« M88周辺の銀河群 | トップページ | デススターX名称決定 »

2006/05/17

Flatはどうしようかね

FlatデススターXのフラットをどうやって撮るかちょっと悩んでるんですよね。望遠鏡と一緒にドームが回転しちゃうってことはスリット部分にフラット版がいるわけ??それじゃー面倒じゃねー。望遠鏡とドームを連動させないモードってのがあるのかねー。John親父のところにELシートを使ったのが出てるんですが13インチが最大だと。16インチのすっぽり入るフラットシートってメチャ高いしハンドリングも悪そう。スカイフラットとる根性はあっしにはありません。ちょっとこまったぜよ・

|

« M88周辺の銀河群 | トップページ | デススターX名称決定 »

コメント

ふらっと板ですが、無限遠にピントを合わせている以上、筒先におくだけであれば、切れ目があっても問題ないですよ。ピンぼけだもの。

つまり、A3を何枚か並べて使ってもOkです(これもちょっと作るのは大変ですが・・)
気になるなら、ふらっと取得時に、1枚目と2枚目を少し回転させて、最後に合成しちゃえば平均化されてさらに問題なくなります。

でも40cmの筒先にいちいち置くのも大変そうですね。

投稿: uto | 2006/05/17 10:11

わたしもそのEL板を考えたのですが14インチなので躊躇しました。 よって開口部に半透明板を置いてドームスリットからの光を光源にしてます。 スリットから直射日光が入るとだめですが、空全体からの入射ならきれいに決まります。 この場合スリットはレンズでいうところの絞りに相当しますので、絞りの形状にかかわらず板の上には均一な光が照射します。
 http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/temp/flat.jpg
下のケース。

投稿: TaNaKa | 2006/05/17 11:25

MIKさんにメールは差し上げましたが422×611mmのA2版シートありますよ。

投稿: メーテル | 2006/05/17 11:52

ほんとだ。 探すとA1サイズまで売ってるんですね。 買おうかな。

投稿: TaNaKa | 2006/05/17 12:21

私が勧めたサイトではA2までありんした。
422mm×611mm

投稿: メーテル | 2006/05/17 12:32

メーテルサンに教えてもらったとことでELシート買いました。A2では16インチ苦しそうですねギリギリです。A1サイズさらに高い・・・
それと鏡筒蓋が電動開閉だそうでこれも障害になりそう。こまったぜよ。

投稿: MIK(田舎) | 2006/05/17 21:12

業者に問い合わせたら50cm x 50cmでも作ってくれるそうです。 

投稿: TaNaKa | 2006/05/17 21:52

ELシートでフラット撮影するためには明るさが調整できないと
難しいのでフラット撮影用の明るさ調整のできるEL用インバータは、
多くの依頼があり沢山作り、多くの方に使ってもらってます。
作り方は、私のHPで公開しています。
それと、ELシートは、大きさ、形を自由に切って使えます。

投稿: Orca | 2006/05/17 22:28

ちょっくら行ってきま~す。
星の野原の巡礼道。
なんで星かって・・・??
よくわからないまま出発しま~す。
私の「世界不思議発見」スペイン版。
雨の多い地方のようでちょっと心配。
人生二度目の海外脱出。
見て聞いて、食べて飲んで!
た~くさん感じてきます。

投稿: たみ | 2006/05/18 04:32

>それと鏡筒蓋が電動開閉だそうで

裏蓋にELシート張っちゃえばいいんじゃあ?

ELシート、確かに明るさが調整できないと難しいですね。
実は明るすぎてL画像は取得できませんでした。
ASCにはちょうどいいくらいかも・・。

投稿: uto | 2006/05/18 17:28

フラット板ですが、私も、一年半くらい前に
LEパネルを使って自作しました。

当時は、LX200GPS-30がメインでしたから、
A2パネルを40×40cmにカットしてもらいました。
減光が必要ですね。

そして、結果は良好でした。撮影画像を見て、
これは行ける、と思った時は、撮影終了段階で
フラット板を取り付け、フラットフレームを撮影
し、補正に使っています。

これだと、撮影時の環境とのズレがほとんどあり
ませんから、きれいに補正されます。

投稿: K&R | 2006/05/18 20:51

電動開閉は中央部からチューリップのように開くような・・・納品されてみないと分からんのが現状なんですよ^^;
ELシートの減光は、スモークのアクリル板を2枚くらい重ねておけば問題ないですよ。強度も上がるしこれが一番安上がり

投稿: MIK(田舎) | 2006/05/18 21:44

撮影環境を揃えないと高度なフラット補正ができませんからEL板はありがたそうですね。 紙を挟んで減光ってわけにはいかないんですかね。

投稿: TaNaKa | 2006/05/18 21:45

ELシートの減光には、車用の透過率13%のスモークシートを使っています。
3mm厚のアクリル版にELシートを貼り付け、2mm厚のアクリル板、拡散フィルター・スモークシート
の順に重ね、最後に拡散フィルターと3mm厚のアクリル板を発光面に固定しています。
これでもフラット用には明るいですから、スモークシートと拡散フィルターのペアを
もう一組入れた方が良いかもしれません。
URLのような感じになります。撮影が終わったら望遠鏡等はその格好のまま赤道儀の動きを止め、
筒先にひっかけて、フラットを撮影します。

普通の紙でも試してみたのですが、ムラが出てうまくいきませんでした。

投稿: K&R | 2006/05/19 21:24

なるほどそこまで減光しないといけないんですか。 ELシートの均一性が高ければ点滅式にして点滅レートで光量を調整するのもよさそうですね。 タイマーがあれば発光時間でもよさそうです。 引き伸ばし機のタイマーが使えるかも。

投稿: TaNaKa | 2006/05/20 13:35

大体FSQではwhiteのELシートにスモークアクリル板1mm厚を2枚重ねて、ST,IMGともに3秒露出くらいで大体バックが20000位になります。あまり速いシャッターだとシャッターの影ができるのかいいフラットが取れません(特にSBIG)

投稿: MIK(田舎) | 2006/05/21 10:44

確かEL板の発行ムラは10%程度あると、昔のCANで投稿はありました。
が、実際には、それをピンぼけ状態で使いますし、コンポジットもしますから・・・
実質数%程度以下でなかろうかと思われます。

投稿: uto | 2006/05/25 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/10104738

この記事へのトラックバック一覧です: Flatはどうしようかね:

« M88周辺の銀河群 | トップページ | デススターX名称決定 »