« NGC7822 中心部  満月期も何のその | トップページ | 馬頭星雲2017 完成 今回は SAO+N2で »

2017/11/02

ALTA09000 ご入用の方はおられませんか?

Img_0058Img_0055Dark15d_new039600d2
APOGEE ALTA09000 売却先を探しております。2015年に ASTROMARTにてフランスの方から新品のCCD/シャッターに換装した ALTA09000を購入使用しておりました。今回FLIからPL09000を追加購入して、KAF09000が3台になってしまったので売却します。 このブログにも作例が多数出ています。昨年夏に冷却に不具合があり代理店のアンドール・テクノロジーを通じて修理し、以後順調に動いております。サポートはアンドール・テクノロジーがきっちりやってくれました(輸出入の送料も入れて13万程度でした)。購入時にご紹介いたします。アダプターはFLIのCFWフィルターフォイル用 とセンターライン用を作成して、バックフォーカスはFLIのPLシリーズと同様にしてあります(フルサイズセンサーのMLタイプとも同じはずです:当方のML29050とは同じでした)。
すでにFLIで50mm角型フィルターのシステム/CFW4-7 5-7 CL-1)のシステムを構築されている方はそのままリプレースしてもらえば使えます。新品価格は現在 $13000程度ですから 関税入れて160万程度でしょうか。
FLIのPLシリーズが140万程度で販売されてるようです。
冷却能力は12V電源で外気温から-45とのことですが、-35度程度と考えたほうがいいと思います。冷却速度はAPOGEEのCCD自体はゆっくりと冷やすように設計されているので、20分程度目標温度までかかると思います。
希望価額は半値の70万程度とします。週明けまでに直接購入希望額をメール願えれば交渉OKです。
ダークもすみに欠陥カラムが1つありますが撮影には問題ございません。希望者がない場合はASTROMARTもしくはヤフオクに出品します。KAF09000の驚異の高感度をいかがでしょう。長焦点やっている方はぜひぜひ。ご連絡お待ちております。
アドレスは boss@miki-hosp.or.jp です


|

« NGC7822 中心部  満月期も何のその | トップページ | 馬頭星雲2017 完成 今回は SAO+N2で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALTA09000 ご入用の方はおられませんか?:

« NGC7822 中心部  満月期も何のその | トップページ | 馬頭星雲2017 完成 今回は SAO+N2で »