« エー色が出せるようになりました 馬頭星雲R+ABG合成 | トップページ | まもなくふたご座流星群 »

2005/12/07

IC410 オタマジャクシのいる星雲

ic410rgbstmixddppsIC410-SIGMA-ST-SI4DDP_filte星雲の中にオタマジャクシのいる星雲IC410です。ナローバンドで見ると結構明瞭にその構造が分かりますね。Hα-は本体から大きく腕を伸ばした格好で長時間露出すればかなり明瞭に描出できそうです。STL1001E+125SDPで撮像すれば短時間でも描出できるんですがね、結構淡くて長時間露出でST10でもトライしてみたいですなー。ABG合成も考えたんですが、東の空は水銀灯の光でGBがかぶっちゃってバックムラムラニなるんでどーしてもナローバンドに走っちゃいますね。もっともSII,OIIIともに結構淡くて、透明度のいい日にさらに長時間露出をかけてやらないとどーもしっくりきません。早く寒波が抜けてクリアな星空を期待してまっせ。
タカハシε200 ST10XME/ASTRO丼SII,Hα,OIII(40,40,40) /-25度//Hercleus mount/SDUF+1.5Xバロー(笠井)/ST-5Cguided 
PENTAX125SDP STL1001E Custom ScientificHα4.5nm 10minX4
Takahashi NJP SBIG external CCD guiding /Takahasi FC60

|

« エー色が出せるようになりました 馬頭星雲R+ABG合成 | トップページ | まもなくふたご座流星群 »

コメント

オタマジャクシ、いいよね~。
ナローバンドで面白そうなの、大犬座のヘルメットだっけ?NGC2359狙ってみてはどうでしょうか。
はは、自分で撮れ~言われそう(^^;

投稿: uto | 2005/12/06 22:02

あれ、思ったよりモノトーンですね。 確かバラ星雲みたいに中心はOIIIがひかってて、HaとSIIが全域に光ってるような色合いになったと思います。 Haが強く写り過ぎるので合成するときの係数をもっと下げて3色の色が出るようにするとまた違った色合いになると思います。 当然そうすると恒星のカラーバランスが崩れますのでこの場合もRが役立ってくれると思われます。

投稿: TaNaKa | 2005/12/06 22:40

なかなかナローのカラーバランスは難しいですね。
Tanakaさんの場合はどうやって合わせますか?

投稿: uto | 2005/12/06 23:33

そうなんですよね。今回みたいに透明度が悪いと特にOIIIがSN比があがんないんですよ。OIIIを強くするとバックムラムラになって絵になりません。きっちり撮るともっと色鮮やかなんでしょうね。

ナローのカラーバランスですがあっしは以前は一番カラフルになるようにあわせてました。最近はできるだけ恒星がバランス崩れないようにあわせます。ただそうするとatractiveにならないのが悩みなんですがね。ただ同じSN比に取れるならSII,OIIIは同じでもいいと思います。HAは輝度を落とさないと緑一色になっちゃいますけどね。先日のM42は1;0.3:1であわせてます。

投稿: MIK(田舎) | 2005/12/07 00:18

ナローはもっとも色が豊富になるような組み合わせでやってます。 いうなればMaxColorとでも、なんかのフィルムの名前みたいだなあ。 3波長で撮影して3つの物質の映像が得られてこれらがまったく別々に発光をしてますから、絶対値で表現するよりは相対的な違いがわかるように合成してます。 合成の目安としては星雲のどこか1箇所でもホワイトになる部分があればベストですし、それが見つからなくても偏りのない多種の色が出てくれれば見る側としてもインパクトがあります。 白黒は強度情報だけですが、カラーは強度に加えバランス情報もありますからこれを活かさない手はないかと。 恒星の色を考えると散光星雲にはSHOよりSRO、超新星残骸にはSHOのままでよろしいのではないでしょうか。 さらにうるさいこといえば、散光星雲ではSII(6nm)R(100nm)OIII(15nm)がたぶんベストです。 というのはSIIも2本で光ってますから両方受光したいし、強度比を考えるとOIIIはSIIよりもやや強く光ってますから、この組み合わせなら星の色もホワイト系になるかなと。 SIIとOIIIのバンド幅を同じにした場合のSROだと星の色がやや黄色みがかったのでそうおもいました。

投稿: TaNaKa | 2005/12/07 07:42

Tanakaさん、ありがとうございます。
ボクも一番カラフルになるように調整します。

そうですね、星もバランス取りたいですよね。
Tanakaさんの組み合わせ、SROはやってみたいなあ。


投稿: uto | 2005/12/07 12:20

投稿: TaNaKa | 2005/12/07 13:16

TANAKAの作品はAOBとは思えないくらいナチュラルですね-。やっぱAOのSN比をもっと上げないといけないんだろなー

投稿: MIK(田舎) | 2005/12/07 22:02

やっぱり、ちゃんと黄色い星、青い星が描写されているのがTanakaさんの作品の魅力ですね。

投稿: uto | 2005/12/07 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IC410 オタマジャクシのいる星雲:

« エー色が出せるようになりました 馬頭星雲R+ABG合成 | トップページ | まもなくふたご座流星群 »