« へび使い座の巨大散光星雲前半の巻  | トップページ | あーあー もう入梅カー »

2006/05/26

旗艦ムーロン300 退役

Doseisaishuu昨年から我が軍の旗艦を勤めてきたムーロン300突然の退役でヤンスよ。某巨匠にわざわざ取りに来ていただき、当兵庫県の新天地で任務に就くことと相成りました。そのうち巨匠の手で、すごい惑星像が雑誌をにぎわすことになると思います。皆様ご期待あれ。ムーロン300で我輩のベストショットとなりました土星をUPして敬意を表したいと思います。うーん使いこなせなくて済みませんでしたタカハシさん。今後我が軍の旗艦にはFSQ106が就任いたします(ペコリ)。

|

« へび使い座の巨大散光星雲前半の巻  | トップページ | あーあー もう入梅カー »

コメント

今夜の木星は良く見えました。 でも雲が・・・。 天気が崩れる前はシーイングがいいですね。 ムーロンの任務先決まりましたか。 おめでとうございます。 やっぱり主鏡は固定がいいですね。 こっちの14インチは主鏡動かすたびに木星数個は平気で動きます。 ぶん殴ってやろうかと何度思ったことか。 逆にいつもカウンターウェイトに叩かれてます。 まさにカウンターパンチ。

投稿: TaNaKa | 2006/05/25 23:58

お嫁入り決定ですか、、、
FSQはもうそろそろ買い納めなんでしょうね。

私は何時もNJPにぶつかって次回はTaNaKaさんのソフトで極軸を合わせねばです。
導入時に少しずれます。

投稿: メーテル | 2006/05/26 12:36

ムーロン300の退役、悩ましいところですね。

私のところでは、曇りと雨続きで、機材の整備ばかりです。

そして、NJPの就役と同時に、LX200GPS-30は予備役に編入、
Y光器でチューニングしてもらった、C11-CFが旗艦となりました。
FSQ-106は短焦点駆逐艦として活躍してくれています。
C11-ALがASC11として改造から戻ってくるのが楽しみです。

余談になるのですが、C11-CFをNJPに載せてみて、軽いのに
驚きました。富田式ミラーシフトロックと電動フォーカサー
とnFocusの組み合わせで、眼視観望も撮影も楽でした。

投稿: K&R | 2006/05/26 19:31

ASCは思ったより「でかい」「重い」というのが第一印象だそうです。 重金属ばかりで申し訳ないです。

体重88kg対望遠鏡200kgですからぜったいにいつも負けますが、極軸だけはなかなかずれません。 近くでしたら極軸セッティングぜひしたいです。 けっこう好きですセッティングの追い込み。

投稿: TaNaKa | 2006/05/26 21:37

何時も夕方着いてバタバタと準備で局軸のずれを忘れてます。
撮影途中でH嘉さんから「?」と言われてます。
懲りない奴。
近くなら良いですね、一度utoさんが遊びに来たいと確か言ってた様な、、、

投稿: メーテル | 2006/05/26 23:10

極軸の追い込みは、後の楽しみができますから、
楽しいですね。頻繁になるとしんどいですが(苦笑)

NJPはベランダに据付ですが、室内からの操作だと、
赤緯方向のずれはなし、赤経度方向のずれは±1~2秒角
くらいに収まっています。
シンチレーションの方が問題ですね(苦笑)。
調整にはFSQ-106にバーローを付けて誤差チェックをしながら
調整し、最後はまとめて追尾誤差のチェックということで、
五時間くらいかけています(苦笑)。

FSQ-106でノータッチでも、10分露光でも、星像は●
(微光星は■・SXV-H9でのことですが)になります。
EM-200では、FS-60Cにレデューサーを付けて300mmくらいで
5分が精一杯でした。

ASC-11が楽しみです。

投稿: K&R | 2006/05/26 23:10

ムーロン300は当地のシーイングでは結局は厳しかったです。惑星はやっぱりシーイングがすべてですからね。
現在機材整理中です。自宅にはナローバンド部隊のみになりそうですね。

投稿: MIK(田舎) | 2006/05/26 23:25

たしかにEM-200で★が●になるのは焦点距離が500mmくらいまでのような印象を持ってます。 NJPはその倍くらいかなという感じでしたが、GNに変えてからはその数~10倍でも確実に●になってくれます。 GNの追尾精度がいいのは確かですが、重量があることで外力からの影響が小さいことも事実だと思います。

投稿: TaNaKa | 2006/05/26 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旗艦ムーロン300 退役:

« へび使い座の巨大散光星雲前半の巻  | トップページ | あーあー もう入梅カー »