« 春は銀河銀河銀河ー ナノにねー ストレスたまってきたぜ | トップページ | また観賞用画像に適さないもん作っちゃいました^^; »

2006/02/15

自宅用対銀河砲 VISAC君参上(えらい早い到着だねー)

VISACいやーVISAC転がってないかねーなんていったら 転がってました(うそです)。ネットで見つけたらなんと格安で譲っていただき直送でやんすよ。ほほータカハシの回転装置もはまっちゃってマー AOつけるのにはもってこいでやんすね。最近まったく活躍してなかったAO7もたまにはシゴイタランとなまっちゃいますからねー。バックフォーカス的には大丈夫なんですがねー。DF-2つけるとなんだかたわんじゃいそうなんで、ROBOってしまいましょうかね。ホイホイいくときにはいくもんですな、ななーんと北陸の親分さんからROBOを譲ってもらえるそーな。ありがテー話です。カプラのサイズがタカハシの8mmより若干大きな8.5mmだそうなんで、ROBO親父に直送してもらわにゃーいけませんがね。それまではSTL1001Eで月がある夜は遊んで見ましょう。なんたってコンパクトなのがありがたい。しかも鏡筒バンド径がなんとED180とおんなじ232mm。これまた共用できますぜ。うまくいくときゃーなんでもうまくいくもんですなー。はよ晴れんかねー。ニシシ

|

« 春は銀河銀河銀河ー ナノにねー ストレスたまってきたぜ | トップページ | また観賞用画像に適さないもん作っちゃいました^^; »

コメント

イプシロン180って案外ぶっといんですねー。
VISAC、楽しみですねえ♪

投稿: uto | 2006/02/14 22:38

バイザックは新天体捜索用にいいんじゃないかと目をつけてます。 焦点距離が長くてコマのない光学系ってなかなかないですからね。 しかも安いし。

投稿: TaNaKa | 2006/02/14 23:14

早!
探してるってもう来た。
これでutoさんとお仲間ですね。
AOがそのままでピントが出るんですね。
知った方は確か少し切ったって言ってました。

投稿: メーテル | 2006/02/14 23:21

バックフォーカスのチャートを見るとこれでもfocusくるはずなんですけどねー。無理ならSTL1001E専用になっちゃいますなー。接眼部改造はヨシカワで可能なようですね。そのほうがすっきりするかもですね。

イプシロンと鏡筒径はおんなじでした^^/

先日ステラハンターなんてキワモノニ手を出しちゃったんで、デススター完成後はSTLで小惑星探索でもやります(大嘘です)

投稿: MIK(田舎) | 2006/02/14 23:35

あれま、北陸の親分さんったら早くもROBOをあきらめちゃったのね

投稿: 黒ひげ | 2006/02/15 03:45

utoさんの機材がヨシカワで5mm中へ入れて貰っています(接眼部)。
一度やってくらはい、utoさん。

投稿: メーテル | 2006/02/15 09:32

バイザックとイプシロン筒径同じなんですか?
筒だけ買えばいいのか~イプシロン欲しい。

投稿: 掃天撮影中 | 2006/02/15 09:55

掃天撮影中さんにはイプシロン180EDがわたったら怖いな~。
イプシロン180EDがあれば冷却は要らないかも????
その辺りどうなんですかね、Tanakaさん。
ノイズは短時間露光と明るいF値でカバーっての。

投稿: uto | 2006/02/15 10:10

仮に5℃冷却でノイズが半減すると、1段明るくなるごとに(平均的に)5℃分冷却したと考えて良いと思います。 てことは
F2.0 -10℃
F2.8 -5℃
F4.0 0℃
F5.6 5℃
F8.0 10℃
てな感じになるんでしょうね。 これはDSLRと冷却の対比だけじゃなくて、冷却同士でも同じことが言えますので明るいレンズほど高SNってのは当然だと思います。 言い換えると露出時間が短いほど高SNで、一種の相反則不規といっていいと思います。 とはいっても今度は光害(スカイノイズ)が目立ってきますので必ずしも比例してダークノイズが現象しSNがあがるというわけでもないです。

投稿: TaNaKa | 2006/02/15 11:05

明るいF値で短時間露出超多数枚コンポジット!
やっぱこれですかね~
高感度(明るいF値、高Q.E、高冷却カメラ)+短時間露光+コンポジットが高い成果を挙げるってのは昔の自分の実験結果にも合うんだよね、、
あまりに長い露出はどうも損している部分も多いように思っています。

投稿: uto | 2006/02/15 12:11

TAKAHASHI 180ED+ST10XME+3分露出+10枚コンポジットがエエですね。M42ならHαでも3分で十分ですもんね

投稿: MIK(田舎) | 2006/02/15 13:30

180EDの実効F3.3位なら、SDP+レデューサーF4.9の半分の露光時間で済みますから
コンポジット枚数倍にしてなめらか倍増。
20Da改15分露光以下なら、かなりノイズ少ないので、15分4コマコンポでいけそう。

投稿: 掃天撮影中 | 2006/02/15 14:13

ってーことは、掃天撮影中さんの次の機材は、やっぱ冷やしカメラじゃなくって、イプシロンかな?

投稿: uto | 2006/02/15 16:37

何だか興味深い内容だな~、と言うのは、200万画素以上の冷却CCDは、60万以上ε180EDなら40万以下なんですよね、でも貧乏性で覗けない望遠鏡は買いにくいですよ~
でもTANAKAさんのコメントでは、光害地では、やっぱ冷却CCDなんですよね!
とは、言っても一眼デジタルの数年後の進化も期待しちゃうし、悩みは尽きません。

投稿: sekita | 2006/02/15 22:15

awdadaedaed

投稿: ada | 2007/05/31 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅用対銀河砲 VISAC君参上(えらい早い到着だねー):

« 春は銀河銀河銀河ー ナノにねー ストレスたまってきたぜ | トップページ | また観賞用画像に適さないもん作っちゃいました^^; »