« 昨晩も超快晴キター IC1848 AOO合成 | トップページ | AOOもなかなかええでー IC1396 »

2007/09/15

自宅電動ルーフ初稼働! ε250+6303Eも戦闘能力抜群だぜ。

Perikanlsumrgb一昨日の超快晴に気をよくして、西脇の電動SRも初稼働でヤンスよ。ε250はSRに単独配備になっていやー広々ダゼ。しかも、スイッチONでスルスルと音もなく開いて迎撃してくれちゃう、パトリオットミサイル並の性能。タマンねーぞーこりゃ。今回はオーストラリアから帰国したSTL6303Eでペリカンクンを迎撃。去年より広い写野でお楽しみくだされ。ε250も新型補正レンズになってますますシャープになっているんじゃ内科医!40RCDなみの星像を見せ付けてくれちゃってますなー。ヘラクレス君が天頂越えをやってくれないんで、一晩ほったらかしは出来ないのがいまいち残念。でもf3.4はなかなか捨てがたい性能ですなー。これで東条・西脇ナローバンド2元同時発射はめでたく成功。我が家の2台のCCDも秋の夜長にビシビシしごいたらあきませんなー。
Takahashi ε250 STL6303E/ASTRODON SAO/6nm/(60,60,90)/Hercleus mount/75SDHF+STV guided

|

« 昨晩も超快晴キター IC1848 AOO合成 | トップページ | AOOもなかなかええでー IC1396 »

コメント

焦点距離が決まればあとは重量制限によって口径をどこまで大きくできるか、つまりはF値をどこまで明るくできるかが決まるんでしょうね。 搭載重量によって口径の上限が決まって、あとは焦点距離とF値の綱引きと考えたほう覚えやすいかな。 となれば25cmF3.4はぴったりってことですかね。 カーボンにすれば30cmF2.8くらいまではいけそう。

冷却カメラとはいえやっぱり明るいに越したこと無いですね。 KAIチップを使ったということもあるんですが、F2.8を使っててもF2.0を経験してるとやっぱりパンチ力がありません。 KAFにしろってことかあ。 

投稿: TaNaKa | 2007/09/16 10:28

ペリカン、見事ですね・・!
ぜひ下半分もモザイクで見せて~。

KAIとKAFも両方使ってみると、意外と感度差を感じますよね。
と、いってもたかだか絞り一つ分(2倍)あるかないかですが、、、
明るい光学系でカバーするか、感度が高いCCDでカバーするか、というところでしょうか。

投稿: uto | 2007/09/16 21:31

宣伝になっちゃいますけどFSCもけっこういけてます。
中心像 ATK-16HR 1x1ビニング ノーフィルタ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/temp/070914-ATK.jpg
DSLR APSサイズ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/temp/070914.jpg
シュミットカメラ同様筒が長いのが欠点ですけど、その分迷光はかなり少なくてフラット処理が楽に決まります。 気をつけないとニュートンタイプは筒先から接眼部へ直接入る光が悪さするんですよね。

投稿: TaNaKa | 2007/09/16 23:09

25cmのアストロカメラだと田中さんのFSCがベストですよね。星像もイプシロンよりもシャープなんじゃないカナー。しかも軽いし。イプシロン250は筒は短いですが、やっぱり光害の影響でフードが必要になりますから結局長さ問題は同じなんですよ。

投稿: MIK(田舎) | 2007/09/17 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/16448314

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅電動ルーフ初稼働! ε250+6303Eも戦闘能力抜群だぜ。:

« 昨晩も超快晴キター IC1848 AOO合成 | トップページ | AOOもなかなかええでー IC1396 »