« いろいろ画策中  | トップページ | スライディングルーフご到着 ニッシンさんいつもすみません »

2015/04/27

PL50100 激しいわ。 でもいろいろと問題(難点やね)もあるんよ

Cygnus20150425mixdpps昨日撮影したはくちょう座γ星付近のHα画像です。VSDf3.8ならこのピクセルサイズでも圧倒的な速射性+解像度を誇ります。6μのピクセルサイズにはこのくらいの実効f値がベストなんでしょうね。このフルサイズ2枚分のCCD 簡単か?と言われたらなかなか大変かも。これだけでかいCCDなんで ニコンのD810やPENTAX645Dもそうですがデュアルチャンネル出力になりますNarrow006ha示したのはダークフラット処理する前の画像の中心部拡大ですが、見ての通り左右でガンマ値が異なり、さらに右のチャンネルには波状のノイズも出ます。きっちりしたダークとフラットをとればこれは完全に消えるはずです。ただしドーム内で使用中は、CCDの電源タップに違うデバイスを混在させたり、単独にしたりするとダークが合わずに難儀することになります。遠征で使う場合はこのCCDに関しては単独の電源からとることが望ましいでしょう。以前のような冷蔵庫ダークはおそらく無理と考えられます。まあ毎回撮影の後に3枚でもダーク撮影をしておけば何とかなるんですけどね・・・
VIXEN VSD f3.8/FLI PL50100 -30degree/Baader 7.5nm HA/10minX6/pencil Borg+loadstar guided


|

« いろいろ画策中  | トップページ | スライディングルーフご到着 ニッシンさんいつもすみません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/61504012

この記事へのトラックバック一覧です: PL50100 激しいわ。 でもいろいろと問題(難点やね)もあるんよ:

« いろいろ画策中  | トップページ | スライディングルーフご到着 ニッシンさんいつもすみません »