« 60分で網状星雲 完全に白目 | トップページ | CANPは楽しい。いつも田舎で独りぼっちは寂しいな »

2019/06/03

やっぱり冷却CCDの16ビットは強い M8&M20

20190530m8m20llrgbps2 今回はL画像は冷却CCD カラー画像はデジカメ。 L画像の5000万画素16ビットモノクロ階調はやはりデジカメの追随を許さんな。DEEP SKYになるとこの差はやっぱりなかなか追いつけんやろな。SONYの6000万画素フルサイズCMOSが本当に実用化になるなら勝負になるかも。でも今のところKAF50100 フルサイズ2枚分の5000万画素冷却CCD+VSDの組み合わせはほんと天下無敵やな。日本に帰国したらCCA-250に装てんしてみるのもおもろいと思うぞ。誰か使ってみる勇者はおらんかな?

SSOリモート天文台 M8&M20 VIXEN VSD+KAF50100 -25D/5minX12/RGB CANON6d+sigma105mmf1.4

|

« 60分で網状星雲 完全に白目 | トップページ | CANPは楽しい。いつも田舎で独りぼっちは寂しいな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 60分で網状星雲 完全に白目 | トップページ | CANPは楽しい。いつも田舎で独りぼっちは寂しいな »