« IC1805中心部 詳細はこれなんですぜ | トップページ | もう勘弁してください SHOWA40RCD らせん状星雲AOO合成 »

2006/09/04

別次元の写り・・・ こりゃまいったIC1805中心部

Showangc1805new0xxstps昨夜は夜半から雲ひとつない絶好の晴れ間。透明度も文句なし!お約束どおりIC1805中心部を激写でヤンスよ。ε250でも結構来てたんですがね。元画像をみてモニターの前でしばし絶句。この写りは異常じゃ・・・。シーイングもよかったのか暗黒帯内部のモワモワまでしっかり写っちゃって参りました(縮小画像では潰れちゃいますねー)。それにしてもSHOWAの社長さんのおっしゃるようにこのプライムフォーカスメチャメチャシャープです。カセ焦点を使う意欲を木っ端微塵に打ち砕く勢いですなー。これでSAO合成したらたまらんぜよ。冬の散光星雲はプライムで一網打尽でー
SHOWA 40RCD prime focus IMG6303E /15minX6/125SDP+ST402ME guided with MaxImDL

|

« IC1805中心部 詳細はこれなんですぜ | トップページ | もう勘弁してください SHOWA40RCD らせん状星雲AOO合成 »

コメント

わたしもプライムフォーカス仕様作ろうかなあ。 明るいニュートンミラーと補正レンズを用意すればいいんですよね。 口径35-40cmで焦点距離1500mm前後くらい。

投稿: TaNaKa | 2006/09/03 22:53

TANAKAさんチャレンジしてみてくださいよ。IMG6303Eもすっぽり隠れてしまうくらいの巨大な補正レンズがついてます。このチップサイズでも☆像は周辺まで余裕です。

投稿: MIK(田舎) | 2006/09/04 00:04

以前から企んでいるんですが、32cmF5くらいのパラボラミラーとケンコーのクローズアップ
AC#2 or #3を組み合わせて、SXV-M25をカバーするくらいのイメージサークルを確保するには、
クローズアップレンズは焦点面からどれくらい離すのがベストなんでしょうか?
光線追跡ソフトは手元に有るけど、入力すべきクローズアップレンズの曲率とかが分からん。
多分メニスカスなんですよね?

投稿: GPE-R200SS | 2006/09/04 12:39

ニュートンのコマはかなりクセが強いのでACだとあまり改善が見られないと思います。 強いて言うなら両凸レンズのほうがコマを消しやすいです。
満足いく性能を出すには専用設計でもAPSサイズは2枚、35mm~中判は3枚のレンズが必要になってくるのがわたしの経験です。

投稿: TaNaKa | 2006/09/04 13:44

にたっと思ったのですがNJPには載らないでしょうね。

投稿: メーテル | 2006/09/04 16:24

プライムで、パラコアおいたらどうでしょう?
難しいかな・・?
でも、パラコアはAPSは最周辺でもほぼ満足いく星像だと思います。
知人のデジカメでの結果を見る限り、ですが・・。

投稿: uto | 2006/09/05 12:11

tanakaさん、シュミカセ主鏡直焦点+CCD直前に薄凸レンズでシュミットカメラっての実現させてみてはいかがでしょう?
TANAKAさんのHPに記載があるように、SXVシリーズでないと使えませんが・・・。

投稿: uto | 2006/09/05 12:15

GPE-R200SSさん、10年前の天ガのT.G.ファクトリーに、30cmパラボラを平面鏡で折り返して、
リレーレンズ(確かカメラレンズ向かい合わせ)を介して縮小して、30cmF2.8という光学系が紹介されています。
武藤工業でも、デモ用に作成した?感じです。
ってことは9ミクロン画素CCDで、CV-16くらいなら使えるのか???
折り返せば、NJPでも現実的になります。

TANAKAさん、やっぱりリレーレンズ系はダメかなあ?
折り返しパラボラ+タンデムリレー縮小光学系って方式、結構面白そうと前々から思ってはいるんですけど・・。

投稿: uto | 2006/09/05 12:20

リレーは周辺の光がうまくリレーしにくいのと、やはり一旦結像した像を再結像するので性能は落ちてしまいます。

焦点距離1500mm以上で比較的明るい望遠鏡ってないですから作るならスペック的にはそのあたりで、ラージフォーマットならMIKさんのと同じWynneタイプ、APS以下ならバーダーかビクセンのコマコレ2がいいんじゃないでしょうかね。

投稿: TaNaKa | 2006/09/05 15:24

満足いく性能なんて求めてませんってば。求めだすとMIK先生の領域に成ってしまう。そもそも専用設計なんかしても(ってか設計だけなら私でも出来る)実際には作れない。製造工程でつまづく。あくまで既製品の中でのベストを探してるだけなんだけど。どっかのサイトにAC#2とかの曲率データ無いかな?

パラコア主焦点は考えてます。むしろそれが主眼なんだけど、それだと逆に焦点距離が伸びてFは暗くなってしまう。やっぱ、(星像はともかく)とにかく明るさが欲しい場面は多々有って、反射のコマと屈折のコマが打ち消しあうようにすれば(既製品でも)そこそこ使えるのではないかと。
折返しはなぁ…遮蔽が増えるので暗くなってしまう(明るさが欲しいのに)。銀塩と違ってSXVみたいな円筒形のデジカメなら、無理に鏡筒外に焦点を引き出さなくても良かろうと。海外メーカ見ると、主焦点用にリモートからピント合わせや光軸調整できる副鏡セルなんて売られてるし。FocusMaxの次は、コリメーションMaxだとか。
鏡筒もクソ重たい金属鏡筒のOrion30cmですらGPに載ってるので、金属に対する無駄な拘りを捨てればEM-200にすら載るんじゃないかと期待してます。

投稿: GPE-R200SS | 2006/09/05 15:43

「そこそこ」ってのが満足するかどうかで、ニュートンとACで明るくしようというのはちょっと甘いかな。 そもそもその程度の話なら曲率データもいらないのでは。

投稿: TaNaKa | 2006/09/05 17:04

折り返し、リレーレンズ系を内蔵してしまいますので、中央遮蔽は思った程は大きくならない様ですよ。っても、たぶん、点がで試作しているのだって、きっと、40%くらいはとっているのではないかなあ。
で、縮小リレーレンズ系で、F値はぐっと明るくできます。
でも、星像は期待薄かな~。
きっと、I.I+NTSCビデオ信号での撮影には満足に足る光学系になるんですが、高精細なディジタルCCDカメラでは厳しいんでしょうね。
ST9Eクラスなら使えるのかも・・。

投稿: uto | 2006/09/05 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別次元の写り・・・ こりゃまいったIC1805中心部:

« IC1805中心部 詳細はこれなんですぜ | トップページ | もう勘弁してください SHOWA40RCD らせん状星雲AOO合成 »