« 梅雨の合間に速射砲 Sigma105mm最高です 1分半でこの写り | トップページ | 冷却CCDはやっぱり 一味違うな Seagull星雲/KAF50100 »

2019/01/13

イヤー堪らん 5分で十分やな 手乗りシュミット

Minami現地の人にデジカメのモードをバルブにしてもらったので長時間露光が可能に。Sigma105mm f2.5 ISO1600/150sec/X2 で南十字とコールサックを。
明け方わずか5分でこれですからね一晩で天の川全部モザイク可能。このレンズ最高ですわ。もう一台買っちゃった


|

« 梅雨の合間に速射砲 Sigma105mm最高です 1分半でこの写り | トップページ | 冷却CCDはやっぱり 一味違うな Seagull星雲/KAF50100 »

コメント

手乗りシュミット、凄いですね。
105mmF1.4Artでしょうか?
前世紀だと、明るいPENTAXの135mmF1.8だったか?
レンズシュミットと呼ばれる神レンスもありました。懐かしいものです。
しかし、このレンズの性能は凄いですね・・!
あぽぞな、も凄いですが、やっぱり中一あたりの安価な製品とは違うんだよなぁ・・。
中一のも色収差はすくないんですが、、、開放だと星像がチョウチョ・・という・・^^;

投稿: uto | 2019/01/15 18:29

今まで使ったレンズでZEISSのOTUS28mmf1.4以来の衝撃でした。このレンズは凄いですよ。f2.5まで絞ればほぼ減光もなく収差ももちろんありません。

投稿: MIK(田舎) | 2019/01/15 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イヤー堪らん 5分で十分やな 手乗りシュミット:

« 梅雨の合間に速射砲 Sigma105mm最高です 1分半でこの写り | トップページ | 冷却CCDはやっぱり 一味違うな Seagull星雲/KAF50100 »