« 今晩は晴れの予想なんですが・・・ | トップページ | シュワスマン彗星迎撃準備 »

2006/04/17

IC1396 月夜じゃねー

Ic13960416昨夜は予想通り夜半過ぎから超快晴。でっかいお月があるんですけどね、夏の散光星雲一番手 IC1396でやんす。今回はCFW-7が栃木ニコン装着のためSHOWAさんに出かけてるんで、フィルターボックス経由でCS4.5nmでいってみました。月夜には6nmより4.5nmのほうがバックの上がりが少ないですね。FSQは実効F値はかなり明るいので、輝度の強いHα領域ならCSのほうがSN比が稼げそうだニャー。デススターXのプライム側はもちろんCS4.5nmで行くんですがね。今晩も晴れてはいるんですがニックキ黄砂君の影響か1等星もろくに見えましぇン。雨が降ったあと12時間くらいしか透明度が持たないってのも情けない話です。冬は雪雲、春は黄砂、夏はもやで、秋は霧。西脇で撮像するのはもうつらいねー。ほんま趣味でストレスためるってのも悲しい話です(トホホー)
TAKAHASHI FSQ106/IMG6303E/CS Hα4.5nm/20minX3/FC60+ST402ME guided

|

« 今晩は晴れの予想なんですが・・・ | トップページ | シュワスマン彗星迎撃準備 »

コメント

4.5nmなのにF5で露出1時間でここまで写りますか。 やっぱ屈折は透過率が高いのと中央遮蔽が無い分かなり有利ですね。 いいなあFSQ。 オーストラリアに常駐したら絶対盗まれそう。

投稿: TaNaKa | 2006/04/18 13:43

>オーストラリアに常駐したら絶対盗まれそう。
絶対そうですね。
ケースを再来年(あるか?製造中止になる前に買わねば?)には用意して肌身離さず持ち運ばねば、、、(笑)

投稿: メーテル | 2006/04/18 14:23

って、コレ、秋の天体じゃん。
mikさん、青田刈りしすぎ(笑)

FSQは良い機材ですよねー。
もう少し安ければなぁ、、

投稿: uto | 2006/04/18 16:48

FSQはf5ですが印象ではさらに明るい感じですね。SDUFIIと遜色ない感じです。単光色では収差はあまり関係ないのでやはり、コーティング性能でしょうかねー。SDP+RC0.77のf4.9ってのもエエンデすが、取り回しはこちらが一枚上。カメラ回転装置の精度は流石タカハシ。まったくフォーカスずれないです。ST10XMEでも余裕。イプシロン180EDの回転装置もこれだったら楽なんですけどね。6303Eつけると何だかたわんでくるような悪寒が・・・

投稿: MIK(田舎) | 2006/04/19 00:13

予感ではなくて悪寒ですか(笑)
FSQの接眼部は確かによさそう。
旧イプシロンと比べてもやっぱりモノがいいんでしょう?

SDUFⅡは色収差があるとのことですが、ということはその分、像がぼやけてしまいますよね。
FSQの方はしっかり合焦する分、画素あたりの輝度が上がって写りが早く感じる・・ってなところじゃないですかね、Tanakaさん?

投稿: uto | 2006/04/19 12:06

FSQは迷光も少ない分コントラストが高くなってS/Nが上がりやすいのかもしれませんね。 迷光って結局背景に乗っかってきて光害みたいな悪さをしますから意外に大切な要素だと思います。 もちろん収差分だけ星のS/Nもあがりやすいと思います。

投稿: TaNaKa | 2006/04/19 16:11

やはり迷光や収差の処理も大きいんでしょうね。明るさの割にはかなりよく写ります この筒。

投稿: MIK(田舎) | 2006/04/20 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IC1396 月夜じゃねー:

« 今晩は晴れの予想なんですが・・・ | トップページ | シュワスマン彗星迎撃準備 »