« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

こりゃー たまらんちん! ε250+IMG6303E

Mperikane200mixddpps_1新型フリゲート艦は ななーんとカメラカウンターウェイト5Kg! 総重量55Kg!でもほいほい乗せちゃうヘラクレス君偉いねー。今日は昼から久々の全天快晴!期待してたんですがねーテスト撮像で終わっちゃいました。でもそこはさすがε250 明るい光学系はエエネー 40分でもホイこのとおり。いきなりナローバンドってのもどうよって感じですが、夏特有のもやもや天気でもキマスネー。北アメリカ星雲でなくイプシロンの画角にきっちり収まっちゃうペリカン君狙いです。結構淡い部分は写らん領域なんですが、新型フリゲート艦はええ仕事してますねー。コレジャーCS4.5nmでもギンギンにきちゃうぜ キット。あと一歩光軸は追い込めそうなんですが、IMG6303Eのチップサイズなら何とかOKでしょ(許してチョ)。600万画素いっぱいに広がるペリカンはあんた結構迫力でっせ!あとこの3倍露出をかけてみたいですねー。この焦点距離で狙いたいHα領域って結構あるんよね。夏が楽しみだぜ。いやーこの秘密兵器で、オーストリア直送シュミットカメラ+6303EのWalfgang USA親父をギャフント言わしてみたいですねー。
TAKAHASHI ε250 FLI IMG6303E(-30度) ASTRODON Hα6nm/10minX4/Hercleus
maunt/75SDHF+ST5C guided

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/06/28

こりゃでかい・・・・重いのなんのってε250

Img_2105いやー重いのなんのって 32Kg(正味)はきついぜ。あのC14をもしのぐ重さでやんすね。参りましたぜあっしは。もうこの筒は下ろせませんねー。ガイド鏡にFSQ+FC60を乗せてやろうとしてたんですが、SRにあたっちゃいますな。いざとなったらピラーを30cmくらいぶった切る覚悟が必要です。とりあえずガイド鏡にはSDUF君に再度ご登場願いましょうかね。この梅雨時分にしっかりセットアップして、1SR=1鏡筒運動を展開セナいけませんな。でもテスト撮像もできない天候がまだまだ続きそうだニャー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/26

イプシロンの思いやりネジ ニシシ

Ipu200setugan雨雨降り降りでなんだか仕事も忙しい。夏にはちょっと休養できる時間があるんですがね。今年はなーんか変!?。市民病院がとうとう外来閉鎖するのか・・じゃんじゃん紹介患者さんがやってきてこっちは夏だというのに撃沈寸前です。ε250はフードも取り付けて出撃準備完了なんですがね、雨降りで鏡筒乗せ変えもままなりません。接眼部の対側になんだか意味深なネジがきってあってなんじゃろかーと思ってましたら、ちょうどTAKAHASHI 65mmP型のバランスウェイト軸がすっぽり入るじゃないすっか!?重い重いFLI6303E+CFW7を取り付けたら思いっきりバランス狂っちゃいますからね。これ幸いとバランスウェイトつけちゃいましたぜ。これで赤緯方向のバランスもらくらく解消ですな。本当の使い道は何なんだろーって一人悩んでます。まあいいか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/06/25

ちょっと愚痴です 医療崩壊はすぐそこか?

Iryouいやーずーっと雨降りで☆屋さんにはつらい季節ですねー。今日は医師会の休日センター出務で一日潰れました。まあ病院当直よりはよっぽど暇なのでかねてより読んでみたかった本を読んじゃいました。「医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か」です。今の日本の医療の現状・特に勤務医のおかれた立場・風潮を的確に表していると思いました。世界中でも高度で安価な医療を提供しているのは、勤務医の先生方の献身的な労働の産物であるという事実をもっと広く国民に知ってもらう努力が必要だと思います。が・・・既に私が勤務医をやめるころから一部で見られていた事態が予想以上に広がっていることを実感しました。産科・小児科医療が危機に瀕していることは報道されますが、それは循環器・消化器内科や外科という診療科にもすぐに訪れることは容易に想像できます。私が医師になった20年前で既に一般外科への入局者は激減していましたから・・・。特に大都市以外では、通常の入院治療もままならない都市が各地に出てきています。当地の市民病院でも、医局からの派遣が途絶えて内科医師がこの数年で半分になり、既に常勤医だけでは入院病棟の維持すら難しい状態に直面しています。とうとうこの9月からは開業医が日曜日の日直に出務する事態になる予定です。勤務医先生の奴隷的労働でささえられた国民皆保険制度と米国流の医療訴訟社会では、若い優秀な医者たちはリスクの高い診療科を志さないのは仕方が無いことですね。10年以内にはいままで社会に貢献した皆保険制度は崩壊し、外資と一部国内のハゲタカ医療保険に国民の財産が食いつぶされていくのはミエミエなんですがね。異常な高齢化という社会構造の大きな変化があったにしろ、自民党どころかこの国の将来をも壊してしまった首相の責任は大きいねー。
今医者の間で嘲笑を買っているflash 心の底から私は笑えませんでした・・・。
http://doropon.smithpatch.net/yametai.html
http://doropon.smithpatch.net/hekichi.html
http://www.bekkoame.ne.jp/~isop/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/06/23

FLIのスゲーマシン 最終兵器じゃな

Fliまーたく晴れてくれませんし、デススターXもくる気配なし。まったく進捗ありません^^;だいじょうぶかいな?こうなりゃ星より機材だってわけでFLIのサイトをみてたらなんと最終兵器が出てましたねー。最近FLIのメーリングリストでも話題になってたんですが、KAF16083Eなんかの超ラージサイズチップ用に50mm角フィルターを引っさげて登場です。こりゃースゲーナー。USA親父もやけに御執心なようで次の秘密兵器はこれかいな?いやーこんなもんで、B51のように猛爆撃された日にゃモザイクでシコシコやってるあっしは爆死してしまいそうですぜ。トホホー でもQE95%のfairchaildのCCDは化けもんかいな・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/20

うーん BITRANより安い

Sxvh16こう梅雨空がつづくとやんなちゃいますねー。晴れてても水蒸気モワモワだし・・。てなわけでJohn親父のサイトを見てるとSXV-H16の価額がでとりやした。5386$ ちょっと円安になったとはいえ1$=115円台ですからね。うーんBITRANより3割引かよー。ダーク減算の問題はありそうなんですが、このサイズのABGチップは貴重だーねー。本当ならFLIのCM10のbodyにこのチップをぶち込んでくれたら万々歳なんですけどね。うーん昨年に続いて梅雨時期には無駄使いを誘発するので要注意ジャー

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/06/19

M4付近のイカシタ散光星雲

M4先日試写していたM4付近のイカシタ領域ですがね。今回は露出時間を延長して再挑戦です。うーんこのモヤッタ天気はどうにかならんのかね。水蒸気多すぎ!。低空の対象はいくらHαで光害の影響が無いといってもねー この透明度では・・・。ここはいっちょ天気がええ日に遠征して撮像したいニャー。オーストラリアで撮るとこいつは天頂付近ですからねー。いい絵が撮れるだろねー おいらもいきてー オーストラリア。
栃木NIKON 300mmF2.0 開放10minX6/ASTRODON 6nmHα/Hercleus maunt/e-finder guided

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/06/16

冷えぬなら冷やしてしまえSXV-guider

Sxvguiderreikyaku
先日テストしていたスターライトAOなんですが、WEBカムでガイドしろっていわれてもねー。それならAOの意味無いじゃんってわけですよ。ほんなら、いっちょCCDスリーブごと冷やしちゃったらどうなるかっていうとこです。コンパクトなSXV-guiderが物々しいいでたちになっちゃいましたねー^^;。とりあえずは冷却してノイズが減れば8-9等星までは十分ガイドに使えそうでやんすからね。これでバックフォーカス63mmっていうスターライトAO本来の役割も出来るっていうもんです(ありがたやありがたや)。ただーし冷やしすぎると結露の心配がありますからねそのへんはちょっくらテストしてみないといけませんねー。一応センサー温度計まで装備してもらっちゃうっていう念の入れようです。これがうまくいったら、ε250のバックフォーカスに63+19mmでスターライトAOが装着出来ちゃうっていう超面白いシステムになりそうでヤンスね。でも800mmじゃーいらねーよなー。企画倒れの予感か・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/15

梅雨は着々と機材の整理をしとります

Img_2101この巨大な筒は本当に「バーカ」の領域ですねー。ROBOが小さく見えます。スターライトAO用に三ツ星さんのoff-axis guider4を新調してあげたんですけどね、ε250のバックフォーカスって神をも恐れぬ84.2mmっていうじゃあーりませんか。これだったら「off-axisついちゃうぜ」ってわけで、125SDP用のM92-off axis guider4のリングでジャスト52mm CFW10+ST10は32mmのバックフォーカスですからねあわせて84mm(すんばらすい)。これでナローバンド三昧でもガイド鏡いらねーや(ニシシ)。SXVシリーズならさらに余裕で合焦しちゃいますんで超ありがたいですねー。鏡筒バンドと合わせて40Kgあるこの巨鯨、さあSHOWAで組み立て段階に入って6月中にファーストライト予定のデススターX「Night panther」とあわせて大活躍しておくれよ 頼むぜ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/13

トカゲ座散光星雲

Tougoutokage_1先日から撮像していたトカゲ座の散光星雲です。下半分は栃木ニコンの画像を合成して一応完成しました。さすがF2.0 上半分とSN比が全然違いますねー。月の無い夜に上半分も栃木ニコンで撮像してきっちり仕上げたいですなー。梅雨明けまでには一日くらいは晴れてほしいねー。今晩も一応晴れてるんですが満月なんで撮像できません。うーん週末はまた雨だもんね。ついてないねー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/06/11

M16恒星減算画像

Wasigensastmixddp梅雨空+満月の組み合わせではどーすることもできやせん^^; 開店休業状態でやんすよ。てなわけで先日のM16のHα画像からRC画像を減算してみました。CSの31.7mmRCフィルターはちょっと星像がでかくなっちゃうんですよね。明るい星の周りに黒リングが出ちゃいます。ASTRODONからはRCフィルターが発売されてないんでこの組み合わせだと厳しいかねー。やっぱりCS4.5nmHαと10nmRCフィルターの組み合わせでナイトだめなのか?うーんわからん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/09

うーん ここまでやるか USA親父

Astrodonうーん今日は抜群の透明度で快晴なんですが・・・満月なんですな。仕事も忙しいので撮像する元気もないんですが・・・。梅雨といえば軍拡!それを見越してかASTRODON親父からまた新製品情報が・・。FSQ106のカメラ回転装置は抜群の精度なんですが、とにかくバックフォーカスが短いんでこの形しか無いと思っていたんですがねー。リモートで使っているともうちょっと構図を変えたい!なんて時がちょくちょくあるんですよ。そこでDON親父の新製品。なんとFSQの回転装置までロボで回しちゃおうっていうすぐレモンですよ。その名もなんとTAKometer(Remotely Controlled Camera Rotator for Takahashi Refractors)なていうお茶目なネーミングですねー。これで寒い夜も家でぬくぬく、CCDはぐるぐる回っちゃうっていうなんとも頼もしいやつでよ。$895っていう良心価格で大奉仕。あなたのFSQもROBO2台装着で一気に完全自動撮像装置に変身しちゃいますぜ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/07

うーん またやってもた 北の国からこんにちは。  

Ep2502せっかく旗艦ムーロン300を処分してデススターX到着を心待ちにしてたんですが・・ ウントモスンとも音沙汰がないんで・・・以前から物色してたイプシロン250をヤフオクで購入しちゃいました^^; ほんとバーカな領域に突入です・・・やれやれー。ED180はIMG6303E装着したらさすがに接眼部がたわむのか、周辺像がいきなりいびつに・・・・ でもこの鏡筒重いのなんのって、鏡筒のみで32Kgってんですからこりゃ驚きです。うーん一人で設置するのはむりじゃな。しかも主鏡の調整ねじナンゾは見当たらず、斜鏡の調整ねじのみ。センタリングアイピースでのぞいてみようとしましたが、補正レンズがでかいのなんのってセンタリングチューブすらつけられません。さすが接眼部はめちゃ強大堅牢で、これならIMG6303Eを装着しても余裕でぐるぐる回転しちゃいますぜ。とりあえずTAKAHASHIでレストアしてもらおうかと考えてます。こんなことなら素直にBRC250かFSC250にシとけっていう声も聞こえてきそうですが、SRの高さがないんでどうしても筒の長さに制限が出ちゃうんですよ。うーんこの超レアな逸品 今度こそは使いこなせるかどうか乞うご期待。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/06/06

Sh2-54 恒星減算画像 これは極めたいぜ

Sd11102xhagensanmixddp天の川の中のHα画像って結構星の数が多いんでSN比が上がらないように見えるんですよね。テナわけで今回はレッドコティニュアムフィルターで恒星減算してみました。ちょっと星の大きさがあわないんで黒いリングが星の周りにできちゃったんですがね。なかなかのもんでしょ。雰囲気出てますねー。もう少しHα画像のSN比をあげておいてやれば完璧なんですがね。この方法でモザイクするのは大変ですからね。やっぱり1ショットで勝負できる領域を探さないといけませんなー。でも結構今まで見慣れた画像とはちょっと違う、オヨヨーな画像が出てきたりして・・・こりゃー期待大でっせ
TAKAHASHI FSQ106 ST10XME/CS4.5nm Hα10minX5/CS10nm red continuam filter 5minX3/EM200 FC60+ST402ME guided

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/05

まあ夏の定番を一発 NGC7000

Ngc7000sigmamixddp入梅目前で相変わらず天気悪いですな。今年お初のNGC7000でやんすよ。昨年しぇっかく9面モザイクで応募してあげたのに見事落選させられた領域ですからねー今年は、ガンマ星の続きは超ギンギン路線で☆ナビさんに挑戦するぜ。てなわけでいきなりギンギンいっちゃいましょうか。今回は栃木ニコン+IMG6303Eで10分X5枚で9枚モザイクでNGC7000からケフエス座のアソシエーションまでモザイクしてやろうととんでもないことを考えてます。乞うご期待
栃木NIKON 300mmF2.0 FLI IMG6303E/ASTRODON 6nm Hα/10minX5/Hercleus/e-finder ST5c guided

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/04

M8から天の川の中心へ

M8mozaiku今回はモザイクでM8から天の川の中心方向にHα-領域をまとめてみました。雰囲気はエエンデすけど、星が多いのでおもったよりSN比が上がりませんなー。恒星減算をセナこりゃいけましぇんな。露出を伸ばすと低空なんでドンドンバックの条件が変わっちゃうのも悩みどころです。オーストラリアでとったら天頂越えですからね。撮像も楽だろうねー
栃木ニコン300 F2.0開放 /FLI6303E/ASTRODON Hα-6nm/5minX5X6写野モザイク/Hercleus maunt/unguided

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/02

M8 ナローバンドSAO合成 なかなかの出来じゃ^^/

M8allcomblrgb昨日は抜群の透明度で絶好のナローバンド日和でしたねー。SIIとOIII撮像する日はこういう日に限るニャー。前回のHαに続いて長時間露出でがーっちりいただいちゃいました。昨年STL1001Eで結構SII,OIIIの分布がええ按配なんで期待してたんですが うひょひょーって感じです。まあ赤くないんで観測用画像に認定されちゃいそうですがね^^; B画像も撮ってAOBにしてもよかったんですが、おいらはやっぱりナローバンド一直線!ギンギンに露出しちゃいました。今回はバックもほぼニュートラルになってきたんで、こういうM8もありって言うことでよろしくね☆なびさん。
TAKAHASHI FSQ106 ST10XME/-20度/ASTRODON 6nm parafocal narrowband filter/SAO(100,80,80)/EM200+FC60+ST402ME guided

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/01

Sh2-54 ここもデススターX Night Panther指定領域じゃね

Sh254hamixddpps昨晩は11時過ぎからうす雲が取れて、天の川も見える快晴に。こりゃー出撃だーってんで、保険請求の準備が終わってから撮像開始。薄明までがっちりいただきましたぜ。まずは一番手のSh2-54のHα画像です。前回の栃木ニコンでM16の北側にワシャワシャと広がるイカシタ領域ですね。M8のナローバンド合成の残りをしつこく撮像した後だったので50分しか露出がかけられませんでした。今回はレッドコンティニュアムフィルター減算をもくろんじゃったんでちょっと時間が足りませんでした。構図もいまいちかねー。でもこの領域なかなか淡いけど暗黒帯の様子がデススターNight Pantherの獲物にはぴったりでやんしょ。ここにはOIIIもあるとにらんでますんでAOOかAOBでがっちりいただいちゃいですねー。でも6月になっちゃった。デススターまだかなー。待ってる間に旗艦ムーロン300処分金で衝動買いしちゃいました・・とほほー・・北の国からこんにちは! 今度の大砲はすごいぜきっと。
TAKAHASHI FSQ106 ST10XME/CS4.5nm Hα10minX5/EM200 FC60+ST402ME guided

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »