« もうこんなのも狙えます IC405 ええでええでー | トップページ | ここも40RCD+FLI無敵艦隊パワー炸裂じゃぞ IC1805 »

2007/09/22

SAOだと立体感が違います IC1848

200700091xic1848lsumsaop前回はAOOで安心赤色バージョンだったんですがね、東条の12時すぎればまた快晴を利用して一気にSIIまで撮像しちゃいました。AOOもエエけど露出たっぷりのSAO合成もたまんねーぞー。星雲のブライトリウムを表現するのにはSAO合成のほうがやっぱええわん。IC1848はSAOの分布が結構はっきりしているので色彩豊かでやんしょ。今回は色彩控えめ滑らかバージョンでやんすよ。でっかいプリントアウトする予定なんで、ご希望の方には無理やり進呈しちゃいますぜ。この冬はバラ星雲長時間露出したらタマンネーダローナー。やっぱ南天でも超明るい鏡筒持っていって撮ってみたいにゃー
SHOWA 40RCD primefocus /PL16803E/ASTRODON SAO/7.5nm/(160,100,160)/125SDP+ST402ME guided

|

« もうこんなのも狙えます IC405 ええでええでー | トップページ | ここも40RCD+FLI無敵艦隊パワー炸裂じゃぞ IC1805 »

コメント

SAOもカラー画像効率いいですね。 AOOができちゃいますから、2/3だ。 焦点距離1000mm超なのにこの天体がすっぽりはいるんですから彗星がきたらすごいの撮れそうですね。 そろそろ来ないかなあ。

投稿: TaNaKa | 2007/09/22 22:09

おお~ブライトリム構造が非常に見事ですね~。
迫力あるなぁ、、、。

1000mm超でF2.8で大面積CCDとなると、これまでアマチュアが撮影してきたものとは格段に違う彗星写真が撮れそうですね。

投稿: uto | 2007/09/23 09:14

ブライトリムの表現にはSAOが一番ですね。AOOでも最近星の色も違和感なく仕上げられるようになってきたので、3枚のフィルターで2枚の画像がGETできるのは効率がええですね。
SW3クラスの彗星でもかなり期待できそうですね。そろそろ来ないかねー。

投稿: MIK(田舎) | 2007/09/25 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/16536703

この記事へのトラックバック一覧です: SAOだと立体感が違います IC1848:

« もうこんなのも狙えます IC405 ええでええでー | トップページ | ここも40RCD+FLI無敵艦隊パワー炸裂じゃぞ IC1805 »