« PL50100最終テスト完了 VSDとはベストマッチじゃ FSQ130でもええじょ | トップページ | 冬のターン突入じゃぞ IC410 »

2015/11/13

やはり決め手はCCDやね M52付近を一網打尽

20151112m5233d昨晩も夜半に曇る予想だったので、ブロードバンドに続いてナローバンドフィルターのフォーカスオフセットを調べてHαでテスト撮影。今回も20分露出3枚であっさり仕上げましたがf3.8はやはり速射性抜群ですな。これでも1/16に縮小してありますので、フルサイズ2枚分は伊達じゃないです。最近は明るいレデューサーが発売されたり、明るい光学系全盛期って感じですが…。F値を2倍明るくするなら、CCDの感度を2倍上げればよいわけで・・・。最近CCD選びでよくメールをいただくのですが、今回のPL50100もマイクロレンズの採用で以前のマイクロレンズなし比べたらQEがほぼ2倍以上になってます。さらにFLIでいえば MLシリーズよりやはりPLシリーズ。冷却がほぼ-5から-8度違います。5度冷えたら感度は1.5倍近くUPするわけでそれだけでも明るい鏡筒に匹敵する威力になるわけです。さらにダウンロードスピード。STLみたいに30秒もかかっていると FLIにくらべたら撮影枚数で大きく水をあけられちゃいます。光学系はセンサーサイズを満足する写野があればよいわけで、後はとにかく高感度+高冷却+ダウンロード高速で選べってわけです。こう考えたらFLI一択になっちゃうんですけどね。
VIXEN VSD 100mmf3.8/FLI PL50100 -40degree/Baader 65mm HA/20minX3/ST402ME e-finder guided.


|

« PL50100最終テスト完了 VSDとはベストマッチじゃ FSQ130でもええじょ | トップページ | 冬のターン突入じゃぞ IC410 »

コメント

レデューサだと、たいていイメージサークルが狭くなって、周辺減光も大きくなったり、あと、FSQはGENTAさんのブログを見るとフィルターを入れるのも大変そう・・
ピントもシビアになるでしょうし・・

そう考えていくと、撮像素子の感度はやっぱり高いに越したことがありませんね。
個人的には、やっぱり高QEのカメラが好きです。
ポテンシャルが違ってくるというか、底力を感じるというか1枚あたりの画質が違ってきますよね。
でも、SXVR-H694はちょっと細かすぎかなぁー・・。SXV-H9あたりの6.45μくらいが一番使いやすかったです。感度と精細感のバランスが良かったな、と・・。

投稿: uto | 2015/11/16 20:10

PL50100はマイクロレンズの効果でしょうね、VSDのf3.8と6μのピクセルサイズはベストマッチなのかもしれません。画像の腰があるので処理がとても楽です。H694はもっと明るい光学系が必要なんでしょうね。遠征に行く時間が取れないので東条のスライディングルーフでプライムフォーカスにH694装てんしてみます。f2.2だと4.5マイクロのピクセルサイズは活きると思いますよ。

投稿: MIK(田舎) | 2015/11/17 01:26

Mikさん、カタリナ彗星、いい感じに尾が淡く伸びてますよー。
http://photozou.jp/photo/show/2183755/230995780

ぜひ、VSDで狙ってやってください!!

投稿: uto | 2015/11/30 11:57

光度はいまいちですがイオンテイルは期待できそうですね
栃木ニコンで出陣します^^

投稿: MIK(田舎) | 2015/12/02 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/62671314

この記事へのトラックバック一覧です: やはり決め手はCCDやね M52付近を一網打尽:

« PL50100最終テスト完了 VSDとはベストマッチじゃ FSQ130でもええじょ | トップページ | 冬のターン突入じゃぞ IC410 »