« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018/09/29

IC4628エビ星雲 うーん美しい領域じゃ

Ebilrgblogdppskansei_2
今回はまたまたSSOリモート天文台からさそり座のちょうどおなかのあたりかな。星形成領域のIC4628(中央の赤い散光星雲)と周囲の星々とそれを取り囲むHα領域です。ここは全天でおそらく1-2を争う美しい領域です。オーストラリアで天頂ですから漆黒の夜空に広がる宝石箱をひっくり返したような光景は、双眼鏡で眺めていたらもう今すぐ死んでもいいと思わせる美しさです。なんだか疲れてんのかなオーストラリア行きたくなってきたぞ。でもほんと田中光化学工業さんのおかげです。ろくに画像処理しなくてもこんなのバンバンとれちゃうんですから ありがたい話です。
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(30/20/20/20min)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/27

天の川中心部 うーんこういうのたまらんね

Galaxycentlrgbstps_2あっという間に9月も終わりじゃ。この夏に撮りためた30対象をエッチらほっちら処理中でやんす。今回はSSOリモート天文台で撮影した天の川の中心部分をLRGB合成で。5Kモニターで5000万画素の無数の星々を見ていると、なんだか宇宙遊泳しているようで不思議な感覚にとらわれちゃいますな。日本じゃ光害かぶりで決して撮ろうとは思わん対象です。ほんと1年撮影したら南半球の星々って個展できそうな勢いですな
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 VSD+ML50100/ST402ME guided/LRGB(60/20/20/20min)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/19

漆黒の空は宝物です 奥様デジカメでもこの写り

M8pano夏の釣果をSSOからえっちらほっちら転送しているんですがね、とりあえず原点監視用の奥様デジカメCANON KISS X50に撒き餌レンズの50mmf1.8でも同時撮影してみたら写る写る。5年前の1000万画素の無改造キスデジ さすがに撒き餌レンズなんでf3.5まで絞って 3分露出を2枚ずつフォトショップで4枚モザイクして しめて24分でこの写りです。”空さえよけりゃーこまけーことはええんだよ!”状態でやんす。ここに改造6D+Sigma105mmf1.4なんか持ち込もうとしているんですからほとんどこりゃーテロですな。ブロードバンドはデジカメに任せて、冷却CCDはまたディープなとこを狙いましょうかね
オーストラリア サイディスプリングスリモート天文台 マチスフォーク赤道儀 奥様KISS X50+50mmf1.8 3分X2X4 フォトショップでモザイク合成

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/09/04

Aussieにさらに新兵器投入



SSOリモート天文台のデジカメの写りに気を良くしてさらに新兵器投入punch
新 手乗りシュミット sigma105mmf1.4に改造6Dで冬の星座群を底引き網のように狙っちゃいましょうかね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »