« この画像がリファレンス | トップページ | 超高速ナローバンド 3冷却CCDシステム ぐはは »

2019/06/21

赤い赤道儀はメンテナンスが簡単。日本の赤道儀も見習うべきやな

Img_3329 先日突然ガイドケーブルとダブテイルのUSB入力を受け付けなくなったのでメールしてみたらバックプレートを外してケーブルが外れていないか見てほしいとのこと。このプレートを外したら基盤がスライドしてきてメンテナンスできるんですな。極軸望遠鏡を入れる際にケーブルにテンションがかかってコネクタが半分抜けていたみたいで簡単に復帰。さすがに世界中のヘビーユーザーに愛用される赤道だけあってメンテナンス性も良好。駆動部分は壊れることはまずないってことで、過酷な環境で電子基盤が壊れてもこれだけ簡単に、しかも800$程度で交換できちゃうんですな。某日本メーカーさんのようになんだか動きがおかしくなったら修理で数か月使えないよりはるかにええんじゃ内科医。

|

« この画像がリファレンス | トップページ | 超高速ナローバンド 3冷却CCDシステム ぐはは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この画像がリファレンス | トップページ | 超高速ナローバンド 3冷却CCDシステム ぐはは »