« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015/05/28

Compm80xxnbstmixdplrgbkansei
夜半過ぎから透明度もどんどん良くなってお月が沈むころには超快晴。光害で絶望的な南の空ですが、新しい光害カットフィルター装てんして、いて座のM8&M20を撮影。青い反射星雲は写らないですが、赤い星雲は結構写ります。オーストラリアでは天頂で撮れますからね、さすがに日本じゃ勝負にならんけど。大口径屈折の威力はなかなかあなどれませんなー。遠征でこの暗いf値の鏡筒は厳しいけど家どりじゃ十分ありですな

officina stella 152mmAPOf8/0.75Xflatner/reducer/IDAS LPSD1&BGRV4/10minX5&5minX6 /ST402+e-finder guided

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/27

このFlatner/Reducerは結構当たりでっせ 買いやね

Conpngc70000xxhamixeddpkansei昨晩テストした今回ASTROMARTで中古で手に入れた屈折用の汎用Flatner/Reducerは結構当たりでんな。今回はバックフォーカスを指定の74mmジャストに合わせたんでみての通りフルサイズ四隅までほぼ点像です。しかも屈折特有の抜けのいい高コントラストな画像が得られます(半値幅12nmにしてはいいコントラストです)。コーティングもなかなかええんやろうね。新品でも€700弱ですからとってもリーズナブルでしょ。今回は感度のあまりよろしくないSTL11000Mでこの写りですから、15cm屈折 f6.0ってのはなかなかの戦闘力とみました。西脇のSRは惑星よし、散光星雲よしのこの筒で決まりですな。
officina stella 152mmAPOf8/0.75Xflatner/reducer/ASTRONOMIK Hα12nm/10minX5/ST402+e-finder guided

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/26

お月はあるけどテストははかどるわい

Img_1367Img_136615cmAPOのレデューサーフラットナーを探していたら定価700€でなんとかフルサイズをカバーする汎用品をASTROMARTで中古でGET。なかなかシャープな星像を結んでくれそうなんで早速テスト開始。月夜なんでNBN-PVかましていっちょ撮影。推奨はAPS-Hくらいまでかね。スケアリング合わせたら何とかフルサイズいけそうな感じもします。15cm f6.0ですから中央遮蔽もなくて素直な星像です。高感度の冷却デジ亀で遠征すればなかなかええかもしれません。カーボン鏡筒でもさすがに移動は厳しいわな


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/15

PL50100 安定稼働中

M161700xhadpps当日ダークを取得するようにしてから、変な波紋状のノイズは完全に消失。現地で一枚ずつbad pixel処理をするのが面倒なので、コンポジットしてから処理したらすこし中央部にbad pixelが残っちゃったのはご愛敬。このCCDマイクロレンズのおかげで6μの極小ピクセルですがかなり高感度です。10分露出を4枚でこの写りですからね。これはもうAUSSIEしかないやろなって感じです。しかもシャープな光学系でこそ真価を発揮しそうなんで、やっぱ広角でVSDでしょうな。FSQ130EDは製品がないのでテストのしようもないってところで見送りかね。
VIXEN VSD/100、mmf3.8/FLI PL16803E/-30D/10minX4/unguided

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »