« 頑張ってもこれが限界 白旗じゃ^^; CTB1 | トップページ | NGC7023 たまにゃfocusアワサなキャだめだわ »

2008/11/17

おいおい いくら備蓄すりゃええんだい?

Gskパンデミックの足音がまじかに迫ったっていう噂ですが すでに3年目ダニャー。最近世界中でタミフル耐性のH1N1が増えてるってのはやっぱ本当だニャ。昨年もタミフル無効例がうちでもあったんですがね。そうこう言ってる間にとうとうパンデミックが恐れられてるH5N1でもタミフル耐性が分離されとりますな。今月のNature.comにゃタミフルに加えてリレンザも備蓄するとなおOKよ♡♡なーんて記事まで出ちゃったので、小心者のおいらはガッチリ備蓄しちゃいました。うーん備蓄のタミフルとリレンザしめてPL16803E X 2台分はドブ金になるかはたまた救世主となるのか?まあパンデミックが始まるとおそらく、あっしら下々の開業医なんかにはじゃえったい恵んでもらえない国ですからね。旧日本軍守備隊のように、援軍も補給もなく竹やり万歳玉砕だけは避けなきゃいけません。タミフルすらまったく備蓄してないこの国はどーなるんじゃろか??サイブプライムで無傷な国??そりゃ投資の対象にされてなかっただけじゃん。こんな借金まみれの国には誰も投資せん罠。まあどっか?の首長は「人の災難がチャンス」なんて本気で言っちゃう国なんで、そのうち「パンデミックが起こったときが日本の神風だー」なんていいだしかねないぜ。ホント困ったもんだわ。

|

« 頑張ってもこれが限界 白旗じゃ^^; CTB1 | トップページ | NGC7023 たまにゃfocusアワサなキャだめだわ »

コメント

地球が金星みたいに厚い雲で覆われてるような環境だったら天文学なんて発展しなかったでしょうし、現代のように発展したとしても直接的には人命に関係ない分野ですから、地球に衝突しそうな大隕石発見以外はあってもなくてもどっちでもいい学問のような。 同じウン百万でも医療品と天文機器じゃあえらい違いを感じます。 

投稿: TaNaKa | 2008/11/18 09:02

感染症の流行や広がり方は、地域によって大きな違いがありますね。
勤務医の立場からすると、普通の風邪が怖いんですよね。気をつけないと、怖い感染症が紛れ込んでいることがあります。

何度か、不可解な院内感染を経験しましたが、感染源は、面会にくる家族と職員からでした。風邪をひいている家族の面会は控えてもらい、風邪をひいている職員もできるだけ休むようにしてもらったら、院内感染は激減しました。

パンデミックになると、今の日本の体制では、どうにもなりません。

投稿: K&R | 2008/11/18 20:38

自分が風邪で病人なんだと言う意識が少ないんでしょうね。
困った事です。
我職場では風邪を引いて出勤するのは原則禁止しています。
うつされるからです。
ちっとも頑張っているって美学では無いので。

投稿: メーテル | 2008/11/19 08:37

人生のprimitiveなところとは関係ないところの学問=文明じゃないでしょうかね。今の世の中なんでもかんでも経済活動(金儲け)としか考えられない輩が多くて今回の問題をひきおこしちゃったんだとおもいます。天文学も哲学に通じるところがあるんでとっても大事だと思います。

厚生行政に実務経験のある人はいませんからね。机上の浅知恵ほど事情に即さないものはないわけで・・その点CDCなんかはほとんどが実務経験者が行政やってますから。その辺が国力の違いかと・・・

投稿: MIK(田舎) | 2008/11/19 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいおい いくら備蓄すりゃええんだい?:

« 頑張ってもこれが限界 白旗じゃ^^; CTB1 | トップページ | NGC7023 たまにゃfocusアワサなキャだめだわ »