« 赤いお化け こりゃタマランぜーー | トップページ | しし座トリオカラー版 SXV-H9編 »

2006/02/03

今年のお題 M42 SAO合成。納得!

20060128M42-ED-0-RGB-MIXDDP今年の冬のお題その2 M42SAO合成です。先日しっかり晴れてくれやしたんでねー。ギンギンに露出かけさせていただきました。前回のに比べたら滑らかさが違いますねー。あっしはこの色調が好きですねー。125SDP+IMG6303Eでももう一度さらにギンギンに攻めてみたいんですがねー。晴れてほしいにゃー。
TAKAHASHI ε180ED ST10XME -30D/ASTRODON SII/Hα/OIII/SAO合成(80,60,80)/Hercleus maunt/65p+ST5c guided

|

« 赤いお化け こりゃタマランぜーー | トップページ | しし座トリオカラー版 SXV-H9編 »

コメント

星雲の淡い部分に色が無いってことはLRGB合成を使っていますね?
SXVのノイズも白点ですしね(RGBなら白になるはずがないわけです)。
もっとも、自分もLRGBを使っていたりします。

この画像では、ちとSXVのダークを引かないという面の欠点がでてしまった感じがします。
やっぱりナローではきっちりダークを引かないと苦しいかもしれませんね。

投稿: uto | 2006/02/02 19:05

これはST10XME、SAO合成のみです。今回はAでは派手にブルーミングするので、150秒露出を32枚 S・Oは5分露出を16枚コンポジットしました。AはS・Oより格段にSN比がいいのでこの方が画像が滑らかになるんですよ。

投稿: MIK(田舎) | 2006/02/02 23:43

彩度が落ちてるのはトーンカーブ変換で広いレンジを256階調に落としたせいだと思います。 狭い範囲に押し込むと色の差も狭くなりますので色が薄くなるということです。 アンシャープマスクですかね、星の周りの落ち込みがありますから。 Log変換のほうが落ち込みが無いからいいと思うんですがどうでしょうか? ブルーミングの問題もありますが、SROにしたらすべて同一露光時間の同一処理方法で済みそうです。

投稿: TaNaKa | 2006/02/03 08:47

Log変換のほうがいい結果がでるようですね。Utoさんからも指摘があったので今度やってみます。

投稿: MIK(田舎) | 2006/02/03 21:55

あれ?STだったんですね。
ホットピクセルも取りましょうよぅ。

投稿: uto | 2006/02/03 23:05

加算処理がaverageになっておりました^^;ホットピクセルに気がつかなきゃいけませんね(大失敗)

投稿: MIK(田舎) | 2006/02/05 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年のお題 M42 SAO合成。納得!:

« 赤いお化け こりゃタマランぜーー | トップページ | しし座トリオカラー版 SXV-H9編 »