« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017/11/28

えらいこっちゃ シュミットアストログラフ ツイン体制

Dppb1tdvwae9kig診察終わりかけに天文リフレクションさんのサイトを見たら、以前に購入して東条で地道に彗星捜索にいそしんでいるシュミットアストログラフが破格の値段で。通常価格48万円のところが、1台限り即納で27万円台。とりあえず 診察で疲れきっていたので何も考えずにポチっとな。これはおそらく価格入力の間違いで47万が27万になってるんだわ・・・きっとアマゾンさんからお詫びのメールが来るだろうと思ってたんですが・・・
さすがブラックフライデー&資産11兆円のアマゾングループは違うぜ。Dptmod2umaalximあっという間に発送。
どーすんだよ。2台になっちまった。こうなったら彗星捜索は栃木ニコンに任せて、シュミットアストログラフ ツインでナローバンド OR LRGB を延々撮り続けるっているとんでもない妄想が。冷却CCDはICX814とICX694が余っていることだし。一台でHαor L画像 もう一台でSII,N2,O3 or RGB を延々f2.2で撮り続けちゃうってのもおもろいかも。f2.2で数十時間ってとって素敵な絵が出来上がりそうで怖いぜ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/24

AOありならまだまだ頑張れる IC1848の頭

Ic1848headstmixdpsao強い寒気の流入でガイド星が8ピクセルのボックスから飛び出しちゃうぐらいのシンチレーションですが、AOアリならほらこの通り。十分まだまだ戦えます。AOの有り無し画像を作ってみようと、本日はAOなし+オフアキシスガイドのみで撮影してあげようと思ったのですが4000mmでAOなしでなんとか点像に収めることができる程度ですな。しかもうちのフォークは、TOA150 2本分の価額の昭和機械さん謹製 超高精度エンコーダー装着ですからね。一般の赤道儀じゃー 4000mmだとまあ追尾できる程度と考えたほうがええでしょうな。
どの程度の焦点距離だとAOの効果が出るかは、後輩のところでCCA-250でAO使ってくれてるので一度データ出してもらいましょうかね。まあ1000mm以下の焦点距離だとAOはもちろん不要でガイド鏡で十分でしょうけどね。
OFFICINA STELLA RC-500PRO FLI PL 09000/SAO/120/360min/120min/AOX +ST10 guided

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/19

爆速HDD

TojoOptane_2New1_3昼は晴れてるんですが夜になるとドン曇り。うーんはれねー。なわけで最近の高画素化の流れで、フォトショップやステライメージで画像開くのもひと苦労する時代になっちゃいましたね。そこで爆速HDD出現。PCI接続なんですがご覧の通り、SSDの3-4倍の速度が出てますねー。今のPCはi7-2600Kって言う5年落ちのPCなんですが、PCI-Eスロットが3本あったので グラボ2台とともに安心のインストール。ゲームすることはないんで一気に快適になっちゃいましたぜ。これであとは8Kモニター装填したら完璧じゃな。容量は480Gありますので、KAF50100の5000万画素データ24枚も瞬間読み込みで快適快適やんすよ。デジカメの高画素化でお悩みのあなた、いかがですかね、画像処理が捗りまっせ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/07

馬頭星雲2017 完成 今回は SAO+N2で

Kokobatouddpps2lrgb3今回は馬頭星雲の新しい表現方法をいろいろ考えたんですが・・・結局はAOSが一番しっくりくるんですがありきたりで没。O3がほとんどないのでN2を別に撮影しSAO+N2で表現してみました。SN日のいいAをG画像に持ってこられるので透明度のある色調に仕上がったんじゃないかね。20インチ+AOの0.01秒ガイドで日本ではこの辺が限界です。これを天頂付近で亜熱帯地方で狙ったらもうちょっとHSTに迫れるんでしょうけどね。
OFFICINA STELLA RC-500PRO FLI PL 09000/SAO+N2/120/360min/120min+120min/AOX +ST10 guided

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/02

ALTA09000 ご入用の方はおられませんか?

Img_0058Img_0055Dark15d_new039600d2
APOGEE ALTA09000 売却先を探しております。2015年に ASTROMARTにてフランスの方から新品のCCD/シャッターに換装した ALTA09000を購入使用しておりました。今回FLIからPL09000を追加購入して、KAF09000が3台になってしまったので売却します。 このブログにも作例が多数出ています。昨年夏に冷却に不具合があり代理店のアンドール・テクノロジーを通じて修理し、以後順調に動いております。サポートはアンドール・テクノロジーがきっちりやってくれました(輸出入の送料も入れて13万程度でした)。購入時にご紹介いたします。アダプターはFLIのCFWフィルターフォイル用 とセンターライン用を作成して、バックフォーカスはFLIのPLシリーズと同様にしてあります(フルサイズセンサーのMLタイプとも同じはずです:当方のML29050とは同じでした)。
すでにFLIで50mm角型フィルターのシステム/CFW4-7 5-7 CL-1)のシステムを構築されている方はそのままリプレースしてもらえば使えます。新品価格は現在 $13000程度ですから 関税入れて160万程度でしょうか。
FLIのPLシリーズが140万程度で販売されてるようです。
冷却能力は12V電源で外気温から-45とのことですが、-35度程度と考えたほうがいいと思います。冷却速度はAPOGEEのCCD自体はゆっくりと冷やすように設計されているので、20分程度目標温度までかかると思います。
希望価額は半値の70万程度とします。週明けまでに直接購入希望額をメール願えれば交渉OKです。
ダークもすみに欠陥カラムが1つありますが撮影には問題ございません。希望者がない場合はASTROMARTもしくはヤフオクに出品します。KAF09000の驚異の高感度をいかがでしょう。長焦点やっている方はぜひぜひ。ご連絡お待ちております。
アドレスは boss@miki-hosp.or.jp です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/01

NGC7822 中心部  満月期も何のその

Ngc7822mixdpsaops新月期にO3を満月近くにHα、S2をゲット。ここも明るいガイド星があるので0.05秒の超高速ガイドさく裂。もう少し露出時間がほしいところですがいったん絵にしておきました。今日のAdam Block氏のAPOD画像を見ていたらこの10倍くらい露出しないと掲載してもらうのは無理そうですな。しかも相手はオーバー1メートルでしかも3000メートル級の山のてっぺんじゃん。うーんうーんうーん なんか違うアプローチ考えないかんな。やっぱりオーストラリアから勝負するしかないのかにゃ。なんとかAdam Block大先生をもういっかいあっと言わせたいぜ。
OFFICINA STELLA RC-500PRO FLI PL 09000/SAO/120/420/120min/AOX +ST10 guided


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »