« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015/09/30

ASAN12の光軸調整

Img_2338次の新月期には実戦投入したいASAN12。光軸調整が苦手なあっしのために親切なUSAオヤジはCATSEYEなる治具を同封。これがですなよーわからんけど、親切なサイトがあるもんで、結構便利なんだわ。マニュアルに書いてある通りに、1次結像と何次結像かわ知らんけど合わせていけばあっという間に光軸あっちゃいます。こりゃイプシロンにも使えるんじゃ内科医!でもねASAの主鏡抑えって特殊やね。最初はエンドプレートはずしてたらダメなのね。さらに押しねじと引きネジがレンチで回さなきゃいけないんでこれまた面倒。でかい筒でこれは大変です。なんとかいい親子ねじに変えられんのにゃ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/23

反射星雲も結構行けそうじゃ 屈折ってコントラストええね

722300xllrgbps連休前に撮影したNGC7023です。雲の通過もあったので40分しかL画像取れてないんですが結構写ります。f8.0には思えんにゃん。AOで超高速ガイドしているのも有効なんダニャ。以前のプライムのカラー画像で無理やりカラー化しておきました温度順応の問題はありますが6インチAPOの実力は侮れませんぜこりゃ。あと一息CCDサイズが大きければねー。。CANONさんBAYERはずしたモノクロCCD販売してほしいにゃー APS-Cサイズで十分ですから。
officina stella APO152 f8.0 、starlightxpress SX694/-20degree/5minX8/NEW ATLUX/orion AO /ONAG/loadestar guided.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/15

銀河ホイホイ 2号 20インチ砲は伊達じゃないです ハイ

20150912ngc73310xxlnewstmixddplrgb昨日はAPO+AOのデータがあまりによかったんで、20インチRCよりこっちがええんちゃうん?なんて大口径APOを物色しとりましたが―。同時に東条で撮影していたNGC7331をちょうど今晩曇りなんでスカイフラット撮って処理してみました。うーんやっぱ20インチは伊達やないわ。破壊力抜群。AOないととてもじゃないけど撮影する気も起らんシーイングでしたが、AO-Xもがっちり動作してくれてうーんたまんねーっす。こりゃ銀河ホイホイ2台で東条・西脇同時撮影でガンガンデータ出せそうですな。テンションあがってきたぜ
officina stella PRO500/20inch RC:f8.0: STL11000M:AOX guided/ASTRODON LRGB(60/10/10/10min)


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015/09/14

大口径屈折 + AO + 小ピクセルミドルフォーマットCCD 案外正解かもかも

Ngc7331_comb_mixdpOnag5OrionaoONAGの実戦投入に向けて西脇でテストしてるんですが、昨晩は撮像CCDにスターライトエキスプレスのSX694、ガイドはロードスターで、AOはオライオンのLFを使用。オライオンAOはガイドCCDを選ばないのがありがたい。SBIGのように小さなガイドヘッド使う必要はなくてその気になればフルサイズだってOKですからね。ONAGでガイドCCD動かさないんだから実戦投入時はSX694をガイドCCDに使う予定。そんでもって15cm屈折1200mmをAOでガイドさせたらあれまー完璧にガイドしちゃうじゃん。しかも屈折の中心部のみおいしいところを使っちゃいますからね。銀河狙いならかなーりええかもでっせ。アップしているのはご存知NGC7331ですが、適当にフォーカス合わせて5分露出を8枚でこの写りですからたまんねーです。変にでっかいCCD使わずに、このくらいのサイズのCCDで、シャープな光学系でAO併用ってのが歩留まりもよく、確実にデータ取れそうですな。補正レンズ入れちゃうとAO併用は反射系は難しいですから、やっぱ大口径屈折がええんじゃ内科医。20cmf8くらいのフローライトでこのシステムで撮影してみたいにゃん。でも円安の今だとCクラス1台分かね。
officina stella APO152 f8.0 、starlightxpress SX694/-20degree/5minX8/NEW ATLUX/orion AO /ONAG/loadestar guided.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/13

うわさのダブルスパイダー

Asan12ASAの筒先をみてビックらこん。あのうつくしい光条はこのごく薄スパイダーで編み出されてたんですね。しかも支持の構造も凝った作りですね。しっかり光軸合わせるのに新たに推奨コリメーター買っちまったぜ。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/09/09

ドンブラコドンブラコとなんだか赤い筒が流れ着きました^^

Asa_n12Asa12ちわーFEDEXでーす。って玄関にでてみたらなんじゃこりゃ。DONオヤジが、新古のええASAありまっからなんて言いうから…でかいねこりゃ。ほんでもって中を開けたら、おおダブルスパイダーのイカシタ筒が。昭和さんのプライム12インチはオーストラリアに出向いているんでもーええから^^; ASAN12は3インチコレクターが標準なんですが、4インチコレクターつけてPL50100なんか付けた日にゃー最高チャイまっか。カーボン鏡筒なんで、セレストロンノプライムよりずっと軽いでっせ。うーんうーんこの超イカシタデバイス。どーしたもんかね。ホントDONのおっさんは困ったもんだわ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015/09/08

ONAG これはええかもん

Onag先日リモート天文台のフラットの話をDONオヤジにメールしたら、最近ONAG:コールドミラーを使ったon-axis guiderがあって、32インチでAOつかっとる人がおるとのこと。早速調べてみたらINOVATION FORESIGHTっていうメーカーさんが出してました。赤外を使ってON-AXISでガイドするっていうやつです。AO-XやAO-8でもうまくいっているみたいで、なんてったってガイドCCDを動かすことが出来て、撮影CCDは動きませんから、いいフラットが出来ればごみさえ乗らなければ永遠に使えちゃうっていうイカシタデバイスです。AO使うにはCCD回すのが必須でしたからこれはなかなかええんじゃ内科医!。サイトで注文しようと思ったら三基光学館さんに中古品が^^/。 こりゃついとるわいわい。ダメなら彗星専用ONAGになっちゃいますがね。早速AO使わずに150APOでテストしたいのですが台風来てます。ようやくなんでもAO-X可動出来たんですが、フラット撮影が医らねーってのは超イかしてますぜ。フルサイズまで限定なんで裏面はきついかもしれませんが・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »