« お気楽Hα撮像マシン NIKONレンズ再利用編 | トップページ | スケアリングエラーよりもピンボケじゃな »

2006/08/11

極彩色の北アメリカあっしいいと思うんだけどねー

Ngc7000ungsumlrgbmixddp_1満月なんてなんのその!わが軍のナローバンド砲は頼もしい限りです。昨晩撮像した北アメリカ極彩色バージョンでヤンス。満月なんで光軸+スケアリング調整のみに使用科と思ったんですけどあんまり透明度がエエンデ撮っちゃいました^^; 昨年はε200+ST10でブライトリウム部分のみを狙ったんですがね、今回は6303Eで北アメリカ全体を爆撃してみやした。なかなかエエでしょ。SIIの分布が特徴的で、丁度メキシコあたりのモワモワ感と、テキサスあたりのOIIIの色合いがたまりませんな。ブライトリウムの立体感も昨年のバージョンより一枚上です。やっぱ夏のほうがシーイングで有利ですねー。透明度のいい日が続いてほしいぜ!。TGさんも観測用画像なんていわずに、北アメリカ=赤って 固定観念は捨ててこんなのもありって認めてほしいにゃー。FSQなみに歩留まりのいいε250+IMG+長時間ナローバンド放置プレーは 結構はまるぜ。
TAKAHASHI ε250+IMG6303E ASTRODON SAO合成 6nm 10minX各8/Hercleus maunt /75SDHF+ST5C guided

|

« お気楽Hα撮像マシン NIKONレンズ再利用編 | トップページ | スケアリングエラーよりもピンボケじゃな »

コメント

ブライトリムがなんともいえないですね。
立体感がイイ・・!

そうですねー、HSTやすばるがあれだけナローやらIRやらを使って撮っているんですから・・。

観測の部は観測の部で、もっと観測らしいものを強く前面に押し出して欲しい気もしますし。

*今月の・画、同じ木星でも、かたや観賞写真、かたや観測写真。これは判るのだけど、木星は観賞写真なのに、水星は、観測写真。
水星は観賞には値しないっての?


投稿: uto | 2006/08/11 02:06

いやほんと立体感が何とも言えませんです。
何か未だ既存天体写真の呪縛から逃れられないのでしょうね。
機器、技術は日進月歩なのに。

投稿: メーテル | 2006/08/11 18:07

THANKSです SII/HAの混在領域ってこのように立体的に見える場所が多いですよね。Hαの画像を見てると結構ありそうな場所は予想できますぜ

投稿: MIK(田舎) | 2006/08/11 23:01

海外サイトではSXV-M25CでHαやってるかたがいてちとびっくり。
ビニングしたりしなかったり。

投稿: メーテル | 2006/08/12 00:18

SXVM25Cでやってみましたよ。デモねーちょっときついです。NBN-PVかLPS-V3がいいですよ

投稿: MIK(田舎) | 2006/08/12 09:40

MIK先生、どうもはじめまして。ROMオンリーでしたが、書きました。
もっとナロー見せて下さい。ナローを面白さを見せつけて下さい。特にブライトリム。今度はペリカンの首根辺りのを。

投稿: TakeAratus | 2006/08/12 15:47

はじめまして TakeAratusさま
デススター到着時にはペリカン君のうなじを2800mmで狙いますね ご期待ください。ようやく8月24日に実戦配備されます。

投稿: MIK(田舎) | 2006/08/13 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極彩色の北アメリカあっしいいと思うんだけどねー:

« お気楽Hα撮像マシン NIKONレンズ再利用編 | トップページ | スケアリングエラーよりもピンボケじゃな »