« 極彩色のバラ星雲 part2 これでリベンジじゃ- | トップページ | 馬頭星雲 Hα+カラーCCD合成編 »

2006/01/12

さすがに満月近くはねー チト辛いIC443&ε180EDレポ

IC443-HA-ST-MIXDDP-SS-PS今年の冬の締めくくり(早いぜ)はここと決めてるんですがね。くらげ君をSAOでゲットしたいんで構図チェックで撮像しました。気温が急激に夜半から下がってきてたようで、focusが甘くなっちゃったのに気づきませんでした^^;さすがに横にでっかいお月さんがありますからねー。さすがのナローバンドでもSNがあがりません。輝☆のブルーミングを避けるとこういう構図になるってわけですが、くらげ君の頭から湯気が噴出したようなあたりをギンギンに迫っちゃいたいんですがねー。お月が小さくなるまでは我慢ですなー。ここまでED180の仕様感などをちと上げてみますと、気になるのが温度によるフォーカスのずれですな。あと屈折になれた身にすりゃ、ちと温度順応に時間がかかるってとこです。まあ昼間は除湿暖房の聞いたSRの中でぬくぬくとしておりますからねー。撮像開始前1時間くらいは、寒空でビシビシしごいたランということを聞きません。SRあけて30分くらいはfocus合わせようにも、星が金平糖のようになっちゃってとほほです。補正レンズがED化されているのも影響してるんでしょうかねー。対するFSQ106はSRあけて20-30分すればほぼ安定してますからね。あとやっぱ専用のフードを作ってくれませんかねーTAKAHASHIさん。カメラの位置とfocusでflatが結構大きく変化するんで、毎日flat撮らなきゃいけないのは放置プレー派にとっては辛いんですよ。巻きつけフードじゃ、ELフラット版をおいて撮るのに結構おそるおそるやらんといけねーってのは精神衛生上よくないです。FSQなんてカメラの位置を変えなきゃ(ほとんどかえてません^^;)1ヶ月でも2ヶ月でもflatは使いまわしヤンスよ。まあ露出がFSQの半分までとはいわんけれど、2/3ですんじゃうのはありがたいですがね。使い勝手はやっぱFSQじゃねー。
TAKAHASHI ED180 ST10XME -25D 10minX4 /ASTRODON 6nmHα/Hercleus mount /65TAp+ST5C guided


|

« 極彩色のバラ星雲 part2 これでリベンジじゃ- | トップページ | 馬頭星雲 Hα+カラーCCD合成編 »

コメント

十字回折像を見る限りピントは出ていると思います。 今ひとつシャープに感じないというのはシーイングが悪いからかもしれませんね。 ベーカーシュミットの400mmでもシーイングの影響は十分感じ取れますからたぶん同じじゃないかと。 ニュートン形式は筒先から接眼部へ入る迷光が大きいので対策は必要だと思います。 特に月夜の空の明かりときなんかまいっちゃいますよね。

投稿: TaNaKa | 2006/01/11 23:50

モクモク感がいいねー。
細切れ回折像もなんか笑えますが、点画あたりに出すとこれもマイナスポイントなんでしょうか。不自然とか言わそうじゃない。

投稿: uto | 2006/01/12 01:01

確かにシーイングは悪いですねー。土星もじぇんじぇんみえません。屈折と違い反射の場合は月夜では直接の迷光の関係も大きいようですね。

回折像の途切れ途切れは何でなんでしょうかねー?

投稿: MIK(田舎) | 2006/01/12 11:33

>回折像の途切れ途切れは何でなんでしょうかねー?

あ、それは半地幅の狭いフィルター使ってるからしゃーないッスよ。
ノーフィルターだと細切れにならないでしょ?
RGBフィルターだとくびれができますよね。
さらに狭いナローなんで、細切れになっちゃう。でもわかっていても違和感があるので、不自然と思ってしまいます。
本当はそれが自然(の原理)なのだが・・。

投稿: uto | 2006/01/12 12:07

恒星像の分解能(大きさ)は口径で決まるのはよくご存知の通りですが、正確には口径と波長で決まり同じ口径でも波長が短いほど分解能が高くなります。 たとえば口径20cmの400nmと口径40cmの800nmはまったく同じ分解能です。

これと同様回折パターンも波長に応じて大きさが変化し、短波長ではスパイダーの太さに応じた回折パターンが出てきます。 波長500nmにおいて口径10cmで約1秒角の分解能ですから、スパイダーの太さが1mmだったら縞の間隔は100秒角=約2分角。 これは単色での話で、400-700nmまでの白色にするとそれぞれの間隔の違う縞模様が重なって結局線として見えます。 

明るい星の周りに出る十字回折像で虹色になるのは色ごとに(波長ごとに)パターンの大きさが違うためです。 
このPCから自分のHPに画像をアップロードできないのでメーテルさんのところへ載せておきます。

投稿: TaNaKa | 2006/01/12 14:06

スパイダーの光条もこうやって解説されると、ずぶの素人のあっしにもよくわかりますねー。ありがとうございます。

投稿: MIK(田舎) | 2006/01/12 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすがに満月近くはねー チト辛いIC443&ε180EDレポ:

« 極彩色のバラ星雲 part2 これでリベンジじゃ- | トップページ | 馬頭星雲 Hα+カラーCCD合成編 »