« 最終兵器 冷却CMOS FLI KL4040参上! | トップページ | もう撮れ高がよすぎて参っちまうぜ 東条&AUSSIE 2元同時発射 »

2019/05/04

FLI KEPLER4040 firstlight この冷却CMOSはバケモンですぜ

M8hastgdppslrgbps

昨晩は12時過ぎから透明度も上がったんで、最終兵器FLI Kepler4040ファーストライト👌。M8 メジャーな対象過ぎて感度的には評価はむつかしいですが、SAO40分ずつの120分 F8の暗さからすると十分すぎる映りじゃじゃろ。ほんと短時間露光でよく映るのと、冷却をあまり必要としないので結露の心配がラージフォーマットでは少ないっていう利点がありますな。ガイドもオフアキスでなくても、昭和の高精度エンコーダーならガイド鏡でもおそらく3分露出なら余裕。ただし縦じまが出てくるのでフラットの精度を上げないけません。今回はLフィルターのフラットなんで少し縞々が見えますね。これはナローバンドにはもってこいのCMOSでやんすね。ただ田中光化学さんによるとCMOSからのOUTPUTは基本12ビットみたいで、読み出しの回路の工夫で16ビット画像にしているようです。ただ単にCMOSで16ビット出力するってのは簡単なもんではないようです。その辺はまたUTOさんにCANPで聞いてみないけませんな。
officina stella 500RC-PRO :50cmf8 /Kepler4040/SAO:(各)180secX15/off-axis guide

|

« 最終兵器 冷却CMOS FLI KL4040参上! | トップページ | もう撮れ高がよすぎて参っちまうぜ 東条&AUSSIE 2元同時発射 »

コメント

CMOSは読み出しノイズが小さいので、ナローバンドとは凄く相性が良いですよね~
GpixelさんのGSENSE4040なので12bitADCが基本なのですが恐らくセンサ自体に読み出しモードがいくつかあるのかなと思います。FLIさんではそれを上手に使っていくつかの読み出しモードを設けてるみたいですねー。


横縞ですが、さすがに線が細いのでうまく補正できるか判りませんが、
PhotoShopプラグインのAstronomyTools

https://www.prodigitalsoftware.com/AstronomyToolsActions.html

に、HrizontalBandingNoiseReductionだったかな?横縞消しのフィルターがあります。
AstronomyToolsはずいぶん前の星研で紹介されたことがあったのでお持ちかもしれませんね。


投稿: uto | 2019/05/05 09:18

WolfgangがKL4040テストしていて

Basically the calibration is just like with a normal ccd camera.
The only difference is that for flats you should go for just around 2000adu, as it is best to just use the highgain portion of the image to flatfield.
とのことで、フラットの強さも重要なようですね

投稿: MIK(田舎) | 2019/05/07 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最終兵器 冷却CMOS FLI KL4040参上! | トップページ | もう撮れ高がよすぎて参っちまうぜ 東条&AUSSIE 2元同時発射 »