« 南天の蜘蛛は毒いっぱいでシビレチャウゼよ | トップページ | 昨晩も超快晴キター IC1848 AOO合成 »

2007/09/13

NGC7000納得の出来栄えじゃ^^/

Uccs7000symbssaokanseiオーストラリアの星空見せつけられたらやっぱ国内ではナロバンドだよな~ってことで気合入れてNGC7000をGETしちゃいました。帰国早々超快晴なんで困っちゃいますな~。2日間かけてしめて8時間。ギンギンに露出しちゃいましたらホイこの通り、さすが真打PL16803Eの破壊力は伊達じゃないねー。SII,OIII,Hα入り乱れての素晴らしい眺めでやんしょ。これでも40%に縮小してあるんですがこの迫力でやんすよ。このショットは全紙に引き伸ばしてパネル作成決定!今までのナローバンドの集大成ってとこですかねー(ありゃまこれじゃ終わっちゃうぜよ)。このノリで冬の散光星雲も一網打尽にとっちゃいたいねー。お次はやっぱバラ星雲でしょ。画角的にもPL16803E目いっぱいに収まっちゃいますからね。
SHOWA40RCD primefocus PL16803E/ASTRODON SAO(160,160,160)/125SDP+ST402ME guided

|

« 南天の蜘蛛は毒いっぱいでシビレチャウゼよ | トップページ | 昨晩も超快晴キター IC1848 AOO合成 »

コメント

mikさん、頑張ってますねー。
しっかし、北亜米利加、いいですね。
MIKさんのナローバンドは星が自然な発色なのが最大の魅力と思っています。星に変な色がないので、星雲の色彩がより引き立つんですよね。
上手い処理をされてるなあと感心してしまいます。

それにしても、そっち晴れてますか、、、
浜松は相変わらずの曇り空で撮影できません(;´д⊂
や、まあ、晴れても機材整備していないんでダメなんですが(爆)
イプシロン光軸合わせてない~(笑)

投稿: uto | 2007/09/13 23:07

師匠、これ凄いっすよ。イ○ンの光害ギンギンの当地でも何とかやっていけそう。これが目標だなぁ~。長いスパンになりますが、接眼部と補正系光学、カメラ、ガイド筒をジックリと練り直します。

投稿: たかはし@最近ボロボロ | 2007/09/14 16:12

THANKSです。Utoサンから星の色って大切だっていわれて、いろんな画像を見ていると確かにそうなんですよね。最近は出来るだけ違和感のないように仕上げてます。SAOなんで忠実に再現するは難しいんですが、SIIで輝星がどうしても肥大化するんで、星だけマスクで星を小さくしてからSAO合成してます。それとSN比の上がりにくいOIIIの露出時間を思い切って延ばすことこれが透明感のある画像を生むようです。USA親父のように、RGB撮像して星の色だけのレイヤーを作って合成するのが究極なんでしょうが、プライムではフィルター3枚が限界なんであきらめてます。

TAKAHASHIさん。光害地でもナローバンドなら十分可能ですよ。自宅なんかSRの中では液晶モニター付けっぱなしで撮像してますから。明るい反射鏡筒をお持ちですから、後はひたすら露出を伸ばすのみです^^/

投稿: MIK(田舎) | 2007/09/14 21:56

先日Tanakaさんともやりとりしてましたが、カメラを考えると補正系レンズ。ほんでもって接眼部と、出費のスパイラルに落ち込むので、慌てずじっくりと先を見越して投資しようと思います。赤道儀はお蔭様で超長焦点でも耐えうる仕様になりましたんで…。もう一つの逃げ道としては、AO関係を使えるようにして、ブロードで惑星状星雲ってのも光害の影響を受けにくいかなぁ~と思ってます。なので、中焦点はナロー。長焦点はブロードって感じかなぁ~と思っとります。後は惑星かな。と欲張り杉…。

投稿: たかはし@最近ボロボロ | 2007/09/15 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/16430183

この記事へのトラックバック一覧です: NGC7000納得の出来栄えじゃ^^/:

« 南天の蜘蛛は毒いっぱいでシビレチャウゼよ | トップページ | 昨晩も超快晴キター IC1848 AOO合成 »