« FLI ML8300の真の実力じゃぞ IC1848ハイライト | トップページ | SHOWA20ELのコントローラーはコンパクトだぜ »

2008/10/22

IC1396恒星減算バージョン

20070100813960xxhagensanmixdpps西脇はなんだか高層雲が漂っているような天候が続いているんですが、SHOWA20EL赤道儀のセッティングも終わったので、テスト開始でやんす。栃木ニコン+6303Eの超高速撮像バージョンで恒星減算のセッティングをやっちゃおうってのが今回の目的なんですが・・・やっぱf2.0じゃどーしてもスケアリングの関係もあってナローバンドじゃ、端っこの方で星がずれちゃうでよー。若干フォーカス位置が変わっちゃうのも原因なんですが・・もうちと暗くてもええから焦点深度内にHAとRCFが入る筒をツカワないけませんな。わずか1時間でこの画像がGETできちゃうのは超ありがたいんですが、やっぱSDUFがよさそうだニャ、フォーカサーも付けられるし。でもこのIC1396ナカナカええでかんじです。なんだか立体的に見えち一ゃったり、周囲に見慣れない暗黒帯が広がってるのがよーわかりますぜ。この週末にSDUFに乗せ換えて再度挑戦するかにゃ。
Tochigi-Nikon 300mmf2.0/STL6303E(-15度 アレマ)/CS Hα4.5nm/RCF10nm減算/10minX4/5minX3/external guide chip

|

« FLI ML8300の真の実力じゃぞ IC1848ハイライト | トップページ | SHOWA20ELのコントローラーはコンパクトだぜ »

コメント

完全なテレセントリック光学系でないのが原因の1つかもしれませんね。 20cmF2.0のベーカーは良いですよ。 ほぼ垂直入射してくれますし収差も屈折よりは小さいです。 
光路図
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/temp/bsc200.gif
Red画像
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/temp/cep-r.jpg
セミナローHaフィルタ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/temp/cep-sha.jpg
セミナローHa - 1/4Red
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/temp/cep-ha.jpg
露出はすべて10分間です。
4.5nmフィルタでベーカーならコンティニュアムが不要だったりして。

投稿: TaNaKa | 2008/10/22 21:39

おーこれはすごいシャープですね
Rフィルターで十分かもしれないですね

投稿: MIK(田舎) | 2008/10/23 09:02

一般に1/Fの2乗に比例して収差補正が難しくなってF2.8に比べると収差は大きいんですけど非球面使ってますからオール球面の望遠レンズよりはシャープです。 
屈折レンズに低分散ガラスを使ってるといかにもシャープな印象がありますけど、EDガラスを使うのはあくまで色収差を抑えるだけで球面収差を上げるためではないんですよね。 もちろん色収差を抑えやすくなる分球面収差へ補正力を注ぎ込めますから間接的には役立つでしょうけど絶対的ではないです。 望遠レンズも非球面使って球面収差を補正するものが登場してきたら期待大だと思います。 レンズによっては非球面レンズを使ってるのがありますが、今の量産技術ではせいぜいディストーションや非点収差を抑えるために後群に使われるのが精一杯だと思います。

投稿: TaNaKa | 2008/10/23 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/42872791

この記事へのトラックバック一覧です: IC1396恒星減算バージョン:

« FLI ML8300の真の実力じゃぞ IC1848ハイライト | トップページ | SHOWA20ELのコントローラーはコンパクトだぜ »