« IC410 オタマジャクシのいる星雲 | トップページ | 寒さなんかニャー負けないぜ バラ星雲HST風 »

2005/12/08

まもなくふたご座流星群

CCDvideoさすがにこう天気が悪くちゃー画像の更新もままなりません。一日1枚1年360枚を目標にしてるんですがねー(大馬鹿)。今日は何とか晴れてくれてるんで秋の落としマエM31とM33を激写中でヤンスよ(おそいって)。来週はふたご座流星群なんですがねでっかいお月がありそうなんで期待薄かねー。また寒波もやってきそうだし。せっかくスカイメモ君を取り出してアーんまり活躍してないTGVで先日のオーストラリア級の火球でも狙ってやろーかしらんなんて考えてたんですがねー ちょっと甘かったかねー。今日テストしてみると結構8秒の蓄光でも写るんですよそれが。DVに録画しときゃーいけるってのもありがてー話です。しし座大流星雨のときにあればさぞかしすばらしいビデオが取れたでしょうなー。

|

« IC410 オタマジャクシのいる星雲 | トップページ | 寒さなんかニャー負けないぜ バラ星雲HST風 »

コメント

赤道儀はシンプルですけど、ケーブルは凄い複雑そう・・。
TGV-Mねー。
そーいやー、自分の高感度ビデオシステムは知人に貸したまんまです。
が、知人トコでも放置状態だろうなぁ・・。

投稿: uto | 2005/12/07 23:32

そういえば・・・
メーテルさんのトコのコメントを深読みすると冷やしフルサイズ買うの~?って気もしますが・・・
どうなんですか~ (^^)

投稿: uto | 2005/12/08 10:02

そうなんですよね、一応驚くってぇことは知っていると言うことで調べて待っているとか。

投稿: メーテル | 2005/12/08 10:08

わたしも12-1月の流星群を狙ってみたいなって思ってるところです。 夜露が付かないようにカメラに送風機つけないといけないですよね。 それかレンズを暖めるか。 わたしも火球を撮影したいです。

投稿: TaNaKa | 2005/12/08 11:53

しぶんぎ群は好条件ですよね。
Tanakaさんはまた日川でしょうか?
家でごろごろしてるのも勿体ないので、都合がつけばご一緒したい気がします。

投稿: uto | 2005/12/08 12:10

日川ダムは冬季道路閉鎖で入れないんで、 たぶん家の屋上でデジカメ撮影してると思います。 年末までには望遠鏡もガイド撮影できるように着々と調整中です。

投稿: TaNaKa | 2005/12/08 14:05

ふたご群、去年は条件が良かったので放置プレーで一応撮影しましたが、今年は月があるからパス。しぶんぎは・・・放置プレーさえする気が起きないくらい疲れているでしょうからこれもパス。

投稿: シナモン | 2005/12/08 14:51

KODAKのKAI CHIPって結構低ノイズなんでしょうね。ST2000やSTL11000の画像をみててそう思いますね。NABGばかりじゃ結構厳しいところありますからねー でもSTL11000Mは買ってませんのでご安心を^^;

しぶんぎ座が条件いいですね。ひょっとすると当たるかもしれないけど、外れたら寒さの折おち込みが激しいんで放置プレーですね。レンズヒーターつけても3.8mmの広角だと球面のレンズに結露するんですよねー 三脚の下に布団乾燥器の噴出し口つける予定です。結構これが効くんですよ。SRでも。

投稿: MIK(田舎) | 2005/12/08 15:46

>STL11000Mは買ってませんのでご安心を^^;

ということは、BN-51ですか~って違う?(^^;)

投稿: uto | 2005/12/08 16:34

KAFよりはノイズは少ないでしょうが、その分感度も低いって感じです。
SONY製のように圧倒的に少ないわけではなく、暗電流ノイズは目立ちますのでダーク減算なしというわけにはいかないです。
あとは・・・ノーコメントってことで。
夏からずっと泣かされてます(;_;)
ま、ε200の代金分くらいの残業代は貰ったのでヨシとしよう・・うん。

投稿: uto | 2005/12/08 17:35

えー、フルサイズに手を出したんですか。 お仲間ってところですかね。 わたしはしばらく6303E子を愛人にいたします。

投稿: TaNaKa | 2005/12/08 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65041/7514589

この記事へのトラックバック一覧です: まもなくふたご座流星群:

« IC410 オタマジャクシのいる星雲 | トップページ | 寒さなんかニャー負けないぜ バラ星雲HST風 »