« ML8300 配備完了 | トップページ | この焦点距離でガイドは十分なのよ »

2008/09/23

ML8300はナカナカの実力じゃぞ NGC281SAO

20080922ngc28100xsao昨晩は超快晴の予報が12時過ぎから雲雲襲来で撃沈。ままあお月が出てきてたんでええんですがね。NGC281をちゃんとガイドしてSAO合成してみました。いやな予感がしてたんで1枚ごとにフィルターまわしてとってったんでね^^/。わずが30分X3でこの写りはなかなかのもんじゃぞ。感度はデジカメ民生用で使用されるだけあってO3領域でも高そうじゃねー。KAF8300はナローバンド合成でも重宝しそうだぜよ。6303EじゃO3のSN比をあげるにゃこの1.5倍は露出が必要じゃな。さらにデータハンドリングを考えたらミドルサイズチップが圧倒的に有利ですからね。XP64bitでなくても、多数枚のコンポジットもスイスイですからね。この感じだと9マイクロ角のチップと遜色ない時間で、高解像度が狙えるっていう超イカシタシステムになりそうだワイワイ。テスト撮像の結果からすればf2.8だとナローバンド6nmで20分露出X10枚X3=10時間露出がおいしいところだねー。ブロードバンドならこの1/8で済みますからLRGBしめて1.5時間で十分じゃねーカー。イプシロン180EDにお勧めじゃなこのCCDは。今度はCANONのNEW EF200にキャノンマウントを特注して付けちゃいましょうかね。うまくいったらML8300CもLAUNCHしたイゼヨ。
SHOWA40RCD primefocus /FLI ML8300/ASTRODON 6nm SAO/10minX3X3/75SDHF+ST402ME guided

|

« ML8300 配備完了 | トップページ | この焦点距離でガイドは十分なのよ »

コメント

φ50mm用CFWはEFレンズの電気接点が内部に入らずたぶんバックフォーカスが出ないと思います。 CFW4-5にするか無しなら問題ないと思います。 無し用はNikon、Canon伴に作ったことがあります。 こちらはCanon用。
http://www.tanaka-opt.co.jp/temp/ef-mount-ml.jpg

さすがKAFセンサですね。 5.4ミクロン画素でも30分露光でSAOができちゃうんですか。 ノイズの低さがいいからかな。 

投稿: TaNaKa | 2008/09/23 17:19

うーん、ML8300、いいですねー。
やっぱり元がノイズが少ないというのは大きいなぁ、、

高精細画素ですが、2×2ビニングしても10.8ミクロン□の200万画素CCDですから、これって死角無しのカメラなんじゃあ?
単焦点はビニングなし800万画素、2000mmクラス長焦点クローズアップは、2×2ビニングで星像の肥大を抑えて200万画素で、という使い分けでいけちゃいそうです。

フォーサーズというところも意外とミソで、旧イプシロンだとAPSサイズ満たせるだけの性能がありませんからねー。
(端っこは星が伸びちゃう)、フォーサーズって美味しいサイズだと思うんですよね。
そこそこ面積があって光学系の性能が活かせてって感じ。

投稿: uto | 2008/09/24 12:44

CFW4-7ならOKなんですか、NIKONレンズ用は純正のがあるようなので一度テストしてみたいですね。でもKAOにめぼしいところは出撃しちゃってますね・・・

KAF8300はさすがデジカメに使用されているだけあって低ノイズですね。この時期でも―30度行っちゃいますからその辺も大きいんでしょう。冬場は余裕で―40度行きそうですし。
超焦点では2Xビニングっていう手もありますね。強拡大だとこのチップサイズで十分余裕がありますから。オフアキシスでもミラーのけられも気にしなくていいですから楽ちんです。ST10と比べてブルーミングしないのはやはりブロードバンドではアドバンテージです。

投稿: MIK(田舎) | 2008/09/24 23:07

EFレンズは径がでかいんで2”スレッドにぶち当たる可能性があるんです。 あとで確認しておきますけど。 Nikonなら径が小さくメーカもアダプタを用意してあります。 なかなかうまく行かないこの世界。

外気から-60℃冷やしてくれますからね。 さしずめ、車のインタークーラーと一緒です。 がんがん冷やして馬力(感度)をあげる。

投稿: TaNaKa | 2008/09/25 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ML8300はナカナカの実力じゃぞ NGC281SAO:

« ML8300 配備完了 | トップページ | この焦点距離でガイドは十分なのよ »