« デススター準備は着々と。 ROAG参上 | トップページ | 全宇宙のSBIGユーザーさん ご安心アレー 今シーズン最高の出来 Central Seagull Nebula »

2006/02/10

SXV-H9ってとってもシャープです 再認識!

SXVhikaku2
ちょっとでーっかい画像なんでご勘弁アレー。先日メーテルサンの掲示板にUtoさんがSONYCHIPのシャープさを書いておられたんで気になって比較してみました。昨年125SDP+ST10XME(320万画素)で撮像したのとFSQ+SXVH9(130万画素)を比較してみました。焦点距離800mmと530mm、125SDPは5月でシーイングが4/5とメモってありますのでかなりいい条件、しかもお月無。FSQは寒波襲来中のシーイング2/5の状態。透明度は冬のほうがやはりいいんですがね。なんだかFSQ+SXVH9のほうがシャープですねー。ダークも引いてないのに・・・。しかも露出も短いんでやんすよ。FSQのほうが明るい光学系ではあるんですがね。ピクセルサイズとf値の関係もあるんで一概には言えないですがね。シャープな光学系と組み合わせるとなかなか侮れない組み合わせのようですねー。プライムフォーカスのモノクロCCDに決定しているんですが、1150mmでも十分系外銀河まで狙えちゃいそうです。でもね35mm版スミまで☆像OKなんてSHOWAさんは自信持ってますからねー。もうちょっとでっかいチップでナイトもうしわけないようですなー。ABGでバックフォーカス短くて、低ノイズのもうちょっとでかいCCD うーんどれもこれも帯に短く襷に長し・・・・。候補はBJ42Lに採用されているKAF4202ABGなんですがねー。STL、IMGじゃバックフォーカスと大きさから厳しそうなんですよ。FLI CMシリーズにKAF4202ぶち込んでくれんかねー。素直にBJ-42L買えって、うーんMaxImDLが対応してくれんとです・・・ ブルーミングの嵐を覚悟してST10で体当たり攻撃しかないですかねー。 
今晩はあまのじゃく西脇も超快晴なんですがね、22時現在で寒いのなんのって氷点下4度でやんすよ。流石のあっしもSRあけてとっとと退散ですよ。お月がでっかいときにカギって超快晴。うーんうまくいかないもんです。

|

« デススター準備は着々と。 ROAG参上 | トップページ | 全宇宙のSBIGユーザーさん ご安心アレー 今シーズン最高の出来 Central Seagull Nebula »

コメント

いやー、ST10XMEもシャープじゃないですかぁ。
でも、SXV-H9の方がさらに一段とシャープですねー・・。
うーん、こりわ望遠鏡の差か(SDPよりもFSQがシャープだと思うしー)、はたまたCCDチップの差か・・
それにしてもエリーさんにはぎゃふんと言わされっぱなしですよー。
あのM81綺麗だなー。
シャープさ何でかなあ、、、。

KAI4020Mはあまりお勧め出来ないかも、、、
やっぱりSONYがいいすよ。Q.Eもノイズ特性も、シャープネスも。
でもSXV-H9 4つ分の大きさ!とかゆーCCD出してくれるとありがたいんですけどねぇ。
今のところそんなええシロモノはSONYセミコンのCCDカタログにも載ってないであります。

投稿: uto | 2006/02/09 23:43

やっぱFSQ>SDPの差って以外に大きいかも・・・。今日も月夜なんですがSeagullをFSQ+ST10XMEで攻めてます^^; これがまためちゃシャープなんです。またアップします。
でもε200はええですね。年代もんとは思えないシャープさですね。F4ってのが案外歩留まりがええかもー ε180のf2.8はカーボンでないとfocusをまめにチェックしなきゃいけないんでちょっとストレスフル。夏ならええんでしょうけどね。
SONYからはもうモノクロCCDはデンダローってstarlightのterryもいっとりました。SXVM25Cの前面にあるカラーフィルターってつぶす覚悟で取り去るってできないでっしゃろか?Utoさん無理ですか?

投稿: MIK(田舎) | 2006/02/09 23:56

カラーフィルター除去はさすがに無理っぽいです~。
でもあのチップのモノクロ版があればいいんですが・・・。
余談ですが、APSサイズの1000万画素モノクロCCDなんてものも(たぶん特注で)作っているのですが、CCDだけで1M¥くらいしてます。

投稿: uto | 2006/02/10 10:09

たぶんProLineならKAI4020の搭載は可能だと思います。 ボディでかいんですけどね。

投稿: TaNaKa | 2006/02/10 10:40

エリーさんの画像もそうなんですが、SONY CCDってとてもローノイズで
バイアスもかなり少なめなんですよね。
だから、レベル調整やトーンカーブをかなりキツめにいじろうが、DDPを掛けようが
背景が荒れず滑らかなんですよ。ローノイズな分、シャープ感を出しやすいのではないかな。

SONYさんには150万画素で構わないから、1inch 白黒ExviewHAD CCDを出して欲しい。
FLIさんにはSONY CCDを載せた小型のCMシリーズな
カメラを出して欲しい。
StarlightXpressが温度調節可能ならそれでOKなんですけどね。

投稿: GPE-R200SS | 2006/02/10 14:58

話は変わりますが、最近たみさんが書いてた乳頭温泉ですが、
雪崩で女湯の十数人が巻き込まれ、数人が行方不明だそうです。

へそ温泉でも行ってみるかな。昨夜は自宅で撮影しました。月夜に限ってイヤミなくらい晴天…。

投稿: GPE-R200SS | 2006/02/10 15:01

そうなんです。私はまだ出発していないので無事なんですよ。雪崩にあった「鶴の湯」に宿泊予定でした。
心配していただき、ありがとうございました。

さきほど旅行社から連絡ありで「旅館変更にて出発いかがでしょうか?」とのこと。友人4人に確認をとって一段落したところです。
横手のかまくら・最上川雪見舟などのツァーなので皆「行くぅ~!」という返事でした。

ハラハラドキドキの旅になりそうですが、おはらいでもしてから14日出発します。
やっぱ、へそ温泉かな!

投稿: たみ | 2006/02/10 17:54

温泉いいな~。
でも温泉でなだれって、凄く悲惨な気が・・
話聞いているだけで寒くなってきた。

投稿: uto | 2006/02/10 19:08

SONYは背面照射型のCMOSセンサなんてもんも実用化したみたいですよ。
日経エレクトロニクスかなんかに書いてありました。
裏面照射のCMOSセンサは理屈だけで考えれば相当感度アップしますから・・。
配線とかの影響がなくなりますからねえ。
開口率アップの恩恵がCCDの比ではないと思われます。
でも、一眼デジには使ってくれないかな?

しかし、CMOSは冷やせないらしいですから・・
やっぱ、1inchのExViewHADが欲しいですねー。
個人的にゃ、BJ-41Lの2/3inchでも十分な気はするんですけどね。ST8Eに比べ高精細なのでその分、焦点落とせますから・・。

投稿: uto | 2006/02/10 19:12

私もSONY CCDで高画素数の冷却CCDが出て欲しいと思っています。
現実的な選択肢としては、温度管理が出来ないのがマイナスポイントですが、ASCOMに対応しているSXV-H9しかないと思っています。
ところで、比較のためにアップされている画像ですが、左右とも同じ画像に見えるのですが・・・?

投稿: 桝井俊彦 | 2006/02/10 23:18

>個人的にゃ、BJ-41Lの2/3inchでも十分な気はするんですけどね。ST8Eに比べ高精細なのでその分、焦点落とせますから・・。

確かにそのとおりですね。9μに比較すると焦点距離の短縮が図られますね。9μだと1500mmはほしいですねー

桝井さんありがとうございます。画像を回転させたり縮小させたりしていてミスったのかもしれません。今回はそのまま縮小回転せずに並べてみました。こっちのほうがさらに差が出たりして・・

投稿: MIK(田舎) | 2006/02/10 23:51

ソニーCCDユーザーとしては、ソニーのCCDは、コダックの
CCDのように過激に冷却するとホットピクセル、クールピクセルが
増えるだけなので必要以上に冷却する必要がないようです。
BJ-31Lを使っていて分かったことは、ソニーのCCDには適度な
冷却温度がありそれ以上に冷却してもあまり意味がないという
ことです。

Starlight Xpressの冷却CCDが温度管理しないのは、外気温を
測定してCCDの温度特性から最適な温度に設定しているようです。

投稿: Orca | 2006/02/11 00:31

>Starlight Xpressの冷却CCDが温度管理しないのは、外気温を
測定してCCDの温度特性から最適な温度に設定しているようです。
やっぱそうですよね。どうも以前の結露の際の製作者のコメント見たらそんなに無理やり冷やしてないみたいですね(納得)。

投稿: MIK(田舎) | 2006/02/12 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SXV-H9ってとってもシャープです 再認識!:

« デススター準備は着々と。 ROAG参上 | トップページ | 全宇宙のSBIGユーザーさん ご安心アレー 今シーズン最高の出来 Central Seagull Nebula »