM106です。2500万光年はるかかなたですが、中心部に巨大なブラックフォールがあり、同時に周囲では盛んに星形成が行われている巨大銀河です。これは北半球限定なんで、どこか暗い夜空にどでかいドブソニアン持って行ってボーっと眺めていたらきっと俗世のことなんか全部忘れちゃうんでしょうな。今回もLはLPS入りで。リモートフラットも撮影終了後にそのままフラットパネルで撮影したらかなり精度が良くなりました。
fficina stella 20inch RC(PRO-500) &FLI 09000 (-45℃) ASTRODONLRGB (360/30/30/30min) SBIG AO-X /C ST-10XME guided

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018/02/14

M100 銀河撮影もいいもんだ

M100llrgb1lrgb3ps最近の超快晴続きで睡眠撮影法全開で結構撮影しているんですが…なんてったってインフルエンザの猛爆撃で毎日150人以上診察させられたらおちおち画像処理もできません。ようやく先日撮影していたM100を処理。LPS-P2フィルターを50mm角で切り出してもらって、CL-1に装てん。リモートでフラットパネルを使ってちゃんとフラッっと撮影をするようにしたら結構フラットが合うようになったのでブロードバンド撮影を。いやー6分チョットの小さな銀河ですが4メートル砲だと結構迫力あるんじゃ内科医。今回はRGBがそれぞれ30分づつだったのでもう少しカラーの時間を延ばしたほうがよさそうだニャン。春の銀河を一日1対象ずつ撮影していきましょうかね。
officina stella 20inch RC(PRO-500) &FLI 09000 (-45℃) ASTRODONLRGB (150/30/30/30min) SBIG AO-X /C ST-10XME guided

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/02/06

NGC2841 久々の撮影

Ngc2841lrgb4インフルエンザの猛爆撃で撮影しても処理ができん。てなわけで先日深夜過ぎから3時間 久しぶりにブロードバンド撮影を。地球から4600万光年も離れた巨大渦巻銀河NGC2841です。4メートルの焦点距離で狙ってみたら内部の構造まで描出できます。銀河のそばにある輝星は8.5等星なんですが、この焦点距離だとすごく明るく感じますね。いいアクセントになります。写野のなかには小さな銀河が沢山あります。今年はこのくらいの大きさの銀河を狙っていくかね
officina stella 20inch RC(PRO-500) &FLI 09000 (-45℃)
ASTRODONLRGB (180/20/20/20min) SBIG AO-X /C ST-10XME guided


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/21

うひょうひょ 冬とは思えんシーイング キター ---(゚∀゚)-----

Bara_ha_st_mixddp昨晩は10時過ぎから5時間 がっちり睡眠撮影法でバラ星雲を。真冬とも思えないような素晴らしいシンチレーションで、朝に撮像画像を見たらびっくらぽん。今まででこれは最高の解像度ですな。明るいガイド星があるので0.1秒の高速ガイドも相まってええでええで。日本でもAO使えば 4メートルの焦点距離を生かせる条件はやっぱりあるんですよ。これも温暖化の恩恵かね。もうこのまま亜熱帯になっちまってもええぞ。本日はS2 明日はO3とって15時間露出でAPODに突撃するぜ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/20

今年のラストはバラ星雲

Bara今年の最後は20インチの最終作品としてバラ星雲を。0.1秒のガイド星があるのと数日は結構シンチレーションよさげなのでこの上弦の月くらいまでに4晩くらいかけて1作品仕上げてみましょうかね。今後は動画&惑星に20インチRCは行ってみましょうかね。動画はCANONさんのME-20SFは見積もり出したけど冷やかし客と判断されたのかガン無視されちゃってトホホです。アメリカで直接購入したらリモコン込みで$21000なんで日本の2/3でかえちゃますけどちょっとがっかりやね。久々にCANONに戻ろうかとも思ったけどSONYのα7S3が3月に発表されそうなんでなんだかそっちに行っちゃうかも。レンズも全部SONYになっちゃってるしね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/03

大口径屈折はええなー

Dsc01782_f20171203moon_fプライムしゅっみっとが2台になったので、今日はスライディングルーフの整理をして、風呂入ったら素晴らしい満月が。17.5cm屈折と今回はSONY α7R2で1400mm直焦点でパチリ。中央部トリミング。子供のころに夢中になったお月さん。大口径アポクロマート屈折で見る月は色収差もなくほんと美しい。やっぱり眼視は屈折に限るな。デジタルカメラの性能も年々上がってほんとに文字通り目で見たとおりに写っちゃいますな。この後α9で4K動画撮ったらドン曇り。でも4Xバローくらいで4K動画撮ったら結構迫力あるでしょうな。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/12/01

でっかいお月もなんのその ナローバン道 一直線 半値幅3nmなら余裕 IC1805中心部

Ic1805saopsでっかいお月も何のその。3nmナローバンドならS2/HAは月齢12まで頑張れますからね、O3は月齢8くらいまでにまず撮っておいて以後S2/HAを延々と撮り続けるってのが、ナローバン道の基本ですな。今回はIC1805の中心部のチョイ下の、複雑な暗黒帯を狙ってみました。東条のリモート部隊は安定して仕事しとるなー。AO-Xのガイドシステムなら高緯度ならこの時期一日6時間は露出できます。
OFFICINA STELLA RC-500PRO FLI PL 09000/SAO/120/360min/120min/AOX +ST10 guided


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/28

えらいこっちゃ シュミットアストログラフ ツイン体制

Dppb1tdvwae9kig診察終わりかけに天文リフレクションさんのサイトを見たら、以前に購入して東条で地道に彗星捜索にいそしんでいるシュミットアストログラフが破格の値段で。通常価格48万円のところが、1台限り即納で27万円台。とりあえず 診察で疲れきっていたので何も考えずにポチっとな。これはおそらく価格入力の間違いで47万が27万になってるんだわ・・・きっとアマゾンさんからお詫びのメールが来るだろうと思ってたんですが・・・
さすがブラックフライデー&資産11兆円のアマゾングループは違うぜ。Dptmod2umaalximあっという間に発送。
どーすんだよ。2台になっちまった。こうなったら彗星捜索は栃木ニコンに任せて、シュミットアストログラフ ツインでナローバンド OR LRGB を延々撮り続けるっているとんでもない妄想が。冷却CCDはICX814とICX694が余っていることだし。一台でHαor L画像 もう一台でSII,N2,O3 or RGB を延々f2.2で撮り続けちゃうってのもおもろいかも。f2.2で数十時間ってとって素敵な絵が出来上がりそうで怖いぜ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧