« なかなかの迫力だわい M17 | トップページ | M17 SAO合成。これをあと3クールね わかりました^^; »

2009/05/13

この立体感はたまんねーっす M16

20090428m1611xha2mixdpdp今年の梅雨までにM16をみっちり仕上げたいんで、先日から撮りためていたM16 Hα3時間バージョンでヤンす。LPSのおかげで10%はロスがあるんですが、うーん何とも云えん立体感だぜ。SN比がどんどん上がってくると処理も楽チンでヤンすんね。今回はMaxImのみで仕上げてみました。あとO3とS2あわせてこりゃ仕上げたいぜ。
SHOWA40RC primefocus/ML8300/ASTRODON Hα 10minX18/75SDHF+ST402 guided

|

« なかなかの迫力だわい M17 | トップページ | M17 SAO合成。これをあと3クールね わかりました^^; »

コメント

数学的に考えるとS/N=∞だったらいくらでも解像度を戻せます。 でも実際には有限ビット数や有限露出時間のためそれはありえないんですけど、おっしゃるようにS/Nが高いと処理が楽だと思います。

こういう映像見るとやはり口径の大きさを感じますね。 必ずしも焦点距離だけで解像度が決まるわけではないのがわかる気がします。 

投稿: TaNaKa | 2009/05/14 09:03

最近処理はMaxImとphotoshopのみでやっちゃうことが多くなりましたが、ナローならMaxImのみで十分って感じですね。処理時間10分です ハイ。
ML8300はピクセル小さいですが、ブルーミングしないので星雲自体の飽和寸前まで露出を掛けられるのが強みですよね。
RCで40cmを超えるともう手に負えなくなりますが、プライム単独なら行けそうな感じですよね。でも滅茶高そう・・50cmでf4のプライムLML8300なら最強?

投稿: MIK(田舎) | 2009/05/14 23:19

ミラーが軽ければ赤道儀が小さくて済むんですけど、ハニカム構造にするのが高く付きそうです。 アメリカのサイトをみていると50cmF3.5で38500ドルだそうです。 82.5cmF3.0で10万ドルを超えてます。
http://www.dreamscopes.com/pages/projects-04/newt-astro-32.htm
輸入するとなると倍額は覚悟ですね。

投稿: TaNaKa | 2009/05/15 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この立体感はたまんねーっす M16:

« なかなかの迫力だわい M17 | トップページ | M17 SAO合成。これをあと3クールね わかりました^^; »