« IC1848 ML29050バージョン | トップページ | 裏面照射FLI PL230の圧倒的破壊力 NGC7380 »

2012/10/24

NGC281 SAO合成

20121021ngc281sumstsmmsaokansei半月すぎのお月があるんですけどね、3nmのナローバンドフィルターに死角なし。DON伯父さんの言うとおり、月齢12でもO3が撮像できちゃうのはワイルドだろ~って感じです。まあ満月近く以外は余裕で撮影出来ちゃいます。今回はちゃんと曇天フラット撮影してきっちり仕上げときました。それでもPL230の感度は殺人的ですなー。Hαなんて30分で十分でしょうな。一昨年PL16803Eで12時間かけて天文ガイドにのっけてもらった対象も60分X3の3時間コースでこのSN比。この倍露出すりゃーもっとギンギンに画像処理しても余裕でしょうな。今回は純粋なSAO合成ではなく、おっさんオヌヌメのSAOの加算画像をLにおいてLSAO合成してあります。この方が透明感もそこそこに解像度も狙えるっていうやつです。純粋なSAO合成のようなビビットな色調ではありませんが、NASAnoHSTパレットもこの方法みたいなんで、今度からこれで行こうかね
SHOWA40RCD f7.0RCfocus/ FLI PL230 E2V CCD230-42/ASTRODON Hα:O3:S2 3nm/10minX6/ST402ME off-axis guided


|

« IC1848 ML29050バージョン | トップページ | 裏面照射FLI PL230の圧倒的破壊力 NGC7380 »

コメント

今日は三鷹の国立天文台の公開日で観望会を手伝ってきました。 ついでにA4プリント1枚100円で売って完売御礼です。 もっと印刷しておかないとだめのようです。 皆さん、こんなにはっきり見えるんですか?って聞いてくるんですが、画像処理でごましてるわけでもなくそのまんまの映像なのですが、半信半疑のご様子です。 こんな風には見えないことは説明しておきました。 目の感度が良かったらこんな風に見えますよと。 PL16803も展示してて、冷却カメラてのは一般には知られて無い機器であることを再確認しました。 男性の方はこういうのにご興味があるようです。
反省点は、ナローバンドで実演すべきでした。 来年はその方向でがんばります。 
来月はオーストラリアへ行ってきます。 日食は見ずリモートの練習でわたしは現地にいて、日本から撮影してもらう予定になってます。 あと、現地の消防署でファーストエイドの講習も受けようかなと。 自分の身は自分で守るってことで。

投稿: TaNaKa | 2012/10/27 23:32

最近はデジ1で星景写真を撮られる一般ユーザーも多いので結構興味のある方多いですよね。
実際冷却デジ1でも明るい対象なら昔と比較できないようなの撮れちゃいますからね。冷却CCDって話してもいまいち理解してもらえないのがちょっと残念ですが・・・

オーストラリアご苦労様です。ファーストエイドの公衆行けばいいんでしょうけどなかなかいくことすら難しいのが現実で悩んでます

投稿: MIK(田舎) | 2012/10/30 07:48

SMCとM8&20をFSQ+PL16803 で撮影したのを再処理してみました。 
http://www.tanaka-opt.co.jp/temp/smc-pl16803.jpg
http://www.tanaka-opt.co.jp/temp/m820-pl16803.jpg
どうもFSQって淡く周辺にゴーストが出るようですね。 いい望遠鏡だけにもったいないです。 100SDUFはそんなことは無いんで、カメラメーカーと望遠鏡メーカーの違いがこういうところに出てくるようです。 カメラメーカはユーザ数が桁違いに多いですからクレームも半端じゃないですからね。 ゴースト解析だけじゃなく、迷光解析なんかもとことんやってるようです。 あ、でもニコンの200mmF2.0のVI(初期のほう)は逆光でものすごいコントラストが悪かったようですぐに生産中止になってVIIになりました。 天下のニコンらしくない失態です。 おかげでVIのほうは一時かなりの格安で手に入ったようです。 買っておけば良かった。

MIK先生はプロフェッショナルですから顔パスではないでしょうか。 アプリで勉強しています。 難しい単語が・・・。

投稿: TaNaKa | 2012/10/31 14:35

FSQはとてもいいと思いますが、私はSDUFIIのほうが好きです。収差では負けますが、ナローバンドでは関係ないですからね。レデューサーなしのf4.0は結構貴重ですよね。
ファーストエイドは一応循環器専門医では必須なんですが心肺蘇生ですからね。一度調べてみます

投稿: MIK(田舎) | 2012/10/31 22:02

SDUFはびっくりするほどきっちり光軸が出てました。 あんなに簡単にピントが出るとは思わかったです。 FSQも色収差は残っててフィルタごとにベスト位置は違うようです。
こちらは100SDUFのVr画像です。(480-640nm)
http://www.tanaka-opt.co.jp/temp/100sduf-m820-pl16803.jpg
赤外カラー撮影してた経緯があって若干ベスト面からずらしてます。 ベスト面はホントカチッとしてて新天体捜索にもってこいの望遠鏡です。

投稿: TaNaKa | 2012/11/01 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/55964789

この記事へのトラックバック一覧です: NGC281 SAO合成:

« IC1848 ML29050バージョン | トップページ | 裏面照射FLI PL230の圧倒的破壊力 NGC7380 »