« 2018年9月 | トップページ

2018/10/15

ウハ!ナローバンドファンなら 失禁してしまうレベル ガム星雲(ほんの練習)

Gumrgbdpps昨晩はSSOリモート天文台も久々の超快晴。仕事も立て込んでいたので薄明まで仕事しながら頑張っちゃいました。小マゼラン・大マゼランのナローバンドを撮影したら、ええ塩梅にガム星雲が上がってきているではあーりませんか。まあ今日は構図決めるだけのあくまで練習ですからね、Hα30分 O3 30分の1時間こっきり。軽く処理してみたらあーあーあー ナローバンドファンなら失禁してしまうレベルでやんす。これを撮るためだけにオーストラリアにリモート天文台立てたともいう夢にまで見たガム星雲でやんす。でもねーデカいのなんのってVSD+KAF50100でモザイクしても中心部のみで16枚 全部入れたら32枚ありますからね。重なり入れても10億画素は余裕で行っちゃうレベルです。これだけ写るVSDあんたは凄いわ。いやー俄然モチベーション上がりまくりでっせ。
ほんと1写野3時間で 100時間。一冬かけたら完成するかな。ちょっと本気出して頑張ってみるかに
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/AOO 30/30/30min


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/11

バット星雲とNGC3766 うーんええ感じじゃないかい

Ic2944lrgblogstdppskansei今回もSSOリモート天文台から、ちょっと時季外れですがバット星雲とNGC3766とその周辺の暗黒星雲です。ダークフラット補正してマキシムでLRGB合成して、log現像してフォトショップで色調整のみ。2時間足らずでこの写りですからタマランでしょ。この対象を今度はASA12インチと小ピクセルCCDでエッチらほっちら撮影していたら、一生遊べます。ほんとAUSSIEリモート天文台サマサマです。
マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(60/20/20/20min)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/09

M20 & M23 こういう構図も心の余裕

M23ldplrgbps今回は定番のM8&M20ではなく M20とその北にあるM23 散開星団のツーショットでやんす。ついつい定番構図で撮っちゃう領域をあえてこんな構図で撮影しちゃうのはいつでも晴れて、しかも処理しやすい漆黒の夜空に恵まれているからでしょうな。日本のように天気予報に一喜一憂することもなく。気合の入ったときに撮影するっていうなんとも恵まれた環境だわ。撮影でガツガツしなくなったことは精神衛生上も非常によろしい。処理もギンギンに攻めずにしっとりと表現してみました。あっしは結構好きだぞ。
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(30/20/20/20min)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/03

LMC AOS palette:とうとうナローに手を出し始めてしまった グハ

Lmcaos S2フィルターが少し傾いているのかもともとバーダーの面精度が悪いのか?、左右の読み出しゲインゲインがずれてきているのでちょっと攻め切れませんがAOS合成で300分 摩訶不思議な超新星残骸の集団。ナローファンなら失禁するレベルやな😅1000mm以上で撮影したら1年以上はここだけで遊べるぞ
ASTRODONのおやじに特注で65mmの同焦点ナローバンド作ってもらいたいけど高いんやろな。
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/AOS8100/100/100min)


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ