« 久々に主砲が火を噴く Sh2-132中心部 | トップページ | IC1805 秋の夜長は長時間露光 »

2020/11/26

エラスムス彗星 ようやくGET なかなか尾が成長しとるやん

Erasumus-ps 早朝の東の空に接近しているエラスムス彗星C/2020 S3を早起きして撮影。5か月前から朝5時から10kmのwalkingをやってるんですが、今日は1時間遅らせて撮影。いいところで低空に雲がわき始めたのですが何とかゲット。低空も低空 撮影高度はわずか8度。ダストテイルは対角2度を超える立派な彗星に成長してさらに接近中。軌道面とお月の関係から狙えるのは今日が最終だったかな。彗星の撮影は一期一会で、気象条件やこっちの仕事事情・お月の大きさいろんな要素がありますからね。おいらも仕事終わらせて彗星が来るたびに、ぼーっとあっちこっち出かけられるようになりたいな。
今回もRASA8が活躍。この鏡筒明るくてシャープで ASIのCCDとベストマッチやな。
EOS M6も装着できるようなんでさらに機動力を追求できるかも。明るいからガイドいらんもんな。
RASA8+ASI533 PRO/-15D/60secX8/un-guided

|

« 久々に主砲が火を噴く Sh2-132中心部 | トップページ | IC1805 秋の夜長は長時間露光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々に主砲が火を噴く Sh2-132中心部 | トップページ | IC1805 秋の夜長は長時間露光 »