« QUADBAND ULTRA なかなかええスペックじゃ内科医 | トップページ | 60分で網状星雲 完全に白目 »

2019/05/30

FLI KL4040セットアップ完了 まずはM27から

20190529m27rgb2dpps_3 昨晩 ノイズ/フラット/スケアリング/すべてのデータを撮り切って完璧に調整。明け方にM27をテスト撮影。低空からですが総露出時間80分。中心部から放出されるジェットは結構生々しく描写できとるわ。周辺の淡いO3領域は写りますがやっぱり天頂付近で5時間コースやな。昨日は3nmを使ったのでHαはN2の分だけ損しちゃうのでHAは6nmで行ったほうが超新星残骸にはええな。KL4040の印象はやはりめちゃくちゃ淡いところの勝負になるとCCDと同等の時間が必要かも。ブロードバンドもフラットの精度を担保できるなら十分使えます。ただスカイフラットや薄明フラットでは結構厳しいかも。迷光の少ない屈折で使うなら楽勝だと思います。

officinastella 20inchRC F8/FLI/KL4040/AOO;3nm/120secX20X2/off axis superstar guided/

|

« QUADBAND ULTRA なかなかええスペックじゃ内科医 | トップページ | 60分で網状星雲 完全に白目 »

コメント

CMOSは読み出し方法がいろいろあるのもあって、フラットが難しいですよね・・
自分の場合、縦縞とともに悩ましい問題の一つです・・。

投稿: uto | 2019/05/31 18:55

そうなんですよ モノクロCMOSの場合この辺がネックになるかもですね。QHYの6000万画素16ビットってほんまかいな―って思ってしまいますね。ブロードバンドのほうがフラット合わせるのはむつかしいですね。カウントの高いほうがむつかしいみたいなんですが・・・いっそのこと60秒露出のほうがいいかと思っちゃいます

投稿: MIK(田舎) | 2019/06/02 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« QUADBAND ULTRA なかなかええスペックじゃ内科医 | トップページ | 60分で網状星雲 完全に白目 »