« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

撮り始めたらまた曇りー やんなちゃうよ

m51-SIGMALOG-MIXDDP-PSまったくもって雲にもて遊ばれとります^^; お天気ねーさんの全国的に晴れの予想でほいほい外に出て撮像はじめたらあららドン曇。あっしはしばらく撮像休もうかねー。いまいち乗り切れない天候と機材でストレスたまりまくりでやんすよ。FSQ+ST10は相変わらず歩留まりがエエンデ、温度順応さえ出来りゃーものの30分で出撃で来ちゃうんですがねー。焦点距離的においしい領域がじぇんじぇんないんでいまいちテンションはあがんないですがね。M51でも撮ってみました。さすがFSQ 星が小さいねー かわいいM51が広い写野の真ん中にこじんまりしてるのもなかなかエーもんじゃないですか。宇宙を感じますなー。露出時間を延ばしてやると周りのオカズ銀河も結構おいしそうですぜ。そうそうVISAC用カプラ注文してんですがね、ROBOおやじは音沙汰無でやんすよ。モーター買わねーと放置されちゃうんですかねー? ASTRODON親父は極東の虫けらユーザーにも愛想振りまいてくれるくらいfriendlyなんですがね。 まったくこまったROBO親父だぜ。
TAKAHASHI FSQ106 ST10XME Lfilter /10minX3/NJP/selfguide

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/27

銀河なんですがねー 消化不良でやんす。

ngc4631-0XXL-MIXDDP-PS-LRGBもっぱら春の銀河狙いなんですが STL1001Eでは小銀河は厳しいですねー どうしても単体ジャー見栄えがしないので複数の銀河を入れようとすると文字通り間抜けな画像になっちゃいます^^;3000mm程度はないと厳しいですねー。focusの問題がクリアできないんでVISAC+ST10+AOは出撃できんしねー。うーん困ったぜよ。あとフィルターのゴミでフラットがうまくいかなくて思い切った処理が出来んですね。明日は晴れそうなんで、ST10+VISAC AOなしで挑戦してみるかねー。シーイング頼みにはなりますがね、セルフガイドでならなんとかいけそうなんで挑戦してみましょう。でも冬なのに梅雨みたいな土砂降りの雨ってどーよって感じ。変な天気ですなー
VIXEN VISAC STL1001E LRGB(40,10,10,10)/ヘラクレス赤道儀/セルフガイド

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/26

マルカリアン銀河鎖 うーんLRGBは難しいぜ

marcarilan-L--MIXDDP-PS-UN-最近もっぱら観測用画像に身をおくあっしとしては観賞用画像を作るのは苦手です(大爆)。うーんエエ天気だったんですがね、どうしても靄っぽい天候なんで市街地の郊外を拾っちゃうんでRGB画像のカブリガ苦しいとこですねー。色鮮やかでない領域なんで何とか見られるんですがね。こりゃーカラーCCDもっていい空の下で撮る方がよっぽど楽チンですなー。撮ってコンポジットして終わりだもんねー。今回はL画像はたーっプリ露出しましたんでエエ出来なんですがねー。とくにG画像が悲惨な状況でして、かぶり補正やflatten back groundsをつかって何とか仕上げちゃいました。ヨーク見てみるとM86あたりには結構おいしそうなおかず銀河が沢山ありますねー。このあたりをSTL-VISAC砲で一発ぶっ放すってのもエエかもしれませんぜこれは。広写野ではやっぱ空が一番大切だなーって実感しました。FSQ+ST10はやっぱ観測用画像専用ですな^^; 1000mm以上ないとやっぱ苦しいぜこれは。
TAKAHASHI FSQ106 ST10XME ASTRODON LRGB(150,15,15,15)/NJP/Self guide/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/25

いやー ようやく晴れました が・・・

M65--02XLMIXDDP-AF
いやはや よーやく晴れてくれました。こりゃーどーなることかと心配してたんですがね。こりゃいっちょVISAC+AO砲炸裂だー なんて意気込んでたんですがね。VISACのR&PでST10のfocusあわすのはこりゃ無理です^^; ジャスピンこねーよー。ROBO親父に催促したんですがね カプラがじぇんじぇん音沙汰無なんで困っちゃいますなー。てなわけで我慢弱いあっしはとっととSTL1001E+VISAC砲で勝負だーってとこです。STLにはちと焦点距離が足りないんですがね。ここはいっちょブッバナしておきました。アー気持ちエーぜよ。銀河はエーねー。ウンウン!。なんてたって5分X6=30分でこの写りですからねー。まだフラット撮像してないんでバックがちょっとムラなのはご勘弁してくださいな。でもエー写りです。SN比のいい画像は処理も楽チン。なんだかRiffle親父のような処理をしちゃってもさまになるってのがちょーありがたいですね。こりゃーデススターXRC焦点2800mmにSTL1001Eって組み合わせはなかなか侮れん組み合わせでっせ。なてたって口径が倍の40cmでしかもF7ですからねー この約半分の時間で同じSN比の画像がとれちゃいますからねー。いやーワクワクして夜も眠れませんねー。やっぱ男は黙って銀河狂拡大だよなー(大馬鹿もん)
VIXEN VISAC+STL1001E -30度/self guide(あーひさしぶり)5minX6/clear filter/ダーク補正のみ/Hercleus maunt

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/24

HADC 出来てきましたぜー うひょー

construction1construction2construction3
今日は午後往診と老人ホームの回診後にHADCの現場に行ってきやした。今回は嫁の提案で、あっしに似合わずログハウス風の外壁にしてみました。この通称「保養所?」は外壁もほぼ完成して、現在急ピッチで内装工事中です。この按配だとあと2週間くらいでほぼ完成でしょうかね。丁度うちの前には不良債権のログハウスが売りに出てるんですけどねー、これがまた結構年期がはいってエエ感じでしょ。芝生も結構養生出来てるみたい。バーベキュウ常設サイトも完成しておりやした。ちょっと遅れましたが3月中旬にはにはニッシンさんのドームがドドーンとやってきて秘密基地らしくなりますなー。現場の監督はうちのデイケア施設を建ててくれた棟梁なんですがね。「先生天文台作るんですカー? 高尚な趣味お持ちですなー 完成したら覗かせてくださいねー」って言われちゃいました。うーん「プライムフォーカスでどデカイ覗けない望遠鏡」なんていったらどーいう反応になるんでしょうかねー
やっぱドームの横は観望用旗艦ムーロン300を置くしかないのかねー。観望用にしちゃーちょっと値がはり過ぎだぜまったく。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/23

やっぱ空は大事だねー 

20051207M31-NEW-RGB-STPSm31kanseiじぇんじぇん晴れる気配もないんでフォーカスが甘くて処理してなかったM31を処理してみました。
こうやって二枚並べてみるとよくわかりますなー。最初のは自宅で撮像したM31(FSQ+IMG6303E) 後のは近くのトノミネ高原てところで撮像した(125SDP+SXVM25C)もんです。FSQのほうが焦点距離短いんで一概には比較できないんですけどね。5等星くらいの十分見える空で撮像するとカラーCCDのハンデがあってもヨー写るもんです。ことカラー画像ってことになると光害の影響ってでかいなーって感じますね。今度の新月あたりは一度FSQもってお出かけしたいんですがね・・・。天気は望み薄。月末なんで結局はまた仕事かねー やれやれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/22

いやみなくらいに晴れませんなー

100xいやはやなんとも。昼過ぎから超快晴で今晩は久しぶりにイッチョやったるデーって気合入ってたんですがね・・・。SRあけて夕飯食って外に出たらあららうす雲君が・・・。見る見る間にドン曇ですぜ。やっぱお天気姉さんの言うことを信じたあっしが馬鹿でした。まあうす雲通してでもテストは出来るダローってんで、VISAC+ST10+AO初出撃です。タカハシの回転装置はあと数ミリってとこでfocusが来ませんでしたからねー ちょっとやわなBORG製に変更してみました。なんとかR&Pを5mm繰り出したところで合焦!AOのテストしようとしたらどんどん曇っちゃって結局ガイド鏡で画角のチェックのみでやんすよ。流石にF9は暗いなー。最近明るい光学系に慣れちゃった身にすれば本と体に悪いっす・・・。とりあえず10分露出を2枚で終了。やっぱ1800mm直焦点をガイド鏡でやるのはST10のピクセルサイズジャー厳しいですなー。ROBOfocusのカプラが未着なので流石にR&Pで合焦させるのは厳しいですな。今週も後はずーっと曇りの予想。こりゃーデススター完成まではおとなしくしろってことですかねー
VIXEN VISAC直焦点 ST10XME 10minX2/ダーク補正のみ/Hercleus FC60+ST5cguided

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/21

全宇宙のSTLユーザーに連絡です。

dewSTLはフィルターフォイールが内蔵されていて、チップウインドウがその中にむき出しになっているんですね。こりゃまずいなーって思ってたら、買った早々チップチャンバーの外に思いっきり結露してくれちゃいますからねー。5月中旬でー15度も冷やせば結露しまくってまともに撮像できません。湿度の低いカリフォルニアなら何にも問題ないんでしょうがねー。ただでさえ冷えないCCDがさらに冷やせなくなっちゃうってのは笑えない事実でしたよ。購入当時から散々SBIG本社に悪態ついて直訴してたんですがね、極東の1虫けらエコノミーユーザーなんかにはファーストクラスメーカーは相手してもらえませんでしたからねー(情けないぜ)。ようやくってかいやいやってか湿気の多い日本や辺境の地域の方へ対応してくれるようです。「ただで直してやるからかかって来い」なんていうむかつくアナウンスですがね。ただーしこのヒーターをつけるとさらに冷えが悪くなるんだとー^^; 困ったもんだぜ。前回のリコール騒ぎも何にも国内代理店(祇園屋)からは音沙汰無し、てことはこんなマイナートラブル(じゃねねんだよなー)は、完全にシカトされちゃいますなー。SBIG本社のホームページ見てないと国内正規代理店で購入してもほったらかされるわけかねー。これじゃ直輸入と変わんないジャン。もっともSBIG本社に送りつけて修理してクレーなんていっても半年は放置されちゃいますからねー。どっちにしてもファーストクラスユーザーでなければ面倒見てもらえんてのは企業としていかがなもんでしょうねー。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/02/20

VISAC君 ☆像はばっちりね

M81-01X-MIXじぇんじぇん晴れんのでストレスフルですなー。VISAC君+STLで銀河狙いで撮り始めたら案の定曇りー。やんなっちゃいますなー。とりあえず薄雲通して5分2枚のみ。今回からL画像はクリアフィルター使っているのでさら光害には強そうですなー。20cmで撮像のみ考えればコストパフォーマンスは高そうですなー。これでF7くらいならねー言うことないんですがね。1インチ角のCCDでも☆像はバッチリデやんすよ。ST10のチップサイズであれば楽楽ですね。鏡筒回転装置なしならAO使えそうな感じなんでデススター完成までは銀河ねらいでいっちょがんばってみるかねー。
VIXEN VISAC STL1001E clear 5minX2 Hercleus /self guide/

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/02/19

オーストラリア行きテーなー

glaxy-aussieメーテルサンのところの掲示板でオーストラリア前線基地計画盛り上がってますねー。ここまできたら何とか実現させたいですねー。リモートでなくてもあの降るような☆星の下でいるだけで幸せだなー。赤道儀とピラー・電源さえ置いておけば鏡筒・CCD・PCは持ち込みは簡単ですからねー。いつまでたってもボーっとした日本の空で地団駄踏んでるより、関西空港からCANTAS777便でブリスベン一直線。夜11時発ですからロスも少ないし3泊4日でもきっとおなかいっぱいになって帰ってくるんでしょうねー。写真は前回のオーストラリア遠征の写真です。デジカメ2分X2枚でこの写りですからねー。たまりませんぜ オーストラリアは・・・
CANON EF17-35 f2.8ZOOM EOS kiss digi(改)/SKYMEMO/2minX2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/18

VISAC+STL1001Eは麻薬の予感 こりゃーええでー

M42-00-MIXDDPいやー晴れてはいるんですがね、雪雲君が頻回に流れてくるトホホーな天気でヤンスよ。お月が出てくるまで仕事してたんでまともに撮像させてもらえません。VISAC+ST10砲はfocusコネーでやんの。うーん泣きたいぜよ。これはこまったちんじゃ。カメラ回転装置を断念したら何とかなるかねー なんて悩んでいる暇はないんで急遽VISAC+STL1001E砲の発進でヤンスよ。これがまたまた結構エエ塩梅なんでヤンスよ。テストはやっぱりM42ですけどね。ノータッチガイドでもいけるじゃないかーってのりなんですが、☆像もチェックしたかったんでまじめにガイドしますた。ダークを以前の使ってるんでカラザノイズはご勘弁を・・・。実際撮った本人もビックラこく画像がモニターの前にドドーンと現れちゃいますからねー。焦点距離がいまいちなんで対銀河砲としては不満なんですが、エエ写りです。解像度も1Mピクセルなんですが、なんてたってHα-でもギンギンに飽和する勢いですからね。勘弁してクレーってのりです。やや大きめの銀河なら、ノータッチ3分露出X20枚コンポジットなんて離れ業でも出来そうな勢いです。VISAC君なかなかシャープでこの実力は結構侮れませんぜ。中古でこりゃーええもんつかませてもらいやしたよ。とりあえず明日はST10でセルフガイドでいってみるかねー。EM200でも余裕で乗りそうな軽さですから超ありがたいですなー
VIXENさん なかなかやるじゃない。デススターのRC焦点はSTL1001E砲も装備しちゃいましょう。旗艦ムーロン300の運命やいかに・・・(座布団にすわっとらんとちょっとは働いてくれよー 頼むぜ)。
VIXEN VISAC直焦点 STL1001E -25度 5minX6 ダーク補正のみ /Hercleus maunt/FC60+ST5C guided

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/17

久しぶりに彗星みたいなー

Lcomp-20040514-21メーテルサンの掲示板でオーストラリア前線基地建設で盛り上がってるので、いろいろ以前の画像を見てたらありました。日本で撮ったもんなんですがね、NEAT彗星なかなかの迫力でしたねー。LINEAは日本では条件悪くて、オーストラリア遠征では、到着前々日までは結構長大な尾が観測されたんですがねー。ついたとたんにビローンでした。そういや最近エエ彗星がありませんなー。昨年のマックフォルツも肝心なところで雪雪君でビローンでしたからねー。ここらで一発かましてほしいにゃー
TAKAHASHIε160 EOSKISSdigital 2minX6 彗星核コンポジット/EM 200

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/16

また観賞用画像に適さないもん作っちゃいました^^;

M42-ED-0XXs2-SS-RGB-MIXDDP-M42-SDP-SAO-MIXDDP-SDPいやはや今日は朝はエー天気でVISAC発進かと喜んでたんですがねー。夕方から土砂降りの雨でやんしたよ(ヤレヤレ)。先日最後にM42ナローバンド合成を撮りためてたのをぜーんぶ合成しちゃいました。Hαは6nmなら180EDで5分でバリバリブルーミングしちゃうんで前回のは150秒露出のみだったんですがね。今回は中央部は飛ばしてもエエと勝手に決め込んで、150秒、300秒露出を加重平均して、M42周囲のムラムラ君まで表現してみました。結果はあっしはとっても気に入ってるんですがね、観賞用画像としては不適なんで、自己満足で額にでも飾って、デススター保養所の壁にでも飾っておこうかしらん。SDPで撮ったナロー三色合成よりやっぱ明るい光学系は強いですね。180ED再出撃だねー
TAKAHASHI ε180ED ST10XME -30D/ASTRODON SII/Hα/OIII/SAO合成(80,60,80)/Hercleus maunt/65p+ST5c guided
ちなみにSDPでの画像はこちらでやんすよ
PENTAX125SDP IMG6303E ASTRODON SAO6nm (120,60,120)/Hercleus maunt/65p+ST5c guided


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/15

自宅用対銀河砲 VISAC君参上(えらい早い到着だねー)

VISACいやーVISAC転がってないかねーなんていったら 転がってました(うそです)。ネットで見つけたらなんと格安で譲っていただき直送でやんすよ。ほほータカハシの回転装置もはまっちゃってマー AOつけるのにはもってこいでやんすね。最近まったく活躍してなかったAO7もたまにはシゴイタランとなまっちゃいますからねー。バックフォーカス的には大丈夫なんですがねー。DF-2つけるとなんだかたわんじゃいそうなんで、ROBOってしまいましょうかね。ホイホイいくときにはいくもんですな、ななーんと北陸の親分さんからROBOを譲ってもらえるそーな。ありがテー話です。カプラのサイズがタカハシの8mmより若干大きな8.5mmだそうなんで、ROBO親父に直送してもらわにゃーいけませんがね。それまではSTL1001Eで月がある夜は遊んで見ましょう。なんたってコンパクトなのがありがたい。しかも鏡筒バンド径がなんとED180とおんなじ232mm。これまた共用できますぜ。うまくいくときゃーなんでもうまくいくもんですなー。はよ晴れんかねー。ニシシ

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/02/14

春は銀河銀河銀河ー ナノにねー ストレスたまってきたぜ

m86sdpsigmaddppsいやー 連休明けであることをすっかり忘れとりヤシタねー。朝から再びインフルエンザ雷撃機の奇襲(もう終息したんじゃねーんかよー)を受けて撃沈寸前でやんすよ。いまいち体調が戻ってないんでこたえますなー。今日からは今シーズン初めてインフルエンザBまで参戦してくれるんでこちとら体が持ちませんぜー。今日の御題は先日月夜に撮像したマルカリアンの銀河鎖(おとめ座の系外星雲群)でやんすよ。IMG6303Eをモッテスリャー、125SDPでも一網打尽ですぜ。なんたって広々ラージフォーマットですからねー。月夜でフラットがなんだかうまくいかないのは困ったもんでやんすよ^^;。しかーし、銀河っていやー狂拡大でしょー。風景画のような銀河鎖よりおいらはやっぱりドドーンとぶっ放したいですなー(病気だよこりゃ)。なんたって現在は旗艦ムーロン300(客間+ドーンと座布団鎮座中 ちょっとは働いてクレヨー)が出陣せんことには、最長で800mmですからねー。うーんきびすいー。ムーロン300じゃレデューサーつけても2800mmあるんでAOつけられないとうちのヘラクレス君ではちと厳しいですなー。しかも丈夫なタカハシ製は重くて載せかえる元気がでましぇん。1500-2000mmくらいで銀河狙いの筒っていえばSCTなんですがねー。C9修理中のため出撃出来ヤセンカラネー 困ったぜまったく。いつ帰ってくるかわからんC9を待ってるより、VISACあたりが転がってないかねー なんてオークションを物色しとりやした。VMCはあるけどVCはねーなーやっぱし。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/02/13

明るい対象はやっぱカラーCCDだにゃー AOB vs カラーCCD

M42-SDP-RGB-MIXDDP-PS2最近は満月期近くしか晴れてくれないんで、カラーCCDの出番がないんですけどねー。今回はでっかい月夜に125SDP+IMGでM42をAOB合成してみました。お月はあるんですが結構時間かけて撮像したんですがねー、カラーCCDの出来には遠く及びませんねー。どーしてもナチュラルな発色にならないんですな^^;特に見慣れた天体では余計にあらが見えちゃいますねー。ちなみに以前の125SDP+SXVM25Cの作例を出しときます。M422hikakuこれがone-shotで撮れるんですから、明るい天体はカラーCCDに限るにゃー。デジカメにも余裕で負けそうでやんす^^; まあもっともある程度の空は必要なんで、カラーCCD+遠征で撮る対象と、ナローバンド合成+自宅撮影ってのをわけて考えなきゃーいけませんなー。今日は神戸の自宅に帰ってたんですがね、腹痛と原因不明の発熱でバタンキューです。シーズンの終わりには必ず患者さんから一発もらっちゃいますなー。満月コウコウのときに限って超快晴。流石のあっしも今日はおとなしくベット上安静でやんすよ。トホホー
AOB合成:PENTAX125SDP IMG6303E AOB(30,40,10)/Hercleus FC60-ST5c guided
一発カラー:PENTAX125SDP SXV-M25C 総露出時間115分/NJP+FC60-ST5c guided

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/12

HADC 着々と建造中 芝生でごろ寝したいぜ

dome2dome1今日は久しぶりにお休みなんで、ドーム建造中東条にいってまいりやした。敷地のフェンスも、階段の手すりも出来とりました。宿泊所もすでに外壁を張るのを待つばかり。ドーム台座も完成して主砲をおまちしておりますデー。概観は全面に芝生がすでにはりめぐらされていい雰囲気になってきました。天気がエエ昼にはこの芝生で昼寝すもよし、ゴルフのアプローチ練習するもよし。日ごろのストレスを発散するには丁度ええとこですなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/11

全宇宙のSBIGユーザーさん ご安心アレー 今シーズン最高の出来 Central Seagull Nebula

wasi-fsq-0XX-MIXDDP-PS2
あっしも含めて全宇宙のSBIGユーザーさん 昨日は散々ファーストクラスCCDをこき下ろしちゃいましたがねー。こりゃーSDPが悪いってことにしちゃいましょう(PENTAXユーザーさんごめんなさいね)。えー写りです。昨夜はでーっかいお月があったんですけどねー FSQ+ST10XME ゴールデン砲はSeagull一直線でやんすよ。今シーズンなんとしてもこの構図で一発かましとかなー悔しくて寝られませんからねー(大げさだよ)。あっしが今シーズン何度も挑戦しては、天候でボツ、focusでボツを繰り返してた領域なんですがね、ようやくしとめることができやしたぜ。モノクロだってあっしは納得なのよー。南中前からとり始めて2時間40分。お月もそのもなんのそのー モノクロ一直線でHαCS4.5nmでギンギンに迫っちゃいましたぜ。ED180では十分な露出がかけられなかったのと構図ミスでなんとも悔しい思いをしてたんですがね・・・。ST10XMEも-35度までギンギンに冷やして、20分露出X8。高度が低いんでこの辺が限界です。ε200にも劣らないビシットした☆像で大満足です。Seagullの頭から翼の超おいしい領域まで思い通りの構図で決まりました。
お月がなければもっとギンギンにいけたかもしれないですがね。今シーズンのSeagullもこれで撮り収めになりました。来年は翼のムラムラ領域を、デススターXで観測用ナローバンド3色合成でギンギンギンに迫っちゃいたいぜー。こりゃーFLI CM10MEでプライムナローバンド砲は決まりだねー。ええ?お題と違うじゃないかって!? だってダークノイズがこの1/4と聞きゃー心もぐらぐら揺らぐってもんです(大馬鹿だねー)。
TAKAHASHI FSQ106 ST10XME/CS Hα3.5nm/20minX8/NJP+FC60+ST5C guided

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/10

SXV-H9ってとってもシャープです 再認識!

SXVhikaku2
ちょっとでーっかい画像なんでご勘弁アレー。先日メーテルサンの掲示板にUtoさんがSONYCHIPのシャープさを書いておられたんで気になって比較してみました。昨年125SDP+ST10XME(320万画素)で撮像したのとFSQ+SXVH9(130万画素)を比較してみました。焦点距離800mmと530mm、125SDPは5月でシーイングが4/5とメモってありますのでかなりいい条件、しかもお月無。FSQは寒波襲来中のシーイング2/5の状態。透明度は冬のほうがやはりいいんですがね。なんだかFSQ+SXVH9のほうがシャープですねー。ダークも引いてないのに・・・。しかも露出も短いんでやんすよ。FSQのほうが明るい光学系ではあるんですがね。ピクセルサイズとf値の関係もあるんで一概には言えないですがね。シャープな光学系と組み合わせるとなかなか侮れない組み合わせのようですねー。プライムフォーカスのモノクロCCDに決定しているんですが、1150mmでも十分系外銀河まで狙えちゃいそうです。でもね35mm版スミまで☆像OKなんてSHOWAさんは自信持ってますからねー。もうちょっとでっかいチップでナイトもうしわけないようですなー。ABGでバックフォーカス短くて、低ノイズのもうちょっとでかいCCD うーんどれもこれも帯に短く襷に長し・・・・。候補はBJ42Lに採用されているKAF4202ABGなんですがねー。STL、IMGじゃバックフォーカスと大きさから厳しそうなんですよ。FLI CMシリーズにKAF4202ぶち込んでくれんかねー。素直にBJ-42L買えって、うーんMaxImDLが対応してくれんとです・・・ ブルーミングの嵐を覚悟してST10で体当たり攻撃しかないですかねー。 
今晩はあまのじゃく西脇も超快晴なんですがね、22時現在で寒いのなんのって氷点下4度でやんすよ。流石のあっしもSRあけてとっとと退散ですよ。お月がでっかいときにカギって超快晴。うーんうまくいかないもんです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006/02/09

デススター準備は着々と。 ROAG参上

ROGUE相変わらずのインフルエンザ猛爆撃であっしはヘロヘロです。今週は金曜日までで終わりでやんすからね後2日がんばりましょう。天気も相変わらず悪くて、小雪がまってます。でっかいお月があるんでどーしようもないんですが・・・。デススター用機材のテストの予定がねー。ASTRODON親父謹製ROAG(Rotating Off-Axis Guider)でやんすよ。APの延長筒にBORGヘリコイドをぶち込んだいかにもUSAって感じの一品ですなー。前後がAP仕様なんで日本ではアダプターリングが手に入らないんで困っちゃいますなー。ATWBじゃAP製品は日本の代理店(M45電子)で買えっていってくれちゃうんで・・・、AVAのJohn親父に泣きついたら即OK! NYから直送でやんすよ。これでガイドCCDもグルグル回っちゃいますからねー^^。ありがたやありがたや。デススターのRC焦点2800mmにはFLIのPDF focucerをおごってますから、ここにがっちり装着可能です。バックフォーカス200mmってんですからこの巨大なROAGもすっぽり収まっちゃいます^^/。ガイドの問題もクリアすれば、IMG6303Eもこれで全宇宙推薦のSTLと肩を並べるところか、その上いっちゃいそうですねー。もっともSHOWAさんのフォーク赤道儀の精度は+/-1.5''なんて書いてありますからねー、プライムならノータッチ可能でしょう。SBIGさんのBigAOも待てど暮らせど出てくる気配なし。しばらくはこれで長焦点広写野は安泰ですなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/08

Sh261 太鼓もちバージョン なかなかええじゃん

sh261-AOO-ST-LOG-PLUS-DDPえーTGさんに散々悪態ついたわりにゃー とっとと迎合しちゃう 太鼓もち野郎です。USA親父に散々グチたれたら、「BOYは若いねー ナローバンド三色合成が世の中で認知されるにゃー 2年はかかるなー。USAでもよほどのカルトなやつじゃないとこんなことはやらねえゼ」だってよー!? そうだったのかー^^; ってわけで早速AOO合成に趣旨変更でヤンスよ(かるいねー) 雲雲君が来る前にSh261をFSQ+ST10XMEのゴールデンコンビで激写でヤンスよ。隣にでーっかい月があるんでAOBはあきらめたんですがね、何とかAOOならいけました。薄い雲が途中からかかったんでOIIIのSN比がチト上がってないんですが、ちゃんと赤くなったでしょ。「やっぱ赤い星雲は赤くなくっちゃーいけません!(おいおい)」 こっちにしてみりゃーSII撮らなくてええんで楽なんですがね。OIIIのSN比を上げるためにA:O=1:1.5位で露出をかけた方があとの処理が楽そうですなー。それとももうちょっと広めのOIIIフィルターを使っちゃうってのもありかもですな。ASTRONOMIKの12nm SAOセットは暗めの光学系では結構ええんじゃないの。どっちにしろパラフォーカルでないんだから、Hα-10nm/OIII 12nm位でAOOすりゃーこりゃ撮像効率も上がりそうですなー。SIIのかわりにレッドコンティニュアム入れるとすっきりおさまりやす。めでたしめでたし。
TAKAHASHI FSQ106 ST10XME-30D ASTRODON Hα,OIII(6nm)(40,30,30)/NJP/FC60+ST5C guided

| | コメント (6) | トラックバック (0)

太鼓もちは変わり身が命です^^; AOBバージョン

sh261aoblrgbstpulsmxやっぱ星の色がNGでしたねー AOO。ほんじゃもってんでわけでAOBでやんす。デーかいお月があったんでとってないつもりだったんですがね、MaxImDL君は律儀な奴です。撮像wizardで設定していたようでB画像が150秒露出2枚だけありやした。これをBに使えばエエわけね。ですがー!RGBフィルターの重なりを考えてみるとBにもOIIIが若干入ってるわけで、OIIIをいろんな割合でBにブレンドしてみました。すると結構エエ感じになる割合(企業秘密=15%から30%なんです)があるんですなー。これでAOB合成してみると、黄色いお☆がちゃーんとエエ色になりましたねー。Hα領域とOIII領域の微妙な兼ね合いにもあんまり影響しとりません。AOOのほうが星雲自体はエエンデすが、観賞用!!という観点からすると星の色も大切だねーってことがよーくわかります。AOは月夜で問題ありませんしね、Bフィルターでも青い領域が混在していない場合には短時間露光ですんじゃうんで枚数増やしてSN比上げとキャー何とかいけそうですぜ。カギはGを担当するOIIIのSN比をいかにあげるかですなー(単純に労働時間の問題ですけどね)。これで光害地でも、月夜でも、Hα掛け軸に走らずにカラー作品ができちゃうっていう超ありがたいシステムになればいいのにねー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/07

鑑賞用画像にしてみやした。やっぱこの方がエエのかねー TGさん!?

MONKEY-HIKAKUいやー「3月号毎度おおきにー」は次回に譲るとして、TGさんようやくってか、渋々ってか、嫌々ナローバンド三色合成をノッケテいただきやした。ただーし「次回から観測用!?画像にホリコマレル」っていうなんとも情けねーコメントつきでやんすよ^^;(トホホー)。結構今回のは自信作だったんですがね なんか押し売りみたいで悪かったですねー。TGじゃそーいう評価なのね。いやはやまいったぜ。あっしは十分観賞用天体写真として応募してんですがねー(いやみです)。以前はナローバンド合成や科学的写真も評価されてたようなんですがねー。最近はもっぱらあっしが愛読してる「ルボラン」っていう自動車雑誌並みの広告雑誌になっちゃいましたかねー(でもね、こっちの写真はみんなプロのカメラマンですからなめちゃーいけません 金のかかり方が違います)。てナわけで「長いものにはぐるぐる巻きに」になってしまうなさけないあっしは、早速AOO合成にしちゃいました^^/。いやー普通ですねー。全宇宙の天体写真愛好家にも一安心の色合いですねー。でもねこれじゃーASTORODON親父から大枚ハタイテかった「泣かせるナローバンドフィルター」の意味ねージャン。SXV-M25C一発撮りで十分だぜ。とはいえ入選賞金は診療所スタッフの「午後のおやつ資金」としてとーっても大切ですからねー。ホイホイ迎合しちゃうあっしです。今までの作品もぜーんぶAOOにして出しなおしちゃおうかしらん(大爆) 駄目かねー。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/02/06

毎度おおきにー 2月号編 

200602rakuseu-TG-HOSINAVIそろそろ今月のフォトコン関連雑誌の発表ですからね。先月の毎度おおきにー編をやってませんでしたからねー。2雑誌まとめて発表でやんすよ。結果からするとうーんこれは作戦ミスですなー。ちょっと意地になって主力艦隊を1月号で叩き落されたTGに向けすぎましたなー(なぜかTGに向けちゃうのよ、☆ナビさんなめてるわけではないんで勘弁してね)。年間グランドスラムを狙っていた☆ナビ君およよ撃沈でやんすよ。IC443は結構エエ感じだったんですがねー(ゴーストつきはまずかった)、カリフォルニアモザイクはやっぱ構図がバツだったかね^^;。バラ星雲ナロー合成はUSA親父も絶賛だったんですがねー。これを☆ナビに向かわせるべきですた^^;。なんとかピラニア君Angelfish Nebula(Hαモザイク)でTGさんに拾ってもらったんですがねー。ナローバンド三色合成ってのはコンサバTGでは即落選ののりですなー。あっしはバラ星雲か網状星雲をノッケテモライタカッタンデスガネ。もう二度と出してやんないぜo(`ω´*)o。AGFAをはじめフィルム会社が次々と倒産していく中で、いつまでもフィルム時代の画像をリファレンスにされてもねーって感じです。FUJIも泣く泣く医療用でフィルムの生産が必要なんで続けていくようなんですがね、うちのFCR(デジタルレントゲン)担当者も「カラーなんて早く辞めたーい」なんていっとりやしたぜ。環境にもやさしいデジタルプリンターで十分だもんね。まあXEROXグループのお荷物事業で早晩消えてなくなるんでしょうけどね。てナわけで今月はどうなりますことやら・・・。でも見慣れたカラー画像で勝負しろって言われたら、全宇宙の在宅放置プレー天体写真おやじは廃業ですなー。あっしは勢いでステラハンター買っちまいましたぜ(大無駄使い)。小惑星・新星探しにでも名乗りを上げるかねー(大嘘です)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/05

125SDP+IMG6303E テスト

M42-SDP--MIXDDP今日も朝からインフルエンザ猛爆撃+往診+研究会であっしは爆死してたんですけどね。晩飯食いに出かけようとしたら・・・あれますげー快晴ジャン!昨日セットした125SDP+IMG6303Eのテストを兼ねてイッチョ出撃ーなんてもくろんだら猛吹雪になりやした(あれまー)。結局はガイド鏡のバランスあわせと、focusだし、5分露出2枚で退散です(やれやれ)。今日は画角とスケアリングテストの予定だったんでまあエエンデすがね。F6.4でナローバンドっても結構よろしいですぜ。ST10よりピクセルサイズが若干大きいんで写りはまあまあ。温度順応さえすれば、やっぱPENTAXも星が小さいねー。FSQの530mmから800mmに焦点距離が伸びてもこの画角ですからねー。ナローよし、春の銀河群団をモザイクで一網打尽なんてのはいかがでしょう。125SDPはデススターのサブスコープにするニャー勿体ねーなー。いっちょCCDつけてデススターX+125SDP同時撮像なんてのもエエかもしれません。今回はガイド鏡なんですけどね、バックフォーカスに余裕があるんでASTROドングルグルoff axisも余裕でつけられそうですぜ。でもやっぱ新月期はまともに撮像させてもらえませんでした。なんとかしてくれよー
PENTAX125SDP 直焦点 IMG6303E /-35D/ASTRODON Hα6nm/5minX2/ダーク補正のみ フラット補正無/100SDUF+1.5Xbalow/ST-5C guided

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/04

しし座トリオカラー版 SXV-H9編

tyiuo-COMP-MIXDDP2-KANSEIDA前回アップしたモノクロ画像を追加して、カラー撮像、フラット取り直しでカラーにしてみました。やっぱRGBで光害カブリンが出ちゃうんですよねー。 うーんってとこです。画像自体はとっても低ノイズなんでいいですけどねー。L画像の撮像時にはLPS-P2いらんのですが、 RGBのときだけ入れたいねー。SXV-H9ならバックフォーカスが短いんでFSQでも途中にフィルターボックス入れることも可能かもしれませんねー。光害地でブロードバンドカラーやローってのが大体無茶なんですねー。当西脇では遊歩道の水銀灯が消えたら深夜には4-5等星は硬いんですがね。その時間には霧霧君が出現するんでうかうかしてられません。これがあるんでなかなかナローバンドから足が洗えないんですな。
デススタードームのあたりは南東は神戸の光害で絶望的ですけどね、北東から南西は結構暗そうでっせ。まわりは全部不良債権見本市のゴルフ場銀座ですからね^^。オーストラリアで撮像したEOS改造のバックグラウンド見たらそりゃーすごいです。これならナンボでも写るわ!って感じです。
TAKAHSHIFSQ106 SXV-H9 LRGB(120,20,20,20)/NJP+FC60+ST5cguided

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/02/03

今年のお題 M42 SAO合成。納得!

20060128M42-ED-0-RGB-MIXDDP今年の冬のお題その2 M42SAO合成です。先日しっかり晴れてくれやしたんでねー。ギンギンに露出かけさせていただきました。前回のに比べたら滑らかさが違いますねー。あっしはこの色調が好きですねー。125SDP+IMG6303Eでももう一度さらにギンギンに攻めてみたいんですがねー。晴れてほしいにゃー。
TAKAHASHI ε180ED ST10XME -30D/ASTRODON SII/Hα/OIII/SAO合成(80,60,80)/Hercleus maunt/65p+ST5c guided

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/02

赤いお化け こりゃタマランぜーー

OBAKE-COMP-MIXDDP2-LRGB-kan
前回のお化け星雲モノクロ版からカラー化してみました。今回はHα+R/Hα+R,G,B合成なんで色目もピンクにならなくて済みました^^。赤がメインの領域はこれが一番SN比が上がりソーダにゃー。ε180EDなんですがね、いまいちピンが追い込めてないのと、シーイングの影響なのか☆像が肥大化しちゃうんですな。明るすぎるってのもたいへんだにゃー。やっぱ125SDP/FSQの方が撮像の歩留まりが格段にエエようですぜこりゃ。いよいよε180EDは一旦ドック入りで、125SDP+IMG6303Eの超ゴールデンコンビの登場でヤンスよ(パチパチー)。いっちょガツンといったるデー
TAKAHASHI ε180ED ST10XME -20D/Hα+R, Hα+R,G,B合成/ASTRODON Hα6nm 20minX8 RGB(20,20,20)/Hercleus maunt/65p+ST5c guided


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/01

掛け軸も一夜でできる時代なら いと恋しさや aussieの空(お粗末)

BARAMOZAIC-PSいやはや、こんな便利な時代になったんですねー。NIKON 180ED+IMGの究極ナローバンドモザイク仕様はたまりましぇんなー。このモザイクを一晩で撮りきっちゃうんですからねー。解像度はFSQやSDUFには一歩譲りますがね、十分でしょ。こりゃーガム星雲あたりをオーストラリアで激写したいぜー。なんてたって4時間でこれですからねー。FSQだとえっちらほっちら1週間はかかりますぜ^^;。機動力と撮像の歩留まりを考えると遠征ではこの辺がよろしいようですなー。EM10+PC IMG+NIKONレンズで10Kgちょいですからねー。ガイド犬だとSTVガイダーも要りませんから、メタル三脚(7Kg)掘り込んでも手荷物25Kgに余裕で入る大きさです。その気になればSDUFIIやFSQを機内に持ち込んじゃえますからねー。遠征にはこれか一番だねー。最近は新月期には雨ってのが定番になってきておりやす。うーん日本じゃストレスたまるばっかりですなー。
NIKON180ED IMG6303E -35D ASTRODON Hα6nm/10minX6X4/EM10+STV+e-finder guided

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »