« AUSSIE行きたい 撮影はしなくていいから | トップページ | カメレオン座の分子雲 一体どこなんだよ? »

2019/02/03

M97の最外周は予想以上の難物

M97aoodpps今年の春のお題 「M97の最外周のO3領域を映し出してASTRODONのおっさんをぎゃふんといわせたい」だったんですがすでに白旗状態。1ショット10分では最高感度のKAF09000をもってしても淡くしか映りません。おっさん曰く 1ショット30分露出で粘らんとあかんノンちゃう^^; 新レデューサーシステム+KL4040の到着を待って再挑戦するしかないな。
20inchRCf8.0;KAF09000/AOO/180/200/200min/superstar off axis guided


|

« AUSSIE行きたい 撮影はしなくていいから | トップページ | カメレオン座の分子雲 一体どこなんだよ? »

コメント

これ、写らないんですよねぇ・・自分の場合、1枚あたり3分だったと思うので、当然といえば当然なのですが・・

あれっ、KL4040なのですね。
てっきり、裏面照射のKL400BIかと思ってました ^^;

でも、読み出しノイズはちいさいので、NarrowBandでこういう淡い部分にはCMOSの方が有利ですね。

投稿: uto | 2019/02/09 19:36

KL400BIはやはり研磨痕がひどくて観賞用写真には向かないとWOLFGANGに教えてもらいました。
おそらくCMOS冷却でナローバンドはブレークスルーするかもしれませんね

投稿: MIK(田舎) | 2019/02/20 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M97の最外周は予想以上の難物:

« AUSSIE行きたい 撮影はしなくていいから | トップページ | カメレオン座の分子雲 一体どこなんだよ? »