« こういうのイイナー 撮って見たかったんですよ 二重星団 | トップページ | 月が沈んだら超快晴 たまんねーぞ 馬頭星雲 »

2007/11/18

銀河も撮っちゃいました M81-82

Stm8100x900newddpps昨晩は夜半から超快晴、久しぶりの透明度の良さでしたよね。なぜかADSLの回線スピードが急に落ちちゃって撮像出来たのが2時過ぎから。面倒なんで東条はM81-82の銀河コンビを撮像してみました。露出時間を延ばしたほうがええかねーってことで20分露出X3枚 しめて60分。モノクロCCDの切れはありませんが、超簡単に撮像出来ちゃいますな。やはり空間分解能はモノクロにはかないませんなー。M81の腕のHα領域や、M82のジェットの吹き出しは十分再現されているんで、RC焦点でAOL取り付けて一発撮りってのも明るい銀河なら可能かもしれません。実際SもとさんがFRC+ST2000XMCで素晴らしい成果をあげておられますからね。ただし遠征しないとかなりつらい道が待ってるかもしれませんけどねー。
SHOWA40RCD prime focus/STL11000MC/LPS-P2/20minX3/125SDP+ST402ME guided

|

« こういうのイイナー 撮って見たかったんですよ 二重星団 | トップページ | 月が沈んだら超快晴 たまんねーぞ 馬頭星雲 »

コメント

カラーCCDも画像処理は楽でして、これに慣れるとLRGBがあほらしくなってきます。
でもカラーCCDは明るめの対象を選ぶのと長時間露光を強いられますんで万能ではないです。
ST-2000XCMも飽きてきましたんで新しいのが欲しいんですけど。

投稿: Sもと | 2007/11/18 12:32

対象は限られますが楽ですよね。散光星雲は光害値ではカラーCCDのほうが楽な気がしますね。
来年あたりにはSBIGから新製品が出そうですよね。

投稿: MIK(田舎) | 2007/11/18 23:09

僕も今デジカメで遊んでいて感じるのは、散光星雲はめっちゃ良く写ります。
切れ味的には確かにモノクロに譲りますが、感度的には遜色感じません。
ところが暗めの系外銀河となると、とたんに写りに不満が出ます。
理由は簡単で、LRGBで撮影しているので、カラーCCDではRGBの3色に振り分けてる光量を、L画像で一気に取得しちゃうので、通常の3倍の早さで写るわけです(要するに感度3倍です)から、差を感じて当然なんですね。
散光星雲は輝線なのでほとんど差を感じないというのが大きな理由なのでしょうね。

投稿: UTO | 2007/11/19 12:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/17102892

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河も撮っちゃいました M81-82:

« こういうのイイナー 撮って見たかったんですよ 二重星団 | トップページ | 月が沈んだら超快晴 たまんねーぞ 馬頭星雲 »