« HST風 CED214 月の無い夜に再挑戦じゃね | トップページ | よいこの宿題 バラ星雲超長時間撮像マラソン »

2006/11/13

IC405 おーここもギンギンだぜ!

20061112ic40530d0xxha昨日は近所の市民病院の日直に借り出されて、一日つぶれました。週休1日のアッシにとっては貴重な日曜日がなくなるのは痛いにゃー。でも帰ってみると20過ぎから東条は絶好の好天(ちなみに西脇はドン曇)ですよ。一日がんばった御褒美じゃねーってことで、40RCD発進ーでやーんす。
.この間のNGC7331のカラー画像を撮像後に本日のメイン。まがたま星雲の頭でヤンスよ。Hα-80分なのですがもうすでにギンギンだぜー。いままで見たことのないような構造が・・・今回はなんとST10君が-30度まで冷えちゃってくれたんでダークライブラリーが追いつかないんでちょっと引け具合がオーバーなんですがね・・・AOBでガッチリまとめてみたいこの領域。本日も猛爆撃予定ジャー
SHOWA 40RCD primefocus ST10XME(-30度) ASTRODON Hα-6nm/ 10minX8/125SDP+ST402ME guided

|

« HST風 CED214 月の無い夜に再挑戦じゃね | トップページ | よいこの宿題 バラ星雲超長時間撮像マラソン »

コメント

う、うーん、判ってはいたけれど、改めてRCD40は次元が違うなーと再認識させられました。
凄い描写ですね。

投稿: uto | 2006/11/13 15:04

これりゃあ凄いですね。 どんなカラー映像になるか楽しみです。

どうも週末あたりから鼻の調子が良くないです。 今ひとつ元気も出ない。 寒くなったから体が着いていかないのでしょうか。

投稿: TaNaKa | 2006/11/13 19:54

THANKSです。昨夜はメチャ透明度がよかったのと、-30度まで冷えるとダークノイズがST2000並みになってきますね。Hα-の時間を延長したいですがとりあえずカラー化してみますね。先週末からの寒気で風邪の患者さんが急増してます。fluはまだけんしゅつされてませんが、ウイルス性の胃腸炎が猛威を振るってますご注意ください。

投稿: MIK(田舎) | 2006/11/13 20:26

そういわれますと確かに胃腸がちょっと、と思われる節があるかも。 ウィルスですか。 電子顕微鏡がほしいなあ。 ウィルスを見てみたい。 ってあんな小さいのをどうやって探し出すのか不思議です。

投稿: TaNaKa | 2006/11/13 21:39

ところがね、調べてみたら、ST2Kは案外ダークノイズって大きいです。
見た目は綺麗なので、騙され勝ちなのですが、実際には、KAF系の方が低ノイズなんですよ。
ただ、両者のカメラをきちんと比べようとすると、ちょっとめんどいッス。

投稿: uto | 2006/11/13 22:02

ST2KなどのKAI系はダーク見てると低ノイズに見えますがそうなんですか? うーんだまされてもいいからKAF1001Eのダークノイズはどうにかならんのかな?使う気がおこりましぇん。

ウイルスですが実験に使っていたのですが、細胞の中でしか増えないんで培養が面倒だったですね。今は簡単にキットがある様ですが・・・。実習でも電子顕微鏡って使ったことないな-(単なるサボリ) スライドガラスは使えなくてグリッドに吸着して観察するような構造だったと思います。

投稿: MIK(田舎) | 2006/11/13 22:31

1001と11000のダークを比較してみたんですが、KAFは絶対値が小さくてもばらつきが大きいんじゃないでしょうかね。

そうかあ数を増やさないと探すのが大変だし、数を増やすにも細胞内でしか増殖しないってのが味噌ですね。 
地上の生命体を地球人とするならば、ウィルスって宇宙人と呼べたりして。 

投稿: TaNaKa | 2006/11/13 22:57

カメラごとのゲイン(ADU)が違うので、まずはそれを揃えてから比較しないといけないんですよ。
で、ちゃんと比較するとCCDのスペック通り、ダークノイズがデカイですKAIは。
なので、普通に見ただけだと一見、KAIは綺麗なんだけど、実質的なS/Nは悪いす。

1001のダークノイズって、そんなに非道いんですか。
昔みた本には、画素サイズが大きいほど、ノイズが大と記載されていましたが・・・1001ってダーク見たことないなぁ・・。

投稿: uto | 2006/11/14 00:42

ちなみに、CCDのスペックだけでは、

Dark Current
KAF1603ME <10pA/cm2 @ 25° C
KAI2020M <0.5 nA/cm2 

と、10pAと500pAとかなりの差があったりする。
・・でも、画質的にゃー、そんな違い、判らないですね。

でも、STのKAI系CCDのバイアスはひどすぎるよ。
FLIのはさすがだなと感心しました。

投稿: uto | 2006/11/14 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/12667818

この記事へのトラックバック一覧です: IC405 おーここもギンギンだぜ!:

« HST風 CED214 月の無い夜に再挑戦じゃね | トップページ | よいこの宿題 バラ星雲超長時間撮像マラソン »