« デジタル対応補正レンズで一新じゃ ε250 | トップページ | NGC6888 Crescent nebula SAO合成 »

2007/05/19

もうタマンねーぞー!脅威の破壊力 FLI PL16803E

0518m8168sduf_1いやはいやなんとも言葉がゴジャリマセン。今までエッチラホッチラモザイクしていたのはイッタイなんだったんだーってのりです。一応脅威のパワーを原寸でお見せしようとしたんですが4096X4096はアップできやせん^^;2000X2000の1/4に縮小して出しましたが、コリャスゲー。ホントたまんねーぞー FLI PL16803E。USA親父たちも超絶賛のこのデバイス、Hα感度は高いわ、ブルーミングせんわ、めちゃめちゃ冷えるわ(ちなみにかるーく-35度 注:ちなみに隣のST10は-15度でアップアップいってます)。しかもあのIMG630Eをもしのぐメチャ低ノイズ。今回はFLI謹製50mm角型Hαフィルター7.5nmで撮像(これおそらくアストロドン製ですね)したんですが、10分X4枚で脅威のこの写り。もともと6X7判までカバーするSDUF君ですから、周辺の光量落ちなし、しかもフラット。広写野モザイクにはもってこいでやんすね。早速SHOWAさんから40RCDに装着するアダプター一式も到着。1120mm f2.8デススター40RCDで撮像した日にゃー どんな画像が出てくるか!ワクワクしして夜しか寝られません。今年の夏もやっぱりプライムフォーカスが超熱いぜ!
PENTAX100SDUF PL16803E/FLI Hα7.5nm/10minX4/ST-5C+e-finder guided

|

« デジタル対応補正レンズで一新じゃ ε250 | トップページ | NGC6888 Crescent nebula SAO合成 »

コメント

これは何時か機会があったら是非原寸で拝見したいものですね。
しかもHαで40分ですか、、、ひっくり返りそう。

投稿: メーテル | 2007/05/19 18:28

F4.0とはいってもCCDのHaの感度が2倍だからKAIチップでいったらF2.8で写しているようなものですよね。 CCDチップの選択は重要ですね。 F2.8くらいの光学系だとアライメントを気にしないといけないし、周辺減光も大きいから高感度+屈折は正解だと思います。 こんなに広く撮影できるなんて投網みたい。

投稿: TaNaKa | 2007/05/20 07:14

100SDUFってナローバンドで使うにはベストな鏡筒だと思いますね。TANAKAさんが言われるように実効F値で言えば、f4.0といっても反射系のように中央遮蔽もないので有利ですし、しかもスケアリングや光軸調整の面でも屈折の利点ってありますよね。106FSQED+RDの3.6も魅力的ですが流石に見送りでヤンス。

これを4面モザイクで全紙にプリントアウトしてポスターにするのが正しい姿でしょうね。今度CANPに生データ持ってゆきます

投稿: MIK(田舎) | 2007/05/20 21:04

楽しみにしています。

投稿: メーテル | 2007/05/20 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/15119756

この記事へのトラックバック一覧です: もうタマンねーぞー!脅威の破壊力 FLI PL16803E:

« デジタル対応補正レンズで一新じゃ ε250 | トップページ | NGC6888 Crescent nebula SAO合成 »