« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »

2019/04/25

大マゼランもえらいことになってます

Lmclrgbstdpps

前回はフラットに失敗していたので、ドーム回転のACノイズをひらってしまって攻められなかったので撮り直し、SAO各120ふんの大マゼラン完成版でやんす。来年はASA12インチでこの中を一個づつ撮影すると思ったら夜も寝られませんね。マゼラン星雲の中に棲んでいたら、ナローバンド撮る対象に事欠かんやろな。羨ましか

オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/super star guided/SAO(120.120.120min)

 

 

| | コメント (2)

2019/04/24

南天はナローバンドも熱いぜ NGC6188

今回もSSOリモート天文台から、ブロードバンドはデジカメ、同時発射のVSD+KAF50100で.NGC6188 fighting Dragonでやんす。5000万画素モノクロCCD+ナローバンドの破壊力は強烈。わずか120分でもこの写り。まだまだASA12インチにスイッチする前にとっておきたい領域があるので次の新月期も撮影三昧だぜ。

20190411ngc6188hastdplrgbps 

| | コメント (2)

2019/04/18

ほんま もう手が付けられんな。改造6Dもう一台買うわ^^

Ebidpps

本日もSSOリモート天文台からさそり座の中心を。ノーフラットノーダーク。sigma105mmf1.4(2.8)+CANON6Dで4分露出X12枚。4分撮影して1分CCD冷やすのでちょうど1時間で撮影が終わります。冬に向かうAUSSIEでは1夜でこれが7カット撮影きます。1回の新月のターンで調子よければすべて撮り切れちゃいますな。恐ろしや恐ろしや。リモートの威力よ 。

| | コメント (1)

2019/04/17

うーん 光害がないのはこんなに素晴らしいのか

ここも全天でトップクラスの美しい領域。南十字星と石炭袋、バット星雲そろい踏みでやんす。今回もsigma105mmf1.4(2.8)+CANON6Dでちょっと露出を延ばして4分露出X15枚。天の川の色調変化と暗黒星雲をメインに仕上げてみました。うーんこの焦点距離だとデジカメのほうがフィルターワークがない分圧倒的に有利ですな。もうこうなったらCANON 200mmf2.0投入もええかもですな。でもミラーレスになって新型が発売されそうなのでもうちょっと待ちかな。やっぱり光害がないってこんなに素晴らしい物なんですね。感心しちゃうわ。Coal1dpps_3

 

| | コメント (0)

2019/04/15

ようやく復活 第一弾はIC6188付近

AUSSIE遠征前に階段から落下して、肋骨骨折と椎体にひびが入って、仕事以外はベット上安静。もう飽きた。長時間の歩行やかがむ姿勢は厳しいですが、ようやく椅子に座っていて痛みはなくなってきたので先日撮影したリモート天文台の画像を処理。今回も手乗りシュミットSIgま105mmf1.4+CANON6Dで日本からはまず撮影の無理なさいだん座の散光星雲を。今回もISO1600 4分を8枚わずか30分でこの写り。天の川の微妙な色調変化も簡単に写せちゃうんですから、やっぱり天体写真は空が勝負ですな。この辺りもなんだかナローバンドでも美味しそうな散光星雲がワンサカありりますな。南半球は冬に向かって天候も安定して撮影ペースを上げていきたいぞ。ほんと体を動かせんのは不自由なことだわ

Ic6188ps

| | コメント (2)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »