« 今年のラスト NGC281 | トップページ | フィルターようやく到着 »

2015/01/08

最終兵器登場 PL50100

1_23_2FLIの最終兵器PL50100でやんす。田中光化学工業さんから黒田バズーカ砲の直前にお話があって、黒田総裁のおかげでおかげで買わせてもらいました^^。まあセンサーがでかいでかい。35mmフォーマット2枚分で高精細5000万画素ってんですから恐れ入ります。フィルターも65mm角型フィルターでないとけられちゃうんで、CFW9-5っていうでっかいフィルターフォイルでやんす。今回から、PL50100は2枚目の写真のようにフィルターフォイールにM6ボルトで直付けになります。日本じゃこのフォーマットを満足できる空はないでしょうから、AUSSIEに整備予定のリモート天文台に、プライムフォーカス30PAGと一緒にVSD100かFSQ106 or 130で設置予定です。とりあえず65mmフィルターがあっしのミスで間に合わないんで、77mmのHαフィルターでナローバンドでファーストライトしましょうかね。

|

« 今年のラスト NGC281 | トップページ | フィルターようやく到着 »

コメント

 まさにルール違反の最終兵器です。ラージフォーマットは七難隠すですね。 このデバイスとFSQ130EDの組み合わせは、古の昔の銀塩時代、35mmから67へ、反射から屈折に移った歴史が再現されるターニングポイントになりうる力を秘めています。期待大です。   

投稿: 元栗畑の住人 | 2015/01/13 14:42

125SDPを処分してFSQ130を買うか悩んでます。
とりあえずフィルターが届いたらVSDでテスト撮影してみますね

投稿: MIK(田舎) | 2015/01/14 21:14

125SDPの処分は後悔すると思いますよ。SDPは多少の倍率色収差は残っていますが、まぁこれは今の画像処理ソフトでは大きな問題にはならないでしょう。 SDPの微光星サイズは確かにεやTOA FSQにはかなわないでしょう。しかし、中間の明るさの星の肥大がとことん抑えられています。 これはSDPの設計に際しとことん要求した点です。 個人的な感覚では写真としての見かけシャープ感は中間の明るさの星の大きさによるところが大です。今度のFSQにはこの中間星の肥大が抑えられているのではないかと期待はしていますが、それが確認できるまでは・・・私のM31や最近再処理したバラ星雲でそれが確認出来ます。他の光学系での作品と比べてください。スターシャープフィルターなどで小さくしたものではありません。 
ただ残念ながら105SDPはやや劣るようです。同じ光学系で同じイメージサークルを求めたため、必然的により広角に振られためと当時の設計者から聞きました。

投稿: 元栗畑の住人 | 2015/01/15 00:35

そうですね
125SDPはVIXENさんから復刻版が出される予定もないようですので大事に使っていきたいと思います

投稿: MIK(田舎) | 2015/01/18 22:46

でも、FSQ-130EDはぜひ購入、SDPと比較してください。FSQにアドバンテージがあれば、こちらも即、入れ替えです。
先生のお近くに引っ越す可能性があります。近くと言っても、250㎞ですが、メルセデスなら、一っ跳びです。 その時はよろしく・・・・

投稿: 元栗畑の住人 | 2015/01/19 10:25

FSQ130高くって・・ ちょっと他の機材整理してから発注してみますがなかなかものが来ないようですね
92mmからのシステムは出来ているので即撮影はできるのですが。

250Kmっていうと信州あたりでしょうか。お近くに御寄りの際はぜひお声かけください

投稿: MIK(田舎) | 2015/01/20 19:03

いや西のほうです。 ナビタイムで調べると先生の病院からdoor to doorで319㎞でした。

投稿: 元栗畑の住人 | 2015/01/21 14:19

300Kmだと広島か四国あたりですかね^^

投稿: MIK(田舎) | 2015/01/27 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/60943537

この記事へのトラックバック一覧です: 最終兵器登場 PL50100:

« 今年のラスト NGC281 | トップページ | フィルターようやく到着 »