« 昼は春の嵐で夜は超快晴 タマンねぞーNGC2903 | トップページ | Running Nebula 初めて撮りました »

2007/02/17

NGC3828超焦点+奥座敷仕様はたまらんぜよ

120070214ngc36281xxlmi前回は月夜にプライムで狙った対象なんですが、今回は超焦点でガッチリいただきましたぜ。ガイド星を探すのも、フォーマットがでかいと少々真ん中でなくてもいいですからね^^/ とっても楽チンです。今回もM65-66で使った明るいガイド星があるんで15Hz以上出てましたぜ。本来ならトリミングして作品にするんですがね、小さな銀河がいっぱい写っているんで、ノートリミングで出しちゃいます。結構宇宙って感じがエエでしょ。NGC3628のあのひげ君も写ってきてますねー。シーイングはRMS値が0.2から0.3前後でまあなんとかってレベルなんですが、ほんまよー写りますわ。RCでf7.0てのは露出時間の点からも有利になりますなー。いやー結構マジでSTL-6303Eほしくなっちゃタゼヨ。primefocusにPL16803E/RCにAOL+STL6303Eってのは、デススタードームの名にふさわしい布陣じゃあーりませんか。(大馬鹿モンです^^;)
SHOWA 40RCD RC focus STL11000 /SBIG LRGB(240,30,30,30)/big-AO guided/15Hz

|

« 昼は春の嵐で夜は超快晴 タマンねぞーNGC2903 | トップページ | Running Nebula 初めて撮りました »

コメント

MIKさん、画像上の暗黒帯の様子がなんとも言えないですねー。
妙な立体感を感じます。
やっぱり長焦点はいいなー。F7っていうのも魅力的ですね。

STLも同じ画素サイズってことは純粋にQ.Eで感度は考えればいいので、確かに感度差は大きいんでしょうね。

投稿: uto | 2007/02/17 11:42

画素数が多いのでプリントアウトしてみると結構淡いところまで出力できますね。さすが35mm版はだてじゃないっすね。遠征にはFSQ+STL11000+EM200ってのが一番歩留まりよさげです。

6303EのABGバージョンがいいんですがね、SBIGはチップ持っていないようですね。NABGでFLIとSBIG二台ってのも洒落にならんしなー

投稿: MIK(田舎) | 2007/02/18 00:01

CCD自体はKAF6302ELとなるみたいです。
でも、KAF6302ELは旧式CCDなので、やっぱ感度半分。
ってことは、STL11kの方が高感度ッスよ。

KAF6302ELデータシート
http://www.kodak.com/ezpres/business/ccd/global/plugins/acrobat/en/datasheet/fullframe/KAF-6302LELongSpec.pdf

Kodakのセンサページ
http://www.kodak.com/US/en/dpq/site/SENSORS/name/ISSFullFrameProductFamily

投稿: uto | 2007/02/18 01:13

そうでしたか。THANKSです。やっぱNABGしか販売しないわけはその辺なんですね。

投稿: MIK(田舎) | 2007/02/18 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NGC3828超焦点+奥座敷仕様はたまらんぜよ:

« 昼は春の嵐で夜は超快晴 タマンねぞーNGC2903 | トップページ | Running Nebula 初めて撮りました »