« 50の手習いじゃ | トップページ | IC1805 今年はSAOバージョンで »

2010/09/06

キタキタ CTB1 remnant 難敵を撃沈したぜよ

201000090xctb10xxhamixdpaaobps_2毎晩毎晩夜はドン曇りー なーんてぶー垂れてたら 来たよー3日続けて超快晴! しかもシーイングもう最高っす。 3日続けてFWHM1.1 っていう1120mmの焦点距離にしちゃー信じられねー好シーイングでにゃんす。昨年ML8300でもねらったカシオペア座のSupernova Remnant CTB1 :G116.9+0.2でやんすよ。今回は秘策LPS-P2フィルターを入れて AAOBでナチュラルな色合いを目指しましたからねうーんたまんねーぜよ。あのおうし座のSupernova Remnant sh2-240がめちゃくちゃ明るく感じちゃうぐらい淡いですから^^;。なんてたってf2.8で30分露出でビニングなしだと見えるか見えないかっているシロもんです。CCDは-15度までしか結露の関係で冷やせないんで苦しい時期なんですが、このシーイングならではっていう画像でやんす。こんなの撮れちゃうんならもっと淡いところ狙ってみたくなるにゃー 。9月もこのシーイング続かないかにゃー
SHOWA40RCD primefocus/PL16803E/-15度/ASTRODON HA 5nm O3 7.5nm(30minX各15) B 10minX10/PENTAX125SDP+ST402MEguided

|

« 50の手習いじゃ | トップページ | IC1805 今年はSAOバージョンで »

コメント

これは凄いですね。 第一級の淡い散光星雲じゃないでしょうか。 ぎょしゃ座のレムナントよりも淡い気がします。 しかも見かけの大きさが小さいってのが難易度を増してますよね。 ML4710の裏面カメラでもお貸ししましょうか。 OIIIにピークを持っててAOBや彗星にはもってこいかもしれません。

PLで結露って珍しいんですが、もしかしたらヒーターがはがれてしまってるかもしれませんね。 お送りいただけたらチェックいたします。 外装はユーザでも簡単にはずせますのでご自身でもチェックできるかもしれません。 あとはアルゴンガスが抜けて断熱性が下がってウィンドウを冷やしてるのも考えられます。 2-3年経ったカメラで再充填すると2-3℃下がります。

昨日は家の近くでハヤブサかチョウゲンボウが急降下するのを見ました。 超速いです。 200km/hは出てたと思います。 オマケにアオダイショウまで。 そしたら今朝は鳥の糞が車の側面に一直線描いて、うーん何か運が回ってきたのか。 オージーで大当たりの予感???

投稿: TaNaKa | 2010/09/07 09:00

これはめちゃ淡いですよ。やっぱ湿度が異常に高いのが原因でウインドウのほうに結露するんですよ。センサーは問題ないんですけどね。やはりウインドウがでかいのが原因かと思ってます。一度点検に出しますね。

オーストラリア晴天をお祈りします。暗い空で久しぶりに撮影してみたいでっす

投稿: MIK(田舎) | 2010/09/08 22:52

おお~。これはまたMikさんらしい被写体ですね!
位置はどのあたりなんでしょうか?
Abell85やSh2-224でも淡いと思っているので、とても狙えないとは思いますが・・

投稿: uto | 2010/09/13 16:54

赤経 23h 58m 53.5s (2000.0)
赤緯 +62°30' 28" (2000.0)
でAbellの85ですよ^^
なかなかここまでは普通写りませんね、普段の日本の透明度じゃ

投稿: MIK(田舎) | 2010/09/13 23:47

げげ・・Abell85でしたか~ (^^;
イプ200でHαで15分かけてもほとんどなんにも写りませんでしたよ~
こんなに綺麗な円形のレムナントだったんですね。
自分が写したのは上の方の明るい部分だけですねぇ・・・
そうか下の方に円形のリングになってるんだ!!
むむ・・これは再チャレンジしてみようかなぁ。

投稿: uto | 2010/09/14 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/49374439

この記事へのトラックバック一覧です: キタキタ CTB1 remnant 難敵を撃沈したぜよ:

« 50の手習いじゃ | トップページ | IC1805 今年はSAOバージョンで »