« IC1396 月夜じゃねー | トップページ | 揚陸急襲部隊Canon EF200 f1.8+20Da »

2006/04/18

シュワスマン彗星迎撃準備

Shuwa黄砂黄砂で星も見えない日本で果たして大丈夫なんでしょうかねー。シュワスマン彗星艦隊接近中なんですが敵艦影いまだ確認出来ておりません(大丈夫かいな)。今回のハイライトはやっぱりここでしょうかね。M13とC核の接近が5/1の夜に見られますねー。あいにくあっしはカレンダーどおりの仕事なんで、仕事が終わってからの出撃になります。天頂付近なんで西脇でもエエンデすがね。今回はエエ空を求めて峰山高原に陣取ることにしやした。我が軍の揚陸急襲部隊はやはり、Canon 200 f1.8+20Daでしょう。機動力抜群ですからね。EM10にノッケテ出撃ジャー。自宅撮像では栃木NIKON+IMG6303E/ε180ED+SXV-M25C対空ミサイルで一網打尽にしとめる予定でやんすよ。天気が悪い今の内にせっせと準備セナいけませんぜー。

|

« IC1396 月夜じゃねー | トップページ | 揚陸急襲部隊Canon EF200 f1.8+20Da »

コメント

本日、西脇に近づくほどに黄砂がひどいと感じました。
幼いチャングムが、黄砂のとき収穫した野菜をていねいに洗うシーンがありましたけれど、人体への影響、調査しているんでしょうかね??

峰山高原はジョージ君達の自転車コースだよ。下りはさすがに危険だ!
あのホテル界隈で夜更かしですか?
寒いだろうなぁ~

投稿: たみ | 2006/04/18 23:57

やっぱ南にいくほうが黄砂の影響は逃れるんですかねー。うーん悩むなー。

あの峰山の坂を自転車で上がるんですか?やっぱエルゴメーター180Wでもビクともしない心臓はすげー

投稿: MIK(田舎) | 2006/04/19 00:05

いやー、ハイライトは15日未明のB核と網状星雲ではないでしょうか。
テイルが伸びれば網状にかかります。
満月近くの月がありますが、冷却CCDなら・・!

投稿: uto | 2006/04/19 12:07

星雲とのランデブーで悩むのが背景を流すか固定するか。 固定がベストでしょうね。

投稿: TaNaKa | 2006/04/19 14:34

う、その問題がありましたか。
今回、動きが早いものね。
こういうときは、MIKさんにはSXV-25Mがありますが・・
一発カラーだと多少、星が流れていても自然だもんね。
三色分解だと原色バリバリの星がキツイです。
100mmくらいの望遠レンズで、2分露出程度ならなんとかなるかなあ・?

投稿: uto | 2006/04/19 22:41

SXV-M25C+カメラレンズは後の処理を考えるとdigicII+EOSの方に行っちゃうんですよ。暗い空で彗星核追尾、栃木NIKON+SXVが理想なんですがねー。フットワークで言うとやっぱりEF200+EOSかなー

投稿: MIK(田舎) | 2006/04/20 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュワスマン彗星迎撃準備:

« IC1396 月夜じゃねー | トップページ | 揚陸急襲部隊Canon EF200 f1.8+20Da »