« 北天は何とかいけるぜ NGC2403 | トップページ | 真打登場 懐の深さが違いますFLI IMG6303E »

2006/12/23

ここもタマンねー 自然の神秘ですなー FOXFURのはずれ

120061220coneue2xxhamiFOXFUR Nebulaといえばどーしても前回のようなcone nebulaをフレーミングしちゃうのが定番なんですがね。前回の画像の右上、なんだか海底にあるイソギンチャクのような構造に注目ー(してね)。この先にはもっとニシシな領域がきっとあるーって信じて撮像したらやっぱりありましたぜ。エエ感じじゃねーノー。あえてcone nebulaを無視しちゃった構図ってのが☆ナビさんなんかにはぴったりでしょ。TGならcone写ってねーじゃん 今度はモザイクしてね チョンチョン!なんてのりなんでしょうけどね(大爆)。天邪鬼なあっしにはぴったりの構図ですねー。ここは一発RC長焦点でギンギンに迫っちゃいてーナー。この先にももっとイカシタ領域があるのは昨年ED180でチェック済みですからね、そこと一緒に6303Eでまとめてみるってのもエエかもー。40RCDは6303E/16803Eとプライムでしばらく攻めてゆきたいんで、RC焦点はしばらく使えないなー。でも春先には長焦点で狂拡大も久しぶりにやりたいニャー。デススタードーム2号建造に向けて明日の有馬記念はデープインパクトさんにはぜひとも1着はずしていただきたいねー。あっしの予想はって?、そりゃ天邪鬼ですからデープインパクトの1着はあくまで押さえね。今年のキーワードなんて探さずに、判らんときは騎手で買えば今年の秋はウハウハGI5連勝。先週もGII NEW阪神カップ 福永ー安勝ー武豊で3連単8万馬券 これってめちゃおいしいでしょ。サー明日もデープの2,3着からおいしい馬券を探してみるかねー。

|

« 北天は何とかいけるぜ NGC2403 | トップページ | 真打登場 懐の深さが違いますFLI IMG6303E »

コメント

こういう形状になるに力学的背景がどうなってるかって凄く気になります。 太陽系の惑星だって太陽からの距離が指数関数的にきれいに並んでるのもある作用が働いた結果なのに、球状星団や散開星団はそういうならびになりません。 きっと重力定数と質量・距離の関係によって固有のパターンてのが現れるんだと思います。 木星の衛星の並びも指数関数的に並んでるのが多いのが不思議です。 ミニ太陽系ってことなんでしょうね。 

じゃあシミュレーションで何でも再現できるかというと実はそんなことはなく、特に素粒子の世界では不確定性原理というのが働いて未来を予測できないことが理論的にわかってます。 いやはや謎は多いですね。

投稿: TaNaKa | 2006/12/24 00:50

げ、スゴ・・・
思わず絶句してしまいました。
いいですねー。
うーん、僕も狙ってみたいなー
イプ200でいってみようかなー。

投稿: uto | 2006/12/24 12:19

私みたいな凡人とは狙いどころが違いますね。
それにしても見事なほどの解像度で思わず見とれてしまいました。

投稿: Hamano | 2006/12/24 13:02

この領域なかなかエエでしょ。TANAKAさんが言われるようにほんとなんでこんな形になるんでしょうね。ほんと不思議ですよね。OIIIも撮りたかったんですが結局曇っちゃいました。

今日も有馬記念は 武豊ーペリエー安勝 やっぱ騎手で買うのがいちばんだわ^^/

投稿: MIK(田舎) | 2006/12/24 15:48

うーん、思わず見入ってしまいました。
なんか、水が流れた跡のような構造はまさにミステリアスですね。
宇宙の神秘を感じてしまいました。

投稿: エリー | 2006/12/24 23:06

エリーさん 6303E順調に稼動しているようですね。Hα-で狙ってみるとまだまだ面白いところがありそうですよ。いろんな領域に。

投稿: MIK(田舎) | 2006/12/26 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここもタマンねー 自然の神秘ですなー FOXFURのはずれ:

« 北天は何とかいけるぜ NGC2403 | トップページ | 真打登場 懐の深さが違いますFLI IMG6303E »