« RC+タカハシF3.0レデューサー フルサイズテスト | トップページ | 漆黒の空は宝物です 奥様デジカメでもこの写り »

2018/09/04

Aussieにさらに新兵器投入



SSOリモート天文台のデジカメの写りに気を良くしてさらに新兵器投入punch
新 手乗りシュミット sigma105mmf1.4に改造6Dで冬の星座群を底引き網のように狙っちゃいましょうかね

|

« RC+タカハシF3.0レデューサー フルサイズテスト | トップページ | 漆黒の空は宝物です 奥様デジカメでもこの写り »

コメント

おぉ・・!昔、135mmF1.8はPENTAXで出ていて?月刊天文で、レンズシュミットと称されていた記事があったと記憶しています。
105mmF1.4はまさに明るさはシュミットカメラ!
暗い宇宙の下では凄い威力を発揮しそうですね。

そういえば、栃木Nikon300mmF2はどうされたのでしたっけ・・?

投稿: uto | 2018/09/06 22:58

天リフさんの結果も良かったので即決しました。
栃木ニコンは彗星来ないので出番がないです

投稿: Mik(田舎) | 2018/09/07 08:25

栃木NikonもAussie送りにするととんでもないモノが撮れそうですが(できれば44×33冷却CCDつけて、LRGBSAO ^^;)
難しいでしょうか~

投稿: uto | 2018/09/20 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/67130759

この記事へのトラックバック一覧です: Aussieにさらに新兵器投入:

« RC+タカハシF3.0レデューサー フルサイズテスト | トップページ | 漆黒の空は宝物です 奥様デジカメでもこの写り »