« うーん またやってもた 北の国からこんにちは。   | トップページ | M16恒星減算画像 »

2006/06/09

うーん ここまでやるか USA親父

Astrodonうーん今日は抜群の透明度で快晴なんですが・・・満月なんですな。仕事も忙しいので撮像する元気もないんですが・・・。梅雨といえば軍拡!それを見越してかASTRODON親父からまた新製品情報が・・。FSQ106のカメラ回転装置は抜群の精度なんですが、とにかくバックフォーカスが短いんでこの形しか無いと思っていたんですがねー。リモートで使っているともうちょっと構図を変えたい!なんて時がちょくちょくあるんですよ。そこでDON親父の新製品。なんとFSQの回転装置までロボで回しちゃおうっていうすぐレモンですよ。その名もなんとTAKometer(Remotely Controlled Camera Rotator for Takahashi Refractors)なていうお茶目なネーミングですねー。これで寒い夜も家でぬくぬく、CCDはぐるぐる回っちゃうっていうなんとも頼もしいやつでよ。$895っていう良心価格で大奉仕。あなたのFSQもROBO2台装着で一気に完全自動撮像装置に変身しちゃいますぜ。

|

« うーん またやってもた 北の国からこんにちは。   | トップページ | M16恒星減算画像 »

コメント

これって、、、まずい誘惑。

ピント調節に座ったままの味を占めたら今度はカメラ回転ですか、、、流石アメリカ人だね。

私はスライドフィルターを移動させたいす。

投稿: メーテル | 2006/06/09 23:49

学会から帰って来ますた。つーかこのAA…、
MIK先生も2ch好きですねぇ。まぁ拘束時間が長過ぎで
フラストレーション蓄積される職業の人が多いけど。

ところで以前、OAGのグルグルも有りましたが、あれと
連動することを前提に、両方合体した奴作れないですかね?
三ツ星OAG使ってていつも思うのですが、OAGを360°!回転
出来て、その時カメラは回転しない、ってのが欲しいな、と。
以前のAstro丼OAGグルグルだと、スリットでウォームホイール
回して、その前後を固定する部分が必要だったので、360°は
回転不可でしたが、OAGの前も後ろもROBOでグルグル回して、
それを反対方向に回るようにすれば、OAG回して、写野回さ
ない、とか出来るはず。もちろんその逆も。
合体してしまえば、光路長も節約できるし。

この分で逝くと、5年もすれば赤道儀なんて面倒なモノも
不要になって、すばるやなゆたみたいに経緯台で撮影できる
ように成るかも。
おフランスの量産型2m鏡載せませんか?>MIK先生

投稿: GPE-R200SS | 2006/06/11 03:03

あっしもビロニストの仲間入りをしたんでこのAAです。うーんNew FLI資金が・・・

投稿: MIK(田舎) | 2006/06/11 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うーん ここまでやるか USA親父:

« うーん またやってもた 北の国からこんにちは。   | トップページ | M16恒星減算画像 »