« M8 ナローバンドSAO合成 なかなかの出来じゃ^^/ | トップページ | まあ夏の定番を一発 NGC7000 »

2006/06/04

M8から天の川の中心へ

M8mozaiku今回はモザイクでM8から天の川の中心方向にHα-領域をまとめてみました。雰囲気はエエンデすけど、星が多いのでおもったよりSN比が上がりませんなー。恒星減算をセナこりゃいけましぇんな。露出を伸ばすと低空なんでドンドンバックの条件が変わっちゃうのも悩みどころです。オーストラリアでとったら天頂越えですからね。撮像も楽だろうねー
栃木ニコン300 F2.0開放 /FLI6303E/ASTRODON Hα-6nm/5minX5X6写野モザイク/Hercleus maunt/unguided

|

« M8 ナローバンドSAO合成 なかなかの出来じゃ^^/ | トップページ | まあ夏の定番を一発 NGC7000 »

コメント

シュミットカメラで撮影したようなコントラストですね。 観客からするとこれでも凄いと思いますが、ご本人はそれでも満足できないんですか。 麻薬的趣味ですね。 M8の右側にあるベールのようなものが気になります。

投稿: TaNaKa | 2006/06/04 21:57

ホント、イメージ的にシュミカメですね。
銀塩的星像を得るには20メガ画素とCANPで銀塩のベテランがお話してくれましたが、これ、何メガピクセルなんでしょ?

それにしても、STL-11Kは破壊的な性能でしたねー。
やっぱり、画素数が多いってのは凄い。

投稿: uto | 2006/06/05 16:38

もう少し透明度がいい空だともっっと映るんですが・・
光害よりも高度が低くなるにしたがってコントラストが落ちちゃうのが難しいところです
これで7000X6000で4200万画素です

投稿: MIK(田舎) | 2006/06/05 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M8から天の川の中心へ:

« M8 ナローバンドSAO合成 なかなかの出来じゃ^^/ | トップページ | まあ夏の定番を一発 NGC7000 »